専業主婦がお金を借りる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

収入がない専業主婦ですが、専業主婦でもお金が必要になる時があります。

では、お金が必要になった専業主婦は、どこかからお金を借りることはできるのでしょうか。

専業主婦がお金を借りる方法について調査しました。

専業主婦がお金を借りる方法

主に配偶者の収入で生活している専業主婦は、収入がないため金融機関からお金を借りることが難しいです。

しかし、そんな専業主婦でもいくつかお金を借りる方法があります。

では一体、どういった方法があるのでしょうか。

銀行系カードローン

銀行系カードローンは銀行の商品なので、総量規制の対象外です。

そのため専業主婦でも申し込むことができます。

但し、配偶者に安定した収入があることが必須条件です。

※総量規制とは?:年収の3分の1以上のお金を貸金業者から借りることができない貸金業法の定め

クレジットカードのキャッシング機能

専業主婦でもクレジットカードを持っている人は多いと思います。

クレジットカードにはキャッシング機能がついており、キャッシングでお金を借りることができます。

しかし、近年専業主婦のクレジットカードのキャッシング利用は厳しくなっており、貸金業法によって配偶者の承諾が必要となっています。

家族カードであれば、本会員の枠内でキャッシングが可能なので、専業主婦でもクレジットカードのキャッシングを利用することができます。

消費者金融

基本的に専業主婦は、総量規制によって消費者金融からお金を借りることはできません。

ですが、配偶者貸付を実施している消費者金融であれば、専業主婦でも夫婦の年収(合算)の3分の1までお金を借りることができます。

注意したいのが、大手消費者金融では配偶者貸付を実施していないことです。

配偶者貸付を実施しているのは、中小消費者金融の一部やクレジットカード会社です。

専業主婦がお金を借りる方法はあまり多くなく、選択肢は少ないですが、上記の方法であれば専業主婦でもお金を借りることができます。

専業主婦が旦那にバレずにお金を借りるにはどうすればいい?

専業主婦は、先に紹介した方法でお金を借りることができますが、専業主婦の中には旦那にバレずにお金を借りたい人もいると思います。

では、どうすれば旦那にバレずにお金を借りることができるのでしょうか。

お金を借りる方法別に、旦那にバレるかどうか検証してみたいと思います。

銀行系カードローン

銀行系カードローンは、夫の収入や勤務先を記載する必要があるものの、夫の勤務先に在籍確認の連絡が入ることはないので、夫にバレずにお金を借りることができます。

但し、カードローンのカードが郵送で届いた時や、督促状が送付された時などにはカードローンを利用していることがバレるので注意が必要です。

クレジットカードのキャッシング機能

専業主婦でもクレジットカードを作ることは可能です。

但し、最近はクレジットカードを申し込む際に配偶者の承諾が必要なため、旦那にバレずにクレジットカードを作ることは難しいです。

家族カードであれば、配偶者がカードを作る際に一緒に作れるため、持っている人も多いかもしれません。

しかし、家族カードのキャッシングは、主契約者である旦那にキャッシング内容が知られてしまうので、この方法も旦那にバレずにお金を借りることは難しいです。

ただ、通帳や明細など全てを旦那ではなく妻が持っている場合は、バレずにキャッシングができるでしょう。

消費者金融

消費者金融から借入する場合、配偶者貸付を利用することになるのですが、配偶者貸付とは文字通り配偶者の同意を得る必要があるので、旦那にバレずにお金を借りることは難しいです。

ちなみに配偶者貸付に必要な書類は、配偶者の同意書・配偶者の所得証明書類・住民票または戸籍抄本(婚姻関係を表す書類)です。

どのお金を借りる方法であっても、旦那にバレる可能性はゼロではありませんが、一番バレるリスクが低いのが銀行系カードローンです。

専業主婦でも借りやすい上、配偶者の承諾や所得証明書などが不要で、自分名義の口座やATMからの返済が可能なので、カードが届く時と返済が遅れないようにさえ注意していれば旦那にはバレる可能性は低いです。

また、申込時の電話番号を自宅の電話ではなく携帯電話にする、明細書はWEB明細にする、WEB明細を閲覧した際は履歴を消しておく、旦那の目に触れないようにカードを保管するといったことにも気を付けておくと、よりバレる可能性が低くなります。

専業主婦がお金を借りるメリット

専業主婦は金融機関からお金を借りることが難しいです。

そんな専業主婦がお金を借りることができた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

生活費が足りなくなった時に助かる

給料日前や散財をして生活費が足りなくなった時など、生活費が足りなくなったことを配偶者に言い出しにくい専業主婦は多いのではないでしょうか。

そんな時、繋ぎとしてお金を借りることができると、次の給料日までの間、配偶者に頼ることなく乗り切ることができます。

急な出費があった時でも対応できる

急な不幸ごとや入院など、予定外の出費が発生する時があります。

余裕がある専業主婦はいいですが、中には急にまとまったお金を用意することができない専業主婦もいます。

そんな専業主婦でも、お金を借りることができれば、急な出費に対応することができます。

このように、急にお金が必要になった時でも、お金を借りられる先があれば、専業主婦にはとても心強くメリットだと言えるでしょう。

専業主婦がお金を借りるデメリット

急にお金が必要になった時にお金が借りられるのはとても安心ですが、専業主婦がお金を借りることにはデメリットもあります。

では、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

お金を借りる手段が少ない

先にも紹介しましたが、専業主婦がお金を借りる方法は決して多くはありません。

金融機関によっては専業主婦の借入を不可としているところも多く、限られた選択肢の中からしか選ぶことがでず、条件が悪い借入に頼らなくてはいけないケースもあります。

配偶者に収入がないと借りられない

専業主婦は収入がないため、配偶者に安定した収入がないとお金を借りることができません。

配偶者の収入によってはお金を借りられないデメリットがあります。

複数の金融機関から借り入れることはできない

専業主婦でもお金を借りることはできますが、借入先が複数社となると審査に通らずお金を借りられないデメリットがあります。

専業主婦の場合、2社程度が限界で、3社以上から借りることは難しいと思っておいた方がいいでしょう。

限度額が低い

専業主婦は収入がなく、返済は配偶者の収入に頼ることになります。

そのため、借入できる金額は少なく、30万円~50万円が限度額です。

借入希望額によっては、必要なお金が借りられないデメリットがあります。

自分一人では借りられない

銀行系カードローンであれば、配偶者の同意書や収入証明が不要なので自分一人で借りることができますが、その他の方法だと、配偶者にお金を借りることを伝える必要があります。

そのため、自分一人ではお金が借りられず、お金を借りることや場合によっては何故お金が必要かを配偶者に話さなくてはいけないデメリットがあります。

お金を借りることは、専業主婦にとってメリットよりもデメリットが多いです。

このようなデメリットがあることを理解した上で、お金を借りるようにしましょう。

専業主婦がお金を借りるのにおすすめの金融機関

専業主婦がお金を借りることができるのは、銀行系カードローン、クレジットカードキャッシング、消費者金融です。

それぞれお金を借りる方法でおすすめ金融機関を紹介します。

銀行系カードローン

専業主婦がお金を借りるのに一番ハードルが低いのが銀行系カードローンです。

銀行系カードローンで特におすすめの金融機関は「ソニー銀行」です。

(ソニー銀行カードローン)

金利 変動金利2.5%~13.8%
限度額 10万円~800万円
返済額 月々2000円~
借入・返済 提携ATM(コンビニ、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行)、ソニー銀行口座への振込
必要書類 本人確認資料コピー(運転免許証、各種健康保険証)、年収確認資料コピー(利用限度額50万円以上を希望の方)、振込先口座確認資料コピー(初回振込サービスを希望の方)、永住許可を受けていることが確認できる資料のコピー(外国籍の方)
資金使途 原則自由(事業資金除く)

利用できるのは、原則安定した収入がある方なのですが、ソニー銀行のカードローンは配偶者に安定した収入があり、限度額が50万円までであれば専業主婦でも借入が可能です。

