母子家庭のシングルマザーがお金を借りる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

今や離婚は珍しいものでもなんでもなく、母子家庭やシングルマザーも増加傾向にあります。

ただ、経済的に困窮している母子家庭やシングルマザーは多く、どうしてもお金を借りてしまうケースもあります。

そこで、母子家庭やシングルマザーがお金を借りる方法について紹介したいと思います。

母子家庭のシングルマザーがお金を借りる方法

母子家庭やシングルマザーであっても、安定した収入があれば金融機関からお金を借りることができます。

また、金融機関から借りることが無理でも、公的貸付制度を利用することもできるので、母子家庭やシングルマザーでもお金を借りる方法はあるので安心してください。では、具体的にどのようなお金を借りる方法があるのでしょうか。

消費者金融

母子家庭やシングルマザーでも、安定した収入があれば消費者金融を利用することができます。

決して、母子家庭やシングルマザーが理由で審査に通らないと言ったことはないので安心してください。消費者金融は即日融資が可能な業者も多いので、急にお金が必要になった時におすすめのお金を借りる方法です。

銀行カードローン

銀行カードローンも消費者金融同様、安定した収入があれば利用することができます。シングルマザーや母子家庭だからといって審査が不利になることはありません。

嘘をつかずに申し込むようにしましょう。銀行カードローンは消費者金融に比べると金利が低く、印象も良いので、母子家庭やシングルマザーでも借りやすいです。

生活福祉資金貸付

低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯、失業者世帯を対象に、都道府県社会福祉協議会が実施している貸付制度です。

母子家庭やシングルマザーでも審査に通れば利用することができますが、審査基準はかなり厳しく、借り入れまでには最低1ヶ月は必要です。

メリットは、連帯保証人を立てれば無利子に、連帯保証人なしでも1.5%という低い利子でお金を借りることができます。貸付額も内容によって異なりますが、最大580万円までと高額を借りることができます。

貸付の種類は、総合支援資金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金の4種類があります。
他の公的貸付と併用することはできないので注意してください。

母子父子寡婦福祉資金貸付金

ひとり家庭の父母等を対象に、就労や子供の就学などでお金が必要になった時に利用できる制度です。申請は、地方公共団体の福祉担当窓口です。資金の種類は以下の通りです。

・事業開始資金
・事業継続資金
・修学資金
・技能習得資金
・修業資金
・就職支度資金
・医療介護資金
・生活資金
・住宅資金
・転宅資金
・就学支度資金
・結婚資金

資金の種類によって限度額や償還期間が異なります。利率は保証人有りなら無利子、保証人無しなら年1.0%です。

収入が全くない人は返済が見込めないため利用できません。また、収入が多い母子家庭やシングルマザーも利用することができません。

金融機関からお金を借りるのと違い、事前に窓口で生活収支の状況や、どの程度お金が必要なのか相談をしてから申請する必要があります。

審査結果は早くても2週間程度かかるので、即日お金を借りることはできません。

母子家庭のシングルマザーが派遣会社や派遣先へバレずにお金を借りるにはどうすればいい?

母子家庭やシングルマザーの中には、派遣社員として働いている人もいます。そんな母子家庭のシングルマザーが派遣会社や派遣先へバレずにお金を借りるにはどうすればいいのでしょうか。

職場への在籍確認がない金融機関を選ぶ

消費者金融も銀行カードローンも審査で在籍確認が行われます。在籍確認とは、申込時に記入した職場に在籍しているかどうかを確認することで、主に電話で確認が行われます。

派遣社員の場合、電話での在籍確認は登録している派遣会社に行われるので、派遣先に在籍確認の連絡が入ることは殆どありません。

また、多くの金融機関が、会社名を伏せて在籍確認を行うので、基本的に在籍確認でお金を借りることがバレるということはないでしょう。

それでも派遣会社に在籍確認の連絡が入ることが不安な方は、職場への在籍確認のない金融機関を選ぶことをおすすめします。

在籍確認の方法は、職場への電話だけでなく、社会健康保険証や源泉徴収票といった必要書類を提出する方法もあるので、そういった方法で在籍確認を行っている金融機関を選ぶといいでしょう。

公的支援を利用する

公的支援の場合、金融機関のように職場へ在籍確認の電話連絡が入るということはありません。

申請時に源泉徴収票の写しが必要にはなりますが、源泉徴収票が手元になくても、「お金を借りる」という具体的な理由を述べずに再発行してもらうことも可能です。

よって、公的支援を利用する場合は、派遣会社や派遣先にお金を借りることがバレる可能性は低いと言えるでしょう。

派遣社員として働く母子家庭のシングルマザーは、金融機関と公的支援どちらの方法でお金を借りたとしても、派遣会社や派遣先にバレる可能性は低いです。

どうしても心配な場合は、電話による在籍確認がない金融機関を利用するようにしましょう。また、公的支援は自治体によって対応が異なる場合があるので、派遣会社や派遣先にバレたくない人は事前に確認してください。

