一生かけても使い切れないお金を手に入れたら何に使うのかを100人に聞きました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本マネー

もしも一生かかってもとても使い切れないお金をアナタが手に入れたとしたらどうなるのか考えたことありますか?

ハリウッド映画の俳優たちのような大御殿に住むことも出来るし、フェラーリやカウンタックといった高級スポーツカーなど、なんでも好きなモノを財布の中身を気にせずに買うことが出来る状態。

まさに夢のような暮らしを送ることが出来るわけですが、今回はこのように「一生使い切れないほどのお金を手に入れたら何に使うのか?」を合計100名の方に本音でお答え頂きました。

100人のお金に対する欲望の本音を垣間見たい方は続きをどうぞ(笑)

100名の人が大金を手に入れたらこうなる!(ノ゚ο゚)ノ

優雅な一人暮らし
島を買って、優雅に一人暮らしをしたいです。それが一生かけても使いきれないお金を持っていたら、とても簡単にできるはずなのです。だから私はどこかの島を買って、そこで一人暮らしをしようと思います。きっと優雅にできるはずです。
子供の時の夢を叶える
一生かけても使いきれないほどのお金をもし持つことができたら、子供の頃からにみた夢を叶えます。
それは、フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、スカイラインGTR等といったスポーツカーを複数台乗り回せるように。
さらに、大型のガレージに入れてショーウインドウのように。
ミニカーを飾る感覚で、飾っておきたいです。
まずは借金の返済からかな
もしも一生で使い切れないお金を手にする事が出来たなら、私だったら迷わず借金返済に充てるでしょう。
そして一旦綺麗になって、あとは決して贅沢せずに、いくらお金があっても安い服を着て小さな家に住んで、
軽自動車を運転して、休みにはUSJなんてもってのほか。市内の遊園地で遊んでお弁当を食べるでしょう。
そして贅沢しない分、おそらく今まで迷惑かけてきた親に渡すと思います。
旅行に行きたいです
交通費や宿代を工夫しても旅をする以上お金は必要になるのでなかなか決意できませんが、使い切れない大金があるなら今すぐ旅行に行きたいです。
特に国内旅行をしたいです。日本にいるのに日本の殆どを訪れたことが無いため、日本を知りたいんです。
早期リタイヤがしたい
私の場合は仕事を辞めて完全に引きこもり生活になります。最初に防音設備がしっかりしたマンションを購入し、あとは生活に必用なモノや欲しいものはネットで購入して家に届けてもらいます。そして極力家から出ないで生活がしたいと切実に思います。残りは貯金で一部投資をしてみる。
生活基盤を築いて健康を意識した生活をする
使いきれないお金があった場合、生活基盤を安定させる為に、土地を購入して、家を建てると思います。また家族の健康を考えて、無農薬野菜や、体に良い食材を購入したり、健康に力を入れるのではないでしょうか。健康はお金で買えませんので、普段の食事で、健康になりたいです。
旅行三昧
使い切れない程のお金を手に入れたら旅行資金にしたいです。理想としては、1年の半分くらいは仕事を休み、国内・海外問わず旅行に行きたいです。そして、その地方や国でしか食べられない美味しいものをたくさん食べたいと思います。
旅三昧
もしも遣いきれないくらいのお金があったなら、私は旅行し続けます。今も旅行は趣味なのですが、どうしてもお金の制限があります。とはいっても、外国ではなく日本国内でです。数か月ごとに一流ホテルを変えて、全国を縦断して観光しまくります。
金は天下の回り物
そのお金を使って幅広い人脈を獲得するため、
色んなところに顔をだしたり、交流したりしていきたいです。
最終的には、世の中をよくするアイディアや技術力はあるが、実現させるための費用がないという方に投資をしていきたいです。

こんなこと、よほど金銭的に余裕がないと出来ませんし、
せっかくそれだけのお金を得たので、世に還元していきたいです。

仕事はしない
今住んでいる家を残したまま、世界一周を行います。
ホテルを転々とし、気に入った町や、気に入ったホテルがあればそこに長期滞在したりし、自由に過ごして美味しい物を食べてゆっくり過ごしたいです。
時には友達や家族を気に入った国に招待して一緒に過ごしたりし、住んでいる家には気が向いたら帰るっていう風にしたいです。
誰も知らない所で気ままに過ごしたいですね。
家や車や別荘を買ってお金を使いたいです。
もしも使えきれないお金を手にしたら、最低限は高級な家と高級な車を買ってお金を使いたいです。欲を言えば別荘も買いたいです。それだけ買えれば十分に幸せですし、後は子供たちが豊かに暮らせるようにと思い貯金をしたいなと思っています。
旅行に行きたいです
一生かけても使い切れないほどのお金を手に入れたとしたら、とりあえず今まで頑張った分のお疲れ様という意味で家族でハワイに行きます。何年も旅行に行っていないので、ケチらずにのんびりとした旅行を企画したいと思います。
図書館を建てる
自分の生活が保障されてるのなら、余剰分で博物館や美術館、図書館などを建てて運営出来れば楽しいと思います。
博物館や美術館は、展示品の収集も大変でしょうから、一番現実的なのは小さな図書館でしょうか。

しっかりした司書さんに複数人来てもらって、ミュージアムショップのようなお店も併設出来たら楽しいと思います。

好きな自動車を乗り回したい
私が、一生かけても使い切れないほどのお金を手に入れたら、当然今働いている会社をやめて、好きなことだけをする生活に入ります。
私は自動車が好きなので、ベントレーやアストンマーチンなどの高級自動車を何台も購入して、気分によってその自動車を自分で運転してその乗り心地を存分に楽しみたいです。
とにかく、好きな自動車を乗り回したいです。
京都か奈良あたりにマンションを購入して終の棲家とします
とりあえず会社は辞めます。そして京都か奈良あたりにマンションを購入して、終の棲家としますね。そして毎日神社仏閣めぐり。そして博物館、美術館にいって毎日を楽しく過ごします。それでもまだお金が余っていたら、気に入った日本画を購入して自宅に飾ります。
家と車
もし、一生かけても使い切れないほどのお金を手にしたら、まずは主人の実家のローン返済します。
そして、自分の実家のリフォーム…いや、建て替えをします。
車を入れ替えます。二台とも。
あとは、好きなだけ洋服を買って、食べたいものは食べたいだけ買います。
子供の教育の為、子供のおもちゃなど、子供のものは好きなだけ買ったりしません。
プチ贅沢が幸せ
一生かけて使い切れないほどお金があったとしても、高級車や優雅な生活などはしないと思います。ただ、普段の生活の中で、少しいいお肉を買ったり、少し高い服を買うといった質のいい物を購入するといった、プチ贅沢はするようになると思います。
情けは人のためならず
自分や家族のためにお金を使ってもまだ余るようなら、恵まれない人たちの為に寄付したいと思います。外国にはお水が満足に飲めない人や学校に通えない人たちがたくさんいるので、その人たちのためにお金を使いたいです。
世界一周!
もし一生かけても使い切れないお金が入ったら世界一周旅行をします。
豪華客船も良いし、当てもなく行き当たりばったりで旅をするのも良いです。

そこでいろんな人や景色や食べ物や文化に触れてみたいです。

それでも余るだろうから海外に別荘を建てたり、美味しいものを食べたりとひとしきり贅沢したいです。

気が済んだらとにかく寄付です。
日本自体もお金が足りないし、海外の福祉団体にも寄付したいです。

使いきれないだけ持っててもしょうがないのでどこかに寄付する
一生使いきれないだけのお金を自分で持っていても財産を残しておく人もいないので、
使いきれそうな分とあと何かあったときのために少し余分に残しておいて、
残りは自分が何かの役に立ててほしいと思ったところに寄付します。
犬猫の殺処分ゼロのために尽力している保護団体へ寄付
まずは、豪華ではない普通の生活ができる程度のお金を確保したら、犬猫の殺処分ゼロのために尽力している保護団体に、ほぼ寄付をします。
どうしても引き取りてのすぐに見つからない犬猫の保護シェルターとして、
ドイツのような、動物へのストレスが極力少ない施設建設も行いたいです。
費やしたいものは山ほどある!
まずどの程度使いきれるか、もしくは使いきれないか未知数ですが、費やしたいものは山ほどあります。
まず、家。
家を建てる。新築一戸建。もちろん自分の要望は可能な限り叶えてもらえるように設計士と相談する。土地の広さも吟味する。高くてもそこが立地的に便利ならそこを即買い。
そして、離れて暮らす両親、義父母にも家を建ててあげる、もしくはリフォームしてあげる。
そして、動物を飼う。もちろん一緒に暮らすわけだからそのペットにも快適な家づくりを目指す。広々とした庭を作ってあげたり、猫なら家の中でも十分走り回れる環境にしてあげたり。
次に車。
お気に入りの新車を買う。
最後に今までお世話になった人たちに心ばかりのお礼の品を買ってお返しする。
交際費はできれば一時的なことではなく、使い切れないほどお金があるなら継続して
使っていきたい。

あと付け足すなら旅行。
日本一周グルメ巡り&温泉巡りがしたい。

そんなことに使いたいです。

別荘を買って、4億円を貯金、あとは寄付します
私は夫婦2人家族、子供はありません。ですから、死んだ後にお金を残そうという気はまったくありません。
一生かけても使い切れないレベルのお金があったら、まず、八ヶ岳か軽井沢に別荘を購入。あと、夫婦で持っていたい、死ぬまでの生活費を貯金。年間、1人当たり500万もあればじゅんぶんですから、たとえば、残り40年として、2人で4億。これでOKです。あとは、慈善団体かどこかに寄付します。お金がありすぎても、貧乏暮らしに慣れた私たちは幸せになれそうもありませんから。
大金持ちになったなら
一生かけても使い切れないお金が手に入ったら、私なら、家族にまずお金を配ります。

