単身引越しの値段はいくら?単身引越しの料金価格比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

進学や就職、転勤など、1人で引っ越しをする単身引越しは、荷物も少なく安そうなイメージがありますが、実際のところどれぐらいの料金がかかるのでしょうか。

単身引越しの料金価格について調査しました。

単身引越しの料金価格比較データ表

引越しの料金は、荷物の量や引越し先までの距離、引越し時期などによってさまざまです。基本的に引越し料金は定額ではないので、見積もりをお願いする必要があります。

そして、見積もりの結果、どれぐらいの料金が必要なのかが分かります。今回はたくさんある引越し業者の中から、単身引越しプランの料金を明示している業者をピックアップしました。

引越し業者 プラン名 料金
クロネコヤマト 単身引越しサービス 1BOX最安値12,000円~+シーズン加算1BOXにつき5,000円

※関東エリアで同一市内、最大3割引

(税別)

単身引越しサービスmini 1BOX最安値11,000円~+シーズン加算1BOXにつき5,000円

※関東エリアで同一市内、最大3割引

(税別)

日本通運 単身パックS 15,000円~(税込)

※夜間(18~21時)2,000円、土日祝日配達2,000円、3/22~4/5までの期間1ボックスあたり5,000円(全て税別)割増

単身パックL 16,000円~(税込)

※夜間(18~21時)2,000円、土日祝日配達2,000円、3/22~4/5までの期間1ボックスあたり5,000円(全て税別)割増

ハトのマークの引越しセンター 小鳩パック 最安BOX1個:20,000円~(税別)
小鳩プチトラパック 同一市区町村1BOX相当分:11,000円

同一都道府県内1BOX相当分:15,000円(全て税別)

赤帽(首都圏軽自動車運送協同組合) 作業時間2時間以内・走行距離20km以内の場合 13,500円
ファミリー引越しセンター シングルプラン

標準コース

21,000円~(税別)
シングルプラン

梱包コース

42,000円~(税別)
三八五引越センター シングルパック サイズM:15,000円~(税別)

サイズL:18,000円~(税別)

引越のPRO STAFF 単身引越パック 基本料金:15,000円

※引越シーズンはこの通りではない

長距離便の単身引越しパック 最安関西発中部方面:32,000円~
単身引越しワンルーム引越センター 東京23区

大阪市内

18,000円~

15,000円~

ケーエー引越センター 超節約プラン 同一区内または隣接区への引越:10,500円~

20km以内への引越:11,500円~

※土日祝日・繁忙期は料金が異なります。

標準プラン 同地区内または隣接区への引越:13,500円~

20km以内への引越:14,500円~

20km以内への引越2tロング車

スター引越センター スタンダードコース 1K:23,000円~

2DK:34,500円~

3DK:46,000円~

きちんと単身引越センター 土日祝

平日

時間指定:13,500円

終日フリー:12,000円

時間指定:12,500円

終日フリー:10,000円

※10kmまで

価格比較データ表から見る単身引越しの平均価格相場

単身引越しの平均価格相場は、同一市内や地区内などの近距離引越しであれば15,000円前後です。今回調査した料金は、単身引越しのプランやコースの最安値となるため、平均価格相場と実際に見積依頼した料金とに差が生じる可能性があります。

引越し料金は、あくまでも見積もりをした上で決まるので、今回紹介した平均価格相場は、単身引越しの最安値として目安にして頂ければと思います。

SUUMOの調査によると、5月~1月の通常期で軽トラック5~5.5㎥程度の小さな荷物量であれば平均41,926円、1.5トン・2トンショート・2トントラック10~11㎥程度の荷物量が大きい場合だと平均54,132円、2月~4月の繁忙期で荷物が小さい場合であれは平均48,849円、荷物が大きい場合だと平均68,272円が、単身引越しの平均価格相場となっています。

単身引越しを1回使うあたりの値段はいくら?

単身引越しを1回使うあたりの値段は、先に紹介した単身引越しの平均価格相場を目安にして頂ければと思います。

但し、平均価格相場にはオプション料などが含まれていないため、オプションサービスを利用する場合はもう少し単身引越し1回あたりの値段が高くなります。オプションサービスには以下のようなサービスがあります。