母子家庭のシングルマザーがお金を借りるメリット

母子家庭のシングルマザーでも安定した収入さえあれば、お金を借りることができますが、母子家庭のシングルマザーがお金を借りるメリットとは、どういったメリットがあるのでしょうか。

まとまったお金が必要な時でもお金が用意できる

母子家庭のシングルマザーの中には、収入が少なく、毎月の生活費で精一杯の方もいます。

そこに、子供の就学に必要な費用や引越し費用などが必要になっても、なかなかお金を準備することができません。

しかし、お金を借りることができれば、まとまったお金が必要になっても用意することができます。

生活費が足りなくなっても安心

母子家庭のシングルマザーは、収入が十分に得られないケースもあり、生活費が足りなくなって困ることがあります。

生活費が足りなくなると、家賃が払えなかったり食べることができなくなったりと、非常に困ったことになります。このような状況に陥っても、お金を借りることができれば最低限の生活を営むことができ安心です。

母子家庭のシングルマザーは、子供に必要なお金や生活費など、何かとお金が必要になることがあります。お金を借りることができれば、このようなお金が必要な時にもお金が用意できる安心感というメリットがあります。

母子家庭のシングルマザーがお金を借りるデメリット

生活に困らないためにも、子供に不自由をさせないためにも、お金に困った時にお金を借りることができるのは大きなメリットです。

しかし、メリットがあればデメリットもつきものです。母子家庭のシングルマザーがお金を借りるデメリットを紹介します。

借金を返済しながら生活できるか不安になる

お金を借りれば一時的には生活が楽になったり、必要なお金が準備できたりとメリットがある一方で、お金を借りることは借金なので返済をしなくてはいけません。

ただ、母子家庭のシングルマザーは、毎月の収入が少なく、今後もお金が必要になるシーンも出てくるため、借金を返済しながら生活することに大きな不安を抱えるデメリットがあります。

返済ができなくなる可能性が高い

お金を借りる母子家庭のシングルマザーは、低所得世帯であることが多いため、少ない収入からの返済が厳しく、返済ができなくなることがあります。借金が返済できなくなると、債務整理や自己破産という選択をしなくてはいけなくなるデメリットがあります。

母子家庭のシングルマザーがお金を借りる最大のデメリットは、借金返済に対する不安が大きく精神的に参ってしまうことや、借金が返済できなくなる可能性が高いことです。

お金を借りる必要がないに越したことはありませんが、どうしてもお金が必要な場合は、返済できる範囲でお金を借りるようにしましょう。

母子家庭のシングルマザーがお金を借りるのにおすすめの金融機関

母子家庭のシングルマザーでも、安定した収入があれば金融機関からお金を借りることが可能です。

金融機関の場合、公的支援ほど審査に時間がかからず最短即日での借り入れも可能です。

では、母子家庭のシングルマザーは、どの金融機関からお金を借りればいいのでしょうか。母子家庭のシングルマザーにおすすめの金融機関を紹介します。

消費者金融

できるだけ早くお金を借りたいという母子家庭のシングルマザーにおすすめなのが、消費者金融のキャッシングです。消費者金融の中でも特におすすめなのは以下の通りです。

プロミス

利用条件 年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある方
借入上限 500万円
借入利率 4.5%~17.8%
借入方法 口座振込、店舗、ATM
返済方法 口座振替、店舗、ATM
約定返済額 残高スライド元利定額返済方式 2000円~
必要提出書類 本人確認書類、収入証明書類(希望額が50万円を超える、希望額と他社借入残高が合計100万円を超える場合)
母子家庭のシングルマザーにおすすめポイント ・女性専用ダイヤルあり
・WEB契約なら即日融資可能(最短1時間)
・初回30日間利息0円
・レディースキャッシングサービスあり

アイフル

利用条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
※満70歳になった時点で新たな融資は停止
借入上限 800万円以内
借入利率 20.00%
借入方法 提携ATM、コンビニ、振込、アイフル店舗ATM
返済方法 提携ATM、コンビニ、口座振替、アイフル店舗ATM、振込
約定返済額 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式 4000円~
必要提出書類 収入証明書、本人確認書類
母子家庭のシングルマザーにおすすめポイント ・SuLaLiという女性向け商品がある
・女性専用ダイヤルあり
・即日融資可能
・初回30日間は無利息

ベルーナノーティス

利用条件 20歳から78歳までの安定した収入のある方で、ベルーナノーティスの基準を満たす方
借入上限 1~300万円
借入利率 4.5%~18.0%
借入方法 ATM、振込
返済方法 銀行引落、郵便引落、銀行振込
約定返済額 2000円~
必要提出書類 本人確認できるものの写し(収入証明書類が必要な場合もあり)
母子家庭のシングルマザーにおすすめポイント ・カタログ通販サイトとして知名度が高く馴染みがあり安心
・女性オペレーター専用ダイヤルあり
・女性会員数21万人という女性からの支持の高さ
・初めての方と前回無利息適用の借入日から3ヶ月経過して再借り入れをする方は14日間利息0円