家族に分けてもまだある場合は、海外に行って、静かなところで何も考えずぼーっとしながら、暮らすのかもしれません。

全てが手に入ると、逆に働きたくなる可能性もあります。

まずは贅沢を
一生かけても使い切れないお金が手に入ったら、まずは壮大な夢を実行します。
それは、京都に広大な敷地を買い、そこに大きな公家風の屋敷を建て、池泉回遊式庭園を造ります。
そして、友達4人とそこで一生楽しく遊んで暮らします。
それでも余ったお金は、福祉に役立ててもらいたいと思います。
特に、今制度の狭間で困っている発達障害児者のための施設を作ったり、制度を改善したりするために使いたいと思います。
子どもへの投資
有り余るほどのお金があるならば、子どもへ使うお金を、全く気にしないで使いたいです。本当は、すごく着せたい服でも安くなければ買わない、欲しいというものも普段はかってあげない、やりたいと言うこともお金がかかるとなると、やらせない、という現実。この逆にして、お金があればできることなら、思いっきり甘やかしてあげたいです。有料の遊び場なども、なかなか入れなかったところに思いっきり遊ばせてやりたいです。
自分のためだけじゃなく家族のために使いたい
もし一生かけても使い切れないほどのお金を手に入れたら、自分のためだけじゃなく家族のために使いたいです。
あまり贅沢をする家族ではないので、ちょっとした旅行に行ったり、美味しい食事をしたり。
残った分は子どもや孫の世代に残したいと思います(笑)
半分は恵まれない子供達の施設に寄付
一生かけても使い切れないほどの大金を手に入れたら、迷わず半分は恵まれない子供達の施設に寄付をすると思います。他にも人を助ける,役に立つ事にお金を使いたいです。その上で余ったお金で自分自身の生活を,特に贅沢をする事無く質素に暮らして行きたいです。
一生かけても使いきれないほどのお金
私は、まず土地、家を手に入れます。それは生活の基盤になるものです。写真を生業にしたい私は、二階に事務所を作れるような、倉庫を探します。一階を写真のDPEと写真の展示場にしたい。月替りで、お客さんの写真を入れ替え展示する。例会では優秀な写真を選ぶコンテストをやる。2回は事務所とイベント計画室にする。撮影依頼を受けたり、展示作品を検討したりする。あとは運転資金に使うかな。だってお客さんは中々付かないものだからね。あっそれと移動用の車がいる。普通車のバンでいい。車種で言ったらアウトバックがいい。
少しだけ贅沢しながら寄付もする
一生かけても使い切れないお金が手に入ったら、家族に分けたうえで今より少しだけ贅沢な暮らしを生涯続けます。
あまり暮らしぶりを変えると自分自身の性格まで変わってしまいそうなので、「今より少しだけ」というのがポイント。
仕事もマイペースに続け、海外へ旅行したり美味しいものを食べたりします。
そして年間でいくらかは寄付しようと思います。
土地、別荘を買ってほしいものを買いまくる!働きません
まずは自分の家を買いたいです笑
マンションも一戸建てて家賃収入も貰いたい。
あとはハワイや海が好きなので別荘をかって
寒い冬はハワイにずっといて、日本があたたくなったら
日本に少しくる生活をしたい。
実家のローンもすべて返済してリフォームしたいです。
すべて実用的な感じに使いたいですね笑
これすべてしてもあまる位のお金が本当にあったらいいのになと
思います。
まずはローンの返済と車、新しい家を購入します
一生かけても使いきれないほどの資金を手に入れたら、まずはローンを全額返済したうえで売りにだし、より良い立地、建物の家を購入、建築します。その上で車を買い替え、後はリスクのない投資、貯蓄に回して生活費にします。それでも残る分は相続税覚悟で子供に残します。
使いきれないほどのお金をてにいれたら
とりあえず欲しいものを手にいれます。
また家族やお世話になった方たちにも何かプレゼントしたいです。
あとは死ぬまでで使いきれそうなくらい手元に置いていろいろなところに分けたいです。
お金で困ることがなくなればいいですね。
一生かけても使い切れないお金を手に入れたら。
一生かけても使い切れないお金を手に入れたら、私ならビルを建てます。
私は自営業で商売をやっていますので自社ビルを建てて、1階で自分のお店をやって2階より上は貸出して、最上階を自分の住まいにします。
今は車を持っていませんが、いい車を買ったり腕時計を買ったりと、物にお金を使うと思います。
自由な生活
もしも突然大金が手に入ったとしても、私は結局いつもと変わらない生活をするんだろうなと思います。
最初に好きな場所に家を建ててしまった後は、何かしらの仕事をして最低限以上にはお金を使わないように考えます。
お金の余裕があると心の余裕も出てきますので、自由に生活をしていきたいです。
ストレスフリーな生活!
今の仕事を辞めて旅に出ます!気に入った場所で暫く暮らしてぶらぶらライフを満喫してから、一番好きな土地に家を買ってそこを拠点に時々気まぐれにアルバイトとかしながら犬猫とのんびり暮らしたいです。使い切らなかったお金は全額寄付して後々誰も争わなくていいようにします!
大金を手にしたら私は…
もしも、一生をかけても使い切れないほどのお金を手に入れたら…
と、考えたときに

まず、思いついたのが「貯金」ですが、一生をかけても使い切れないなら
貯金する必要はないですよね。

きっと私は、やりたいことや、やりたかったことを1つずつやっていくと思います。
まずは留学です。これは必ずしたいです。
語学留学をしたいのですが、やっぱり安いものではないので
ぜひしたいです。

そして、私が持っている
とんでもない大きな野望を叶えたいです。
世界には必要なことやモノだったり、大切なことやモノなのに
足りない場所があるので
そのような場所に住み1つずつ直したり、作ったりしたいです。

旅行が好きなので国内外を旅行したいです
まずは両親に少しお金を分けて、新築の家もプレゼントします。
そして私は北海道からゆっくり沖縄まで旅行をしようと思います。
泊まるホテルはいつもよりちょっとリッチな所で、ご当地の名産品を堪能しつつその土地事の景色を写真に撮っていきたいです。
沖縄に到着したら次は世界一周旅行をして、それが終れば今度は海の近くの街に一軒家を買ってゆったりと暮らします。
身の回りから充実
まずは自分が毎日使う物、触れる物をより良い物に変えると思います。住宅に始まり、車や衣類、寝具、家電製品、食材などです。それによって生活が豊かなものになり気持ちにも余裕が持てるようになれば、趣味や体験などに費やしたいです。
使い切れないお金の使い道
国内旅行が好きなので、日本のいたる所に行く為の資金にしたいです。
また長期滞在をして、行く先でのおいしい料理を食べ尽くしたり、温泉旅館でひたすら読書と温泉の繰り返しをして、とにかくのんびりとしたいです。
あまり高価な物を買う欲求は無く、精神的な欲求を満たす為に使用したいですね。
一生旅行生活
もの凄い大金が手に入ったら、まず仕事を辞め、家を親戚か誰かに任せて、家族と共に贅沢な旅行生活をします。手ぶらで世界のあちこちを周り、美味しい物を食べ、欲しい物を買いまくり、遊びまくりながら毎日を過ごします。自由きままでストレスのない生活、まさに夢です。
働かないで暮らしたい
今、かなり困窮しているので、何に使うというより、お金の心配をしないで働かないで自由に遊んで暮らせたらそれで自分は満足です。使い切れない分は、怪しくない団体に寄付します。特に、動物の保護団体やボランティアに、思う存分寄付したいです。
回りまわって結局は…
最初はきっと洋服とか食事とか旅行とか自分が楽しいと思えることに使うと思います。
だけど、それをし尽くしたらきっと、今までお世話になった方にプレゼントをしたり、食事に誘ったり
寄付したり誰かのために使うと思います。
結局は人生で一番大切にしたいこと(人とのつながりや思いやり)のために、使うんだと思います。
家族でド派手旅行
大金が手に入ったら私達家族だけではなく、大好きな母も連れてファーストクラスを使って世界一周旅行をします。
そして、各国では超高級ホテルに泊まって、各食事も超高級料理ばかりを堪能し、全てに専属観光ガイドをつけます。
命だけはかえない
自分の美容費として惜しみなく使います。
シミを消したり、歯並びをなおしたり、他にもやりたいことは
山ほどあります。いくらあっても困りません。
旦那さんにも好きな車を買ってあげますし、お金があって困ることは
セキュリティーの問題くらいです。命を狙われないように気をつけるだけ。
教育や貧困対策のために寄付をします
貧困などで恵まれない人に寄付をして、生活を助けるためにお金を使う事です。近年は教育格差が顕著になっていて、多くの子供たちに平等に教育を受けさせるために余っているお金の全部を国に寄付する事を考えています。