専業主婦の銀行カードローン限度額は30万円が一般的なのですが、ソニー銀行カードローンであれば限度額も50万円と大きく、専業主婦でもそれなりの金額を借り入れることができます。

既にソニー銀行の口座を持っていれば、最短即日で融資を受けることもできるので、急ぎの方にもおすすめです。

クレジットカードキャッシング

クレジットカードを作るためには配偶者の承諾が必要ですが、家族カードなら専業主婦でも作りやすく持ちやすいです。

クレジットカードキャッシングでおすすめなのは、専業主婦なら誰でも知っているイオン銀行のクレジットカード「イオンカード」です。

(イオンカード)

金利 実質年率7.8%~18.0%
限度額 1千円~300万円
返済額 3000円~
借入・返済 銀行ATM(イオン銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、地方銀行)、信用金庫。

信用組合。

コンビニATM、提携会社設置ATM・CD機(ビューアルッテ、セゾンカード。

エポスカードなど)

返済期間及び回数 最長57カ月 最大57回
返済方式 一回払い(元利一括返済方式)、リボルビング払い(残高スライド元利均等返済方式)
担保・連帯保証人 不要

イオンカードは、イオン銀行のキャッシュカードと電子マネーWAONが一体になっているカードで、イオンをはじめとしたイオングループで割引が受けられる特典があるなど、専業主婦には利便性の高いキャッシュカードです。

家族カードやETCカードなども年会費無料で作ることができるので、配偶者にカードを作ってもらい家族カードを持つのが、専業主婦にはスムーズにカードが作れておすすめです。

もちろん家族カードでなくても、主婦をはじめとした幅広い層をターゲットにしているクレジットカードなので、審査が比較的甘く、専業主婦名義でもクレジットカードを持つことができます。

キャッシング以外にも、WAONポイントやときめきポイントを貯めることができ、ギフト券や商品に交換することも可能など、さまざまなサービスが受けられるメリットがあるので、クレジットカードのキャッシングを検討している方は、イオンカードがおすすめです。

消費者金融

お金を借りることを配偶者に話せる専業主婦なら、配偶者貸付制度がある消費者金融もおすすめです。

配偶者貸付制度は、審査のメインが配偶者なので、配偶者の属性や信用情報内容によっては、複数社からお金を借りることもできます。

配偶者貸付制度のある消費者金融でおすすめなのが「セディナ」です。

(セディナ)

金利 実質年率上限18.0%
限度額 配偶者と合わせた年収3分の1以下の借入が認められる
1万円~200万円(新規は上限50万円まで)
返済期間・回数 最終借入日から最長8年2ヶ月 1回~98回
借入・返済 銀行ATM、コンビニ提携ATM、インターネットキャッシング、海外でのATMキャッシング
必要書類 配偶者貸付申込書・配偶者の収入証明書・婚姻関係証明書
返済方式 1回払いまたは残高スライド定額リボルビング払い
担保・連帯保証人 不要

配偶者貸付制度に対応している消費者金融は少ないのですが、そんな中クレジットカードで有名なセディナは配偶者貸付に対応しています。

知名度と信頼性の高い三井住友フィナンシャルグループに属しているので、安全性も高く安心して利用することができます。

新規は50万円しか借りることができませんが、専業主婦の上限額を30万円までとしている金融機関が多い中で、上限50万円は専業主婦にはありがたい限度額です。

配偶者の収入が多く、配偶者がお金を借りることに納得していれば、配偶者貸付制度のあるセディナカードはおすすめです。

専業主婦がお金を借りるのに危険な借入先

専業主婦がお金を借りるのにおすすめの金融機関を紹介してきましたが、逆に専業主婦がお金を借りるのに危険な借入先とはどんなところなのでしょうか。

聞いたことのない金融機関

専業主婦でもお金を貸してくれる金融機関を探していると、聞いたことがない金融機関の名前を見かけるかと思います。

しかし、聞いたことのない知名度が低い金融機関はあまりおすすめできません。

なぜなら、知名度が高い金融機関は法令遵守に則った営業をしているのに対し、聞いたことのない金融機関はどういった営業がされているのかが分からないからです。

聞いたことのない金融