消費者金融のおすすめとして紹介した金融機関は、どれも女性専用ダイヤルを設けており、母子家庭のシングルマザーでも安心してお金の相談をすることができます。

また、初回であれば利息が0円になるキャンペーンも実施しているので、短期間だけお金を借りたいという母子家庭のシングルマザーにもおすすめです。

銀行カードローン

できるだけ金利を抑えたい母子家庭のシングルマザーにおすすめなのが銀行カードローンです。銀行カードローンでおすすめなのは以下の通りです。

楽天銀行スーパーローン

利用条件 満年齢20歳以上62歳以下の方(パート・アルバイト、専業主婦は60歳以下)
借入上限 800万円(10万円単位で選択)
借入利率 1.9%~14.5%
借入方法 提携CD・ATM、振込
返済方法 指定口座からの自動振替、提携CD・ATM、インターネット
約定返済額 2千円~
必要提出書類 楽天スーパーローン申込書兼保証依頼書(インターネット申し込みの場合は不要)、本人確認書類、収入証明書類
母子家庭のシングルマザーにおすすめポイント ・スマホで申し込みが完了できる
・楽天会員ランクに応じて審査が優遇される
・楽天ポイントのプレゼントあり
・コンビニATM手数料0円

みずほ銀行カードローン

利用条件 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
安定かつ継続した収入が見込める
保証会社の保証を受けられる
借入上限 10万円~800万円
借入利率 2.0%~14.0%
借入方法 みずほダイレクト、ATM
返済方法 自動引き落とし、ATM、みずほダイレクト
約定返済額 残高スライド方式 10000円~
必要提出書類 本人確認書類、収入証明書
母子家庭のシングルマザーにおすすめポイント ・WEB申し込みなら来店や郵送が不要
・みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる
・ATM時間外手数料無料(条件有)

イオン銀行カードローン

利用条件 日本国内に居住している
外国籍の方は永住許可を受けている
満20歳以上、満65歳未満
本人または配偶者に安定かつ継続した収入が見込める
イオンクレジットサービスまたはオリックス・クレジットの保証を受けられる
借入上限 1千円~300万円
借入利率 3.8%~13.8%
借入方法 イオン銀行ATM、提携コンビニATM、提携金融機関のATM
返済方法 ATM返済、他金融機関口座引落し、イオン銀行口座引落し
約定返済額 1000円~
必要提出書類 本人確認書類、年収を確認できる書類
母子家庭のシングルマザーにおすすめポイント ・目立たずシンプルなデザインのカードなので財布に入れていても周りの目を気にしなくて済む
・イオンに立ち寄る際にキャッシングができる
・コンビニATMの手数料が0円

銀行カードローンのおすすめとして紹介している金融機関は、いずれも知名度が高い大手企業です。

そのため、安心してお金を借りることができます。また、利息が低く、ATMの手数料が無料なのも、母子家庭のシングルマザーにはとてもありがたいです。銀行によってさまざまな特徴のサービスがあるのも、銀行カードローンの魅力です。

母子家庭のシングルマザーがお金を借りるのに危険な借入先

安定した収入があれば、母子家庭のシングルマザーでも何とかお金を借りることができます。

しかし、収入がない母子家庭のシングルマザーは、なかなかお金を借りることができず、ついつい危険な借入先に頼りがちになってしまいます。

では、一体どのような借入先が危険なのでしょうか。

母子家庭のシングルマザーがお金を借りるのに危険な借入先の特徴は以下の通りです。

・金利が20%超え
・連絡先が携帯電話番号のみ
・無登録業者
・条件が甘い(無保証、無担保など)
・公衆電話やスポーツ新聞、インターネットなどに広告が出ている
・ダイレクトメールや電話をかけてくる

このような特徴がある借入先は、「闇金」の可能性が高いです。闇金は一度借りたら最後、元本は返済できず違法な金利のみを支払い続けることになります。

支払いが滞ると、激しい取り立てに遭うことになり、母子家庭のシングルマザーには大変危険です。闇金以外にも、最近は「ソフト金融」と呼ばれる危険な借入先もあるので注意してください。

この他に、インターネットを通じてお金の貸し借りをする「個人間融資」というものもありますが、個人間でのやり取りになるので自己責任になること、そして犯罪に巻き込まれる危険性が潜んでいることもあり、個人間融資も危険な借入先だと言えるでしょう。

この調査内容の総括

母子家庭のシングルマザーと一口に言っても、正社員として働いている人もいれば、仕事をしていない人もいます。

どんな母子家庭のシングルマザーでも、安定した収入があれば金融機関からお金を借りることができるので、お金がピンチになった時は、消費者金融や銀行カードローンを利用してお金を借りてみてください。

金融機関の場合、審査から融資までのスピードが速く、急ぎの人にもぴったりです。金融機関からお金を借りることができない場合、母子家庭のシングルマザーは公的支援を受けることができるので、公的支援の検討もおすすめです。

働き方や収入によっては、思うようにお金を借りることができない人もいるかと思いますが、決して危険な借入先だけは利用しないようにしてください。

お金を借りる金融機関を探しているシングルマザーの方は、今回紹介している消費者金融や銀行カードローンは安心して利用できる金融機関ばかりなので、ぜひこの中から検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク