区民税・市県民税が払えない場合の対処方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

区民税・市県民税とは、居住する市町村や、不動産のある市町村に納める税金で、住民税ともいわれます。ほとんどの場合、サラリーマンであれば給与から直接納付される特別徴収、それ以外の方は銀行などで直接市町村へ納める普通徴収で納付をしています。

区民税・市県民税を滞納するデメリット

督促を受ける

期限に納付しなかった場合、その後20日程度で納付を促す督促状が届きます。同封されている用紙で納付できることがほとんどなので、うっかり延滞してしまった方はここで必ず納付しましょう。その後も延滞を続けると、電話や訪問による督促、差押え通知書なども送付され、対応に時間をとられたりストレスを感じたりすることになるでしょう。

延滞金がかかる

区民税・市県民税に限ったことではありませんが、延滞が発生するとかならず延滞金がかかります。具体的な延滞金の金額や延滞金がつくタイミングなどは市区町村によって異なりますので、納税課などで確認してください。

差押えされる

延滞を続けると督促や書面での通知が行われますが、すべてを無視して延滞し続けると、最終的には預金や給与を差押えされます。通常、サラリーマンの区民税・市県民税は特別徴収という方法で給与から直接納税されるため延滞は起こりにくいですが、自分で納める普通徴収を選んでいる場合は延滞が起こりやすく、給与などを差し押さえられ生活にも影響が出ることが考えられます。

信用を失う

差押えの対象になると、市区町村は財産等の調査を始めます。サラリーマンであれば給与の支払者である勤務先に、自営業者などであれば取引先や取引銀行などへの調査が入ります。どちらにしても税金を滞納していることが相手に伝わってしまい。その後の勤務や取引に大きな影響が出る可能性もあります。

区民税・市県民税の支払いを待ってもらうことは可能なのか?

原則として納付できない場合の対応として定められているのは、分割での支払いを基本としています。分割納付の具体的な種類については後ほど説明しますが、入金の予定が明確にあり、それまで納付を待ってもらいたいという場合、支払いの意思をしっかり伝えれば納付を待ってくれるケースもあるので出来るだけ早く役所に相談してみましょう。

滞納している区民税・市県民税の免除は可能なのか?

結論からいうと免除はほぼ不可能です。いくつかの救済措置がありますが、どれも分割納付を前提としています。また、債務整理などを行っても、借金と違い税金は国民の義務であり滞納が帳消しになることはありません。

唯一支払わなくてすむ方法として、時効(5年間)まで逃げ切るという方法がありますが、簡単に逃げ切れるものでもなく、最終的には差押えとなり納付せざるを得なくなることがほとんどなので、お勧めできない方法です。

区民税・市県民税の未納分の分割払いは可能なのか?

区民税・市県民税を納められない場合の対処として、もっとも現実的なのがこの分割払いです。分割払いには通常の分割、徴収の猶予、換価の猶予の3種類があります。それぞれを比較してみてみましょう。

支払い猶予 通常の分割支払い 徴収の猶予 換価の猶予
内容 納めるべき金額を単純に分割する 支払期限を延長し、分割して支払う。その期間延滞金が減免される 支払期限を延長し、分割して支払う。その期間延滞金が減免される。状況に応じて差押えが解除される。
手続き 交渉のみ 納期限までに申請が必要 納期限から6ヶ月以内に申請が必要
期間 交渉次第 原則1年 原則1年
条件 特になし 災害にあった
病気・ケガ
事業が倒産した、など
同左
メリット ・相談で応じてもらえるので申請などの手続きが不要
・金額や期間も交渉で決める
・延滞金を抑えられる ・延滞金を抑えられる
・差押えを解除してもらうことで事業の再開などが可能
デメリット ・延滞金がかかる
・納められなくなった場合差押えをうけることもある
・手続きが面倒
・簡単に受理されない
・手続きが面倒
・簡単に受理されない

延滞をしてしまった場合には徴収の猶予をうけることが出来ないので、可能性としては通常の分納、または換価の猶予となります。

滞納している区民税・市県民税に利息はつくのか?つくならどれぐらい?