オプションサービス

オプション 料金相場
不用品処分 大トラック1台分:約20,000円~60,000円

軽トラック1台分:約8,000円~25,000円

荷造り・荷ほどき 引越し作業スタッフ兼任:15,000円~20,000円/人

専門スタッフ:25,000円~30,000円/人

荷物の一時預かり トラック内1日:25,000円前後

トラック内2日:40,000円前後

倉庫内:2,000円/日、40,000円/式

家電の取り外し・電気工事 エアコン:7,000円~10,000円

ウォシュレット:5,000円~7,000円

家電の設置・電気工事 エアコン:10,000円~15,000円

全自動洗濯機:3,000円~5,000円

ドラム式洗濯機:5,000円~8,000円

ウォシュレット:10,000円~13,000円

テレビ・アンテナの配線 BS、CSアンテナ取り外し:5,000円~10,000円

BS、CSアンテナ取り付け:10,000円~20,000円

テレビ配線:3,000円~5,000円

特殊荷物の搬送 ペット:トラック10,000円前後、空路(東京-大阪)100,000円前後、海路(東京-大阪)80,000円前後、チャーター便(東京-大阪)160,000円前後

美術品:10,000円~30,000円

アップライトピアノ:18,200円~37,700円

グランドピアノ:31,417円~67,340円

エレクトーン:13,000円~31,525円

※運送距離によって異なる・別途特殊作業料金が必要な場合あり

自動車やバイクの輸送 自動車:50,000円~180,000円(車種により割増あり)

バイク:45,000円~166,000円(距離、重量により異なる)

害虫駆除 新居室内:15,000円~30,000円

輸送トラック内:3,000円~5,000円

盗聴器発見 10,000円~20,000円(本格的な調査は20,000円~100,000円)
ハウスクリーニング 1DK・1K:20,000円~35,000円

1LDK~2LDK:30,000円~70,000円

3LDK~4LDK:60,000円~110,000円

エアコンクリーニング:6,000円~12,000円

畳交換:1畳8,000円~

どのオプションを利用するかで単身引越しを1回使うあたりの値段は変わってきます。上記のオプション料金を参考に、単身引越しの1回あたりの料金を算出してみてください。

ここまでの結果から見て値段と内容のバランスが良いおすすめの単身引越しをいくつか紹介

今回紹介している単身引越しの料金は、ホームページ上などで料金が明示してあり、尚且つ最安値のプランをピックアップしています。

そのため、実際に単身引越しをする人の条件とは異なり、参考にしにくい部分もあると思います。そこで、値段と内容のバランスが良い単身引越しをいくつか紹介するので、自身の引越し条件と照らし合わせて参考にしてみてください。

アート引越センター

アート引越センターは、単身パックプランはありませんが、単身者向けのプランが豊富に揃っています。全て女性スタッフが対応してくれるレディースプランは、女性の単身引越しにおすすめです。

大手引越し業者なだけに、繁忙期の料金は非常に割高ですが、通常期の料金は200km以内であれば平均価格相場内と、そこまで高くありません。日本全国に支店があるので、全国の引越しに対応してくれます。

顧客満足度向上のための取り組みが行われており、営業や作業員の対応の良さやサービス面での評価が高く、気持ちよく引越しをすることができます。

料金とサービスのバランスが取れており、業界トップクラスの大手引越し業者なので、初めて引越しする人には安心感や信頼度が高く大変おすすめです。

引越しプラン おまかせパック

学割パック

レディースパック

シニアパック

料金(引越し侍の口コミ金額を元にした相場料金表より) 【通常期(5月~2月)荷物少な目】

~15km未満市区町村内:21,600円

~50km未満都道府県内:30,750円

~200km未満同一地方内:40,000円

~500km未満近隣地方:75,000円

500km~遠距離:66,250円

【繁忙期(3月~4月)荷物少な目】

~15km未満市区町村内:29,700円

~50km未満都道府県内:40,000円

~200km未満同一地方内:70,000円

~500km未満近隣地方:70,000円

500km~遠距離:115,000円

見積もり方法 ホームページから無料で行える
オプションの種類

(料金の算出は見積もり訪問時)

エプロンサービススタッフ・各種電気工事・エアコンクリニック&クリーニング・ハウスクリーニング+コーティング・プロセブン・アートのカーボンシート敷き込み・ピアノ、特殊品の移動&輸送・ピアノ調律・一時預かりサービス・ハウスリフォーム・車輛陸送・おまかせパックジェット便
キャンペーン・割引 P&G2点セットプレゼントキャンペーン(ホームページから訪問見積もりを申し込んだ方限定)

ミニオン・トラック、収納BOXプレゼントキャンペーン

インターネット限定特別割引

引越待ち割キャンペーン

資材 無料または無料レンタル・ダンボールの無料回収あり
引越範囲 日本全国

ワクワク引越サービス

ワクワク引越サービスは、引越範囲が限定されますが、料金がリーズナブルなのにサービスが充実している引越し業者です。女性利用者の満足度が高く、口コミ評価も高いので、首都圏でコストパフォーマンスの高い引越し業者を探している方におすすめします。

ホームページ上にはスタッフの写真が掲載されているので、1人の引越しでどんな人が来るのか不安な人も、事前に確認できるので安心です。ただ料金が安いだけというのは嫌だという方におすすめの、きめ細かなサービスが期待できる引っ越し業者です。