私のお金で子供たちがきちんと教育を受けられて、社会人として巣立って1人前の大人として生活をしてもらいたいからです。
お金がたくさんあったら
使え切れないくらいのお金が手に入ったらまずローンをすべて返すと思います。
そして少し贅沢して、でも日々の暮らしはあまり変えないと思います。
貯金や投資も上手くやってお金が無くならないようにしたいです。
お金があるからといって贅沢しすぎると駄目な人間になってしまいそうなので少しずつ贅沢する感じがいいなと思います。
THE小市民
基本的にライフラインを整える事に費やすと思います。
要するに衣食住を充実させる事に使います。
自分の理想とする土地で、自分の理想とする家を建てる事から始まって、後は生活に必要なモノのちょっと高級品を買う…って感じですかね(例えば高級車等)
後は、昨今、自然災害が著しいので、被害にあった所に出来るだけ援助する事、つまり寄付するのに使うと思います。
正直、小市民の私からしてみたら、それくらいしか思いつきません(笑)
夢や野心のある方なら、その豊富な資金源で起業して一大財閥を築かれたりなさるのでしょうが、正直、私は興味がありません。
こうやって考えみると、私の人生の願いとは『愛する人達と何不自由なく、楽しい毎日を過ごす』って事ですね。
改めて気付かされました(笑)
困っている人を助けたい。
私が超大金持ちになったら、もちろんかっこいい車を買ったり、豪邸を買うと思います。そしてもう一つやりたいことがあり、それは困っている人を助けたいことです。例えば、自然災害や貧困などで困っている人に対して、援助をしたいと思います。その理由は、私自身も昔いろいろと困ることがあり、貧しい時代があったからです。つまり、弱い立場の人たちの気持ちはよくわかるので、力になりたいと思うことがあります。
半分は貯金、半分は使う
一生かけても使い切れないほどのお金を手に入れたとしても、世の中何があるのかわからないので、半分は貯金します。そして、残りの半分で今までよりも贅沢な暮らしをします。世界一周旅行にも行きます。今の仕事が楽しいので、仕事は続けますが、休みを増やすと思います。
世界中を旅して回る
全ての人に平等に与えられている時間。お金があるならその時間を有効に使うため、世界中を旅して色々な体験をしたい。世界遺産やおいしい食べ物など、今の生活からは逸脱して、様々な国を回って多くの人と出会うことで刺激を受けたい。
子供や孫に適切な遺産を残し後は寄付します
一生涯掛かっても使い切れない無尽蔵に近いお金があれば、子供や孫に彼らの人生を狂わせないほどの遺産を残す事と、自分が考えられる贅沢な生活費で生涯必要な額を考え、それだけ残して後は全て寄付します。
しかし、寄付と言っても色々な慈善団体があり、どこに寄付して、何に活用してもらうべきか、こちらの方も考える必要があります。そんな状況に現実はないため、こちらの方が結構難しいかも知れません。
穏やかに暮らす
お金がないと心も殺伐としてくるし、人にやさしくできないことも身を持って経験しているので、ただただ穏やかに暮らしたいです。お金はあってもそんなに贅沢しない気がします。食べたいもの食べてほしいものは我慢せずに買います。でも、ブランド品には興味がないので、買うとしても必要なものを必要なだけ。
有り余るお金があったら、、。
そりゃヤッパリ私塾を開きたいです。
存分に支払い可能なわけだから、自分の好きな学者達に集まって貰い、子供達に教育をして欲しいです。
世界各国の子を受け入れるとか、世界各地に塾を立てたいです。
バランス感覚もすぐれた教育をして欲しいです。

今の教育は、スポーツだけとか、音楽だけとか、少し英才教育が偏っているからです。

家族との思い出作りにお金を使いたい
ものすごい大金を手に入れたら、まずはプールつきの豪邸を購入して、その後は家族との思い出作りにお金を使いまくると思います。例えば旅行に行ったりそれまでに体験したことのなかったスポーツや芸術などにお金を使ったりして、とにかく楽しい思い出をたくさん作ります。
使い切れない程のお金があったらやりたい事
使い切れない程のお金があったらやりたい事は、ヨーロッパ旅行です。優雅にのんびりと古城巡りをして美味しい物を食べたいです。
残ったお金で、飼い主のいない犬と猫の保護施設を作って、日本を殺処分ゼロの国にして、不幸な犬猫が居ない事が夢です。
結局は庶民
まず今の自分が住んでみたい理想の家を建てます。夫がずっと欲しがっていた車も買ってあげるし、海外旅行にも行ってみたいです。でもそれ以上のことは思いつきませんね…。大金を持て余して結局はスーパーで買い物をするいつもの毎日を送りそうです。人に寄付とかいう発想が出ないあたりに自分の人間性が見えてしまいます。
使い切れる分を別枠にして、残りは援助などに使います。
もし、一生かけても使い切れないほどのお金を手に入れたら、一生かけて使い切れるだけのお金を生活費として別枠にし、残りは基金でも作って運用しながら困っている人への援助をする為に使います。特に国の将来を担う子供達への援助として、教育かんれんで、行政がとりこぼしている分野を見つけて、ソコに集中的に援助したいと思います。
とにかくマイホーム
自分の好きな場所に土地を買って、自由設計でマイホームを建てる。ジャグジー風呂と岩盤浴やミニシアターが楽しめる部屋を作りたい。沖縄の離島に別荘を買う。目の前にはプライベートビーチがあるような場所が良い。残りのお金は全て生活費にあてて、仕事は辞めて趣味を楽しむ生活を始める。毎週のようにあちこちに旅行へ行きたい。
家や別荘を建てたい
もし大金を手に入れたら、真っ先に家を購入します。それも都会と田舎に二軒購入し、その時々で二つの家を使い分けたいです。
また海外に別荘を建てるのも良さそうです。ハワイに別荘を建て、冬はそちらで過ごすなんてことができたら最高だろうなと思います。
今食べる物のワンランク上の食事をしたいです。
消費税が上がったり、パスタなどの食料品も値上がりしたので、自炊したり昼は弁当を作って食費を削ってます。
使い切れないお金が手に入ったら自炊は止めて外食中心の生活にしますね。自分で作るのは面倒なので寝起きが悪かったりした時は大変な思いをしてますから。
今は全然行ってないパスタが1000円くらいするイタリアンレストランで値段を気にせず、注文して満腹と心の満足を得られるようになりたいです。
大金を使って贅沢な暮らしをしてみたい
今現在ひもじい生活をしているから、最大限豪華な暮らしをしたいです。
豪邸、高級車を買い、家政婦を雇い、自分は仕事もせずに好きなことだけをし、気にいった友人には食事をおごります。
とにかく自分自身が満足できれば、使う金額は関係ありません。
でもせっかく大金があるのだから、興味を持ったことに関してお金をつぎ込みたいです。
使いきれないほどのお金があったら
主人の実家で敷地内同居をしている専業主婦です。
義両親に干渉されながら子育てをしています。
ハッキリ言ってストレスはたまる一方で自分の時間がありません。
使い切れないほどのお金を手にしたら駅近の高層マンションを購入して子どもはベビーシッターか託児所にお任せ、私はキレイなファッションに身を包みエステにネイル、美容院通いをして自分磨きをしたいです。
使いきれないので寄付します
私は特に欲しい物はありませんが、母が家を強く欲しがっていますので、母に家を買ってあげたいです。
そして残りの人生を生きられる程度のお金を置いて、残りは全て寄付をしたいと思います。
これで最早私は十分幸せなので、困っている人に少しでも幸せになってもらう為に、寄付をするのが一番妥当かと思います。
普段通りに過ごすと思います
もしとんでもない大金が手に入っても、普段通りに仕事をし、今まで住んでいた家で普段通りの食事をしているのではないかと思います。
見たことのない桁になっている通帳の残高を見るだけで十分に満足していそうです。
最後に余らせてしまいそう
生涯かけても使いきれないおよその金額として、totoや宝くじなどで得られる可能性がある6億を基準に考えます。
ローンや現状の生活を改善するのに1000万もあればおつりがきます。家を3000万円、先々のランニングコストを考慮しても相当余ってしまい、その時になって困りそうです。
夫と別れ、のんびり暮らします
特に高価なものは欲しいとは思いません。夫と別れて、自分の好きなように時間やお金を使いたいと思います。好きなものを食べ、好きな時に友達と会い、好きなところに旅行に行きたいです。とにかく、のんびりと誰にも遠慮せずに暮らしてみたいです。
エステ代に使います
食事制限や運動など、つらいダイエットはなかなか続きません。
でもお金がたくさんあったら、毎日エステにいって脂肪をつぶしてもらえるわけです。
楽して体を綺麗に保てるのは、とても憧れます。
なので、エステ代に使いたいです。
基金として母校に寄付
もし使い切れない程のお金が手に入ったら、生きているうちは自分で使うとして、残った分は自分の母校に寄付をして教育活動基金として利用してもらうようにします。自分の後輩達が勉強や部活動をする上で役立つし、有意義な支出だと思うからです。
球団オーナーになってみたい
一生かかっても使いきれないほどのお金をもったらやってみたいこと。それは「球団オーナーになること」です。自分が応援している球団をいっそ買ってしまいたい。新しいスタジアムを建設したり、フロントとなって球団経営をしてみたりしたいです。
バイクで旅行
使いきれないほどのお金を手に入れると、
次は時間がほしくなりそうなので、
とりあえず一切働かず趣味のツーリングに時間を費やしたいです。
毎日、旅行した場所のおいしいものを食べて、
いいホテルに泊まってお金を使いたいと思います。
世界一周旅行を繰り返す
一生かけても使い切れないお金が手に入ったなら、世界一周旅行をします。まずは、優雅な船旅で1年ほどかけて世界一週をし、次に、各地の鉄道を乗り継いで地球上のすべての大陸を陸路、時間をかけて巡り、世界中の美味しいものを満喫したいです。
抱き枕の工場を作りたいです
すごく気に入っている動物型の抱き枕があるんですがそれはもう製造されてません。多くの人にそういう癒される抱き枕を使ってもらいたいので、手作り抱き枕の小さな工場を作りたいです。仕事がなくて困っている人を積極的に雇用することで社会にも貢献したいです。
使い道について
長期間、世界各地を彷徨う事にお金を使いたいです。
一カ国に留まるならともかく、
色々な国を何年にも亘って巡る事は現実的に難しいからです。
大金があれば働く必要もないので、気兼ねなく世界中の名所を楽しむ事が出来ます。
それだけではなく、何気ない異国の風情を楽しみたいのです。
ひとり暮らしの高齢者が暮らしやすい住居を作ります
近年、ひとり暮らしの高齢者が増えています。ひとり暮らしで、しかも話し相手がいなくて
寂しい思いをしながら生活をしている人が多いので、もし、一生かけても使いきれないお金を
手に入れたら、ひとりで暮している人ばかりがコミュニケーションをとって
楽しく生活できる住まいを作ります。
平常心を大切に
もし一生をかけても使いきれないほどのお金が手に入ったとしたら、多少の贅沢はするかもしれませんが今の生活レベルを極力変えたくはないです。
しかし、やはり年の旅行の回数を増やしたり、少し高級な料理を食べたり、多少の贅沢はしたいです。
とにかくダメ人間にならないように気をつけると思います。
地方都市に移住して趣味に没頭する
まずは都会の喧騒から離れるために、大都市から距離を置き、お店や病院や交通などに困らない程度の地方の小さな街に移住したいです。音楽関係の趣味が多いので、騒音が出ないように防音室やスタジオを作りたいですし、家族の趣味のカラオケルームも作りたいです。
広い土地が欲しい
一生かけても使い切れないようなお金が手に入ったら、まずは1000坪くらいの広い土地が欲しいです。
そしてそこに、自分好みの大きな家を建てて敷地の中には大きな木を植えた庭を作り、母屋とは別に離れの来客用の家も作り離れて暮らしている兄弟親戚などが何日でも泊りに来れるようにしたいです。
感謝を表明します
自分にはお世話になった人がたくさんいます。そのような人に感謝の気持ちを表明するためにお金を使いたいです。もしそれでもお金が有り余るようでしたら家族、そして仲の良い友人に分け、残ったお金は寄付すると思います。
理想の家とリゾートマンションなど住居にふんだんに使う
理想の家を建ててみたいですね。ロケーションの良い場所に、こだわりの内装のインテリアをふんだんに取り入れた一軒家が欲しいです。他にもリゾート地にマンションを買ったり、全国どこにでもくつろげるスペースを持ってみたいです。
夢を実現する為にお金を使う
一生使いきれないお金がある場合、仕事を辞めて、趣味に没頭したいですね。今まで高額で、なかなか手が出せなかったような事にも、使う事が出来るので、やりたい事が出来るように、お金を使って、人生を有意義に使いたいですね。
お金の使い道
私が一生かけても使いきれない位のお金を手にしたらまずは不動産を買って家賃収入が入るようにします。それから自分の家に
庭師を雇って庭を整えます。それから車の免許を取って自分の好きな車を買います。家事を手伝ってくれる家政婦さんを雇います。そして自分磨きにお金をかけます。
使い切れないほどのお金が手に入ったら
物語を書くのが好きだったりするので、その物語を自費出版してみたいと思います。
そして自分で大量に買い占めて、ベストセラー作家になってみたいです。
金にモノを言わせて映画などにしてみるのもいいかもしれません。
宝くじが当たったら・・・
もしも宝くじが当たって使い切れないほどの大金を手にしたらどうする? といった話をしたことありませんか。いつもそんな大金に縁がないので笑い話でおわってしまいますが、実際に一生暮らすには、しかも贅沢に暮らすには、どれだけいるのでしょうね。夢はもちろんありますよ。大きな豪邸、プール付の庭、外車・・など、きりがありませんが、現実になら有料老人ホームとかをさがすかもしれません。さみしい話ですね。でも眺めのよい部屋で、医師付の老人ホームは入居時にまず3000万円とか5000万円が必要だとききます。一般庶民には貯められない金額です。今は頭で無理だと思っているから考えませんが、やはり大金が入れば生涯の保障を優先に考えると思います。
知的好奇心をとことん満足させる!
20代にイギリス留学をしていましたが、一年しか居られませんでした。一年にしては成果をあげたほうですが、40近くなった今もまだまだ好奇心と貪欲な学習意欲があります。よって一生困らないお金があれば、再びイギリスに渡ります。そして今度は学校ではなく、英文学の知識のある先生に徹底的な個人レッスンを受けたいです。こんなふうにして知的好奇心の満足に糸目をつけずにお金を使えたら幸せだと思います。
もしも大金もちになったら