滞納している区民税・市県民税には延滞金がかかります。以下の表を見ると、一か月以内とそれ以降では利率の差が大きく、また平成26年からは金利の見直しが行われました。金利は下がったというものの、まだまだ延滞金の利率は低いとは言えません。

■延滞金の計算方法
税額×延滞日数×延滞金の利率÷365日=延滞金の額

■延滞金の利率

年度 期限から1か月以内 期限から1か月経過後
平成21年1月1日~平成21年12月31日 年4.5% 年14.6%
平成22年1月1日~平成25年12月31日 年4.3% 年14.6%
平成26年1月1日~平成26年12月31日 年2.9% 年9.2%
平成27年1月1日~平成27年12月31日 年2.8% 年9.1%
平成28年1月1日~平成28年12月31日 年2.8% 年9.1%

延滞金を付けるタイミングは市区町村によって異なりますが、金額が大きい場合や、延滞期間が長い場合にはかなり高額の延滞金を徴収されることを覚悟しておきましょう。

区民税・市県民税が払えないときの良い対処方法

すぐに市区町村役場に相談する

延滞をしてしまった場合にもっとも大事なのが支払う意思を見せることです。支払いたいのに支払えない人と、はなから支払う気がない人では、相手の心証もかなり異なります。しっかりと払う意思を示すことで、分割納付や猶予制度についても前向きに考えてもらえるでしょう。

家族などに相談する

すぐにお金が用意できず、分割でも支払いが難しい場合には家族などに相談して、一時的にお金を貸してもらえないか相談してみましょう。借りることが出来た場合、身内だからと安易に考えず借用書などを残すようにすると後のトラブルを防ぐことが出来ます。

口座振替にする

支払う余力のある方に限られますが、直接銀行などで納付する方法ではうっかりの延滞が起こりやすいので、自動的に預金から引き落としされるように口座振替の手続きをとっておくと安心です。預金残高がない場合には効果がありませんが、残高さえあれば他のことに使ってしまう前に納付されるので延滞を防ぐことが出来ます。

銀行カードローン、消費者金融などで借りる

返済の目途が立つ場合には、一時的に借り入れをして支払うことも一つの方法です。延滞金の利息も安くはないので、場合によってはカードローンなどの利率のほうが安くなることもあります。

区民税・市県民税が払えないときのダメな対処方法

無視する

督促や連絡をすべて無視したまま延滞を続けることは悪質だとみなされることもあり、おすすめしません。逃げ切ろうと思ってそのような方法をとる方もおられますが、ほとんどの場合逃げ切れることはなく、最終的に延滞金がついた金額を差押えによって納めることになります。延滞をしてしまったら出来るだけ早く、こちらから市区町村役場に連絡するようにしましょう。

闇金などから借りる

どこからも資金を調達できないからと、違法な業者から借り入れをすることは絶対にNGです。さらに利息が膨らみ、返しきれない金額となってしまっては手遅れです。もしそれほど切羽詰まった状況であれば自分一人で考えず、役所などで生活保護をうけることなども含め相談をしましょう。

区民税・市県民税が払えなくなったらどこに相談すればいいのか?

市区町村役場

どのような状況にしても、区民税・市県民税を支払えないと思ったら出来るだけ早く役場に相談しましょう。誠意をもって支払いが難しいことを伝えれば、分納やいろいろな制度などについてアドバイスをもらえるでしょう。一人で悩まず、勇気を出して相談に行ってみることが大切です。忙しくて窓口へ行く時間がないという方も、こちらからコンタクトをとることが大切なのでまずは電話だけでも大丈夫です。

この調査内容の総括

今回は区民税・市県民税が払えない場合についてご紹介しました。他の税金と同じく、区民税・市県民税も国民の義務である納税であり、その支払いを免れることはほぼ不可能です。
時効により消滅する可能性もありますが、もし時効まで逃げ切ろうと思うのであれば、知り合いのいない遠方へ引っ越す、健康保険などを掛けない、国民年金なども支払わないということが必要になり、まっとうな生活を送ることはほぼ不可能です。また、そのような生活をしても逃げ切れる可能性は低く、最終的には差押えを受けて信頼を失い、生活が成り立たなくなることも考えられます。そういったデメリットを考えると、いっそ思い切って役場に相談し、猶予などの制度を利用するほうが得策だといえるでしょう。。
徴収の猶予、換価の猶予を受けている間は延滞金を抑えることが出来るので、支払額を増やすことなく毎月の支払いをすることが出来ます。このような有利な制度の存在を知り、理解し、出来る範囲での支払いを進めてみてください。その場合も早め早めの相談で、役場の印象を良くしておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>