引越しプラン ミニプラン(車両目安:軽車輛・1t車、作業員1名、荷物量目安:畳1~2帖)

単身プラン(車両目安:1t車・2tショートトラック、作業員1~3名、荷物量目安:畳2~3帖)

料金 ミニプラン:9,800円~

単身プラン:14,800円~

見積もり方法 電話・WEB簡単見積もり
オプションの種類 【無料】

布団袋・ハンガーBOX・基本養生資材・荷物の搬入、搬出・大型家電家具の梱包、設置・洗濯機設置・ダンボール、ガムテープ・おそうじサービス(家具の背中のほこりを簡単に掃除する)・クーラーBOX1つ(2Lペットボトル7本収納可)

【有料】

荷造りお手伝い・エアコン等着脱設置・盗聴、盗撮器発見調査・不用品回収、処分・吊り上げ、吊り下げ・荷物保管・ピアノ運搬

キャンペーン・割引 超特価日を設けている(特売カレンダー参照)
資材 無料
引越範囲 千葉・東京・神奈川

ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスは、宅急便で有名なクロネコヤマトの引越サービスで、引っ越し専門の業者に比べると料金が高いイメージがありますが、近場の引越しで大型家具などがない方にはとてもリーズナブルな料金で引っ越しすることができます。

もし大型家具があっても、別途「らくらく家財宅急便」を組み合わせれば問題ありませんし、家具家電レンタルサービスがあるので家具家電を持って行かない選択肢もあります。宅急便の幹線ネットワークがあるので、スピーディな配送と時間指定が可能というメリットもあり、転勤などで引っ越しの時間があまり取れない方でも効率的に単身引越しをすることが可能です。

オプションは基本的に有料ですが、割引制度が豊富なので予算内で満足できる引越しを計画するといいでしょう。宅急便感覚で気軽に引越がしたい方や、効率的に引越しをしたい方におすすめです。

引越しプラン 単身引越サービス

単身引越サービスmini

料金 単身引越サービス:最安値12,000円~

単身引越サービスmini:最安値11,000円~

近場で荷物が少ない場合の目安:10,000円~30,000円

同一・隣接県内の場合:30,000円~40,000円

長距離の引越しの場合:50,000円~60,000円

見積もり方法 WEB申し込みまたはフリーダイヤル0120-008008から問い合わせる
オプションの種類 荷造り料金1BOXあたり6,000円

資材の販売(2018年5月現在販売停止中)

資材回収料金1件1回3,000円

洗濯機の取り付け

エアコンの取り付け12,000円、取り外し8,000円

アンテナ取り付け10,000円、取り外し6,000円

配線取りはずし工事1,500円、配線取り付け工事3,000円

食器洗い乾燥機取りはずし工事3,000円、取り付け工事7,000円

簡易型照明器具取りはずし工事1,500円、取り付け工事3,000円

直付型照明器具取りはずし工事2,000円、取り付け工事3,000円

ウォシュレット温水便座取りはずし工事5,000円、取り付け工事10,000円~

液晶・プラズマテレビ配線取り付け工事6,000円~バイクや車両の輸送

全自動洗濯機取りはずし工事1,500円、取り付け工事3,000円~

畳表替え(並)1畳あたり五八サイズ5,400円~

ホームセキュリティ単身者向け3,390円/月~

盗聴器探査料金(基本料金1LDKまで)12,000円

らくらくパソコン快適生活

キャンペーン・割引 WEB割引(1件あたり2,000円割引)

平日割引(1件あたり2,000円割引)

早期申込割引(1件あたり1,000円割引)

複数BOX割引(1件あたり1,000円割引)

フリー割サービス

資材 有料(自身で用意してもOK)引き取りも有料
引越範囲 日本全国

単身引越しを安い値段で購入・レンタルするためのコツ

新生活のことを考えると、できるだけ引越し料金を節約したいと考える方は多いと思います。そこで、単身引越しを安い値段で利用できるコツを紹介します。ぜひ参考にして、少しでも安い料金で単身引越しを利用してください。

作業開始時間を指定しない

引越しには、午前便・午後便・フリー便という時間帯があり、利用する時間帯によって料金が変わります。朝早くから引越しを始め、その日の内に引越しを終わらせたいと考える人が多く、午前便は大変人気で料金も高いです。

3つの時間帯で一番安いのがフリー便です。フリー便は、引越し日は決まっているものの、引越し作業を開始する時間は、引越し業者側の都合に合わせて行うというプランです。

そのため、何時から引越し作業が始まるのか分からず、場合によっては夕方や夜からの作業になる場合もあるので料金が安くなります。時間に余裕がある方は、作業時間を指定せずフリー便を選択すると引越し料金を節約することができるのでおすすめです。

混載便を利用する

長距離の引越しをする方におすすめなのが、混載便という同じ方面へ引っ越しする人の荷物を一緒にトラックに載せて運ぶ方法です。混載することによって、トラックの運転手やスタッフの人件費、ガソリン代、高速代などのコストをそれぞれで負担することができるので、通常の引越し料金よりも安くなります。但し、引越し日に同じ方面へ引越しする人がいないと混載便は成り立たないので、必ずしも利用できる訳ではありません。

繁忙期は避ける

単身引越しの平均価格相場でも紹介しましたが、繁忙期の引越し料金は割高になるので、避けられるのであれば繁忙期の引越しは避けた方が料金は安くなります。

特に料金が安くなるのは、1月・5月・6月・7月・11月・12月です。引越し時期が選べる人は、引越し料金が安くなる時期に引越しを計画するといいでしょう。また、月だけでなく日や曜日にも忙しい日や曜日があります。

引越しは、新しい環境が始まる月初めの1日に間に合うように行われることが多いので、月末に引越し依頼が集中します。曜日として依頼が集中するのは、土・日・祝日、休日の前日です。これらの引越しが集中する日や曜日の引越し料金は割高ですが、月の上旬から中旬、平日は料金が安くなる傾向にあるので、これらの日を狙うといいでしょう。

帰り便を利用する

帰り便というのは、引越しを終えて帰路に就くトラックに荷物を載せるプランです。本来は帰るだけのトラックですが、そのトラックに荷物を載せることで人件費やガソリン代を無駄なく使うことができ、引越し業者・利用者共にメリットがあります。

但し、引越し希望日に帰り便がない場合は利用することができません。帰り便のある日に引越し日を設定することもできるので、事前に確認して希望を伝えるようにしてください。

キャンペーンや割引を利用する

多くの引越し業者が、引越し料金がお得になるキャンペーンや割引サービスを実施しています。特に多いのが、インターネットから申し込むと安くなるキャンペーンです。

引越し業者を決める際は、一度引越し業者のホームページを確認するといいでしょう。他のキャンペーンや割引情報も掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

値引き交渉をする

インターネットや電話で見積もり依頼をすると、大まかな引越し料金が分かりますが、見積もりはあくまでも見積もりです。見積もり後、引越し業者の営業担当者が訪れ、最終的な見積もりを出して契約へと進みます。

その際、値引き交渉をすると、かなりの高確率で値引きが行われます。「引越し侍」のアンケート調査によると、実に9割の人が値引き交渉に成功しており、男性では91%が、女性では95%が値引き交渉に成功しています。値引き金額は引越しの内容によって異なりますが、単身引越しであれば数千円~1万円以内が値引き相場となっています。

引越し比較サイトで引越し業者を探す

引越しの料金は、同じ条件であっても業者によって金額に差が出てきます。また、全国各地に大手業者から地域限定の小さな業者までたくさんの引越し業者があります。

その全てに1件1件問い合わせをし、見積もりを取って料金を比較するのは非常に労力がかかり大変です。

そこで利用したいのが引越し比較サイトです。一度にたくさんの引越し業者の見積もりが取れ、その中から一番安い引越し業者を探し出すことができるので、引越し業者を探す際はぜひ利用してみてください。

荷物の量を減らす

引越し料金を算出する基準の荷物量は、多ければ多いほど引越し料金が高くなってしまうので、できるだけ減らす工夫をしてみてください。例えば、大型の家具類は引越し先で買ったり、事前に持ち物の断捨離を行ったり、不用品をリサイクルショップに売ったりするなど、荷物の量を減らす方法はたくさんあります。

総括

単身引越しの値段は、引越し先までの距離や荷物の量などによって大きく左右されるので個人差があります。

そのため、どの引越し業者も具体的な引越し料金をホームページなどには掲載していないため、今回紹介した引越し料金や平均価格相場は、あくまでも目安として捉えてください。

単身引越しには主に、指定サイズのコンテナボックスに荷物を載せて運ぶ単身パックと、一般的なトラックに荷物を積み込んで運ぶプランの2種類があります。単身パックは単身引越しをする人に向けた格安のサービスなので、荷物が少ない方には大変おすすめです。

荷物が多い方や大型家具を運びたい方は、単身パックを利用すると逆に割高になる場合があるので、事前に見積もりを取って、自分の引越しに合ったプランを選ぶようにしましょう。

単身パック以外のプランでも、キャンペーンや割引などが実施されており、お得に利用できる引越し業者もあります。

引越し業者がたくさんあって、どの引越し業者を選べばいいのか分からない方は、今回おすすめの引越し業者をいくつか紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、引越し比較サイトで、たくさんある引越し業者の中から条件に合ったプランや、料金が安い引越し業者を探すことも可能なので、こちらもぜひ利用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>