宝くじ等のCMを見るとついつい妄想したくなる「もしもたくさんお金があったら…」。今はアメリカ、カナダそしてヨーロッパに旅行に行きたいと思っています。主要都市に1ヶ月くらいずつ滞在して楽しみたい!80歳こえてる祖母もイタリアに数ヶ月いて美術館巡りしたいって言っていたから、連れてってあげられたらな~と夢みてしまいます。
両親に…
私の両親は常日頃から、生まれ育った沖縄へ帰りたいと言ってます。
ただ、沖縄へ今帰っても仕事がなく、また横浜で買ったマンションのローン返済もあるので戻れないと言ってます。
大金がもし手には入るなら、両親を沖縄へ移住させてあげたいです。
とりあえずはこの2つが欲しいです
一生かけても使い切れないほどのお金を手に入れたら、まずは家と土地が欲しいです。
今、賃貸暮らしなので、永住の為の安心できる家が欲しいんですよね。
ちなみに土地は母が家庭菜園やガーデニングしたいと常日頃言っているので、その夢叶えてあげたいと思いまして。
莫大なお金を手にしたら
私は現在あまりお金を自由に使えないので、色々なことに使ってみたいです。体型コンプレックスがあるのでまずは体型を整えるためにエステにお金を使います。体型に自信がついたところで、世界のあちこち旅行に行き日常から離れた生活をします。その後好きな土地に自宅や別荘を購入して優雅な暮らしをしたいです。
旅に出たい
使い切れぬほどのお金があるならば、一生戻らぬつもりで旅に出ます。日本中を旅して、世界中を旅して、いつか旅に飽きる日が来るまで、あるいは、どこかに住みたいと思う場所が見つかる日まで、旅を日常として暮らしたい。何のしがらみもない、自由な生き方をしたいわけです。
ありあまるほどのお金を手に入れたとき
夜景のきれいな広いマンションに住み、彼女を連れて、海外の街をフェラーリ相当の車で走り、ランチは観光名所で食事、ディナーは街一番の高級料亭で、一番高いメニューを注文し、世界中から著名人を呼び寄せ、壮大なプロジェクトを行って、歴史に残るもの、を作ります。
お金があれば、家族みんなで沖縄に引越しのんびりと生活がしたいです。使い切れないほどお金があれば仕事をしなくていいので、家族との時間を沢山作り、今までできなかった習い事をして、子供達にも自然と沢山触れ合わせ、こっちではできない沢山の経験をさせたいと思います。
旅行に使う
私は旅行が好きなので、好きに使っても無くならないお金があるなら世界中を旅行したいです。
物を買っても満たされない充実感みたいなものも、実際に自分が体験する事で満たせる事があります。
そういった意味でも良いお金の使い方なんじゃないかなと思います。
もしものために貯金しておく
今の暮らしをレベルアップしてしまうとろくなことにならないので、困った時に使おうと思っています。親の介護だったり、子供の学費、留学費用など家族のために使いたいです。残った分は、未来のある子供たちのために全国里親会やユニセフへ寄付します。
無駄遣いする気は全く無し
宝石など高価なものを買うとかではなく、まずは大まかに死ぬまでに必要な金額を算出して貯金。その他現時点で必要なこと、例えばリフォームや電化製品の買い替えをします。あとはせいぜい国内旅行くらいでしょうか。
そして残りは被災地に住んでいるため、できるだけ寄付や手助けになるような使い方をしたいと考えます。
たくさんのお金があったら
後々の人生のために、健康に良いことをしたい。
ダイエットにしてもジムにしても、効果のあるところへ通うにはそれなりのお金がかかってしまうので、そういったところにお金を使いたい。
世の中質の良い物は高価なので、そういう物を体験したいです。
親を豪華な介護施設に入れます
日本人の平均寿命は延びています。親の介護もいつまで続くか分かりません。
使い切れないほどのお金が手に入ったら、親を豪華な介護施設に入れます。
親もそれなら喜ぶと思います。親にお小遣いも、たんまり渡しておきたいと思います。
私は自由になった時間を使って、世界中を旅したいと思います。
働かなくても良い生活を整える
まずは家を買って、生涯住める場所を確保します。残りのお金は定期預金に入れたり投資に充てて、利息や配当金で生活できるように整えたいですね。そうしたら仕事を止めて、のんびりとしたストレスフリーな生活を送りたいです。
使い切れないお金
宝くじに当選しないことには、おそらく一生かけても使い切れないお金を手にすることはないでしょう。
しかし仮に手にすることになれば、それはそれで戸惑ってしまうかもしれません。
これまでの暮らしと別次元のお金を手にした時、果たしてその使い方がうまく出来るかというと疑問です。
うらやましいことですが、一定以上のお金にはきっと困ることになるでしょう。
豪邸を立てた後は旅行
人生は一度きりしかありませんので、使いきれないだけのお金を手に入れたらひたすら楽しむことに徹すると思います。指し当たり思いつくのは豪邸を建てた後はひたすら世界旅行です。常に新鮮な楽しみを味わっていたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?やりたいことをひとつだけ挙げる方はほとんどいなくて、多くの方がアンケートの書き出し時には「家を買って、好きなだけ旅行に行って、食べたいものを食べて」と複数の欲求を挙げているのですが、文章の終わり近くになってくると、社会への寄付やお世話になった方へのお礼など、誰かに対しての応援したいと挙げる方も大変多かったです。

ウォーレン・バフェット氏やビル・ゲイツ氏といった有名な億万長者の方々がものすごい金額を寄付するのもよくわかる気がしますね(^^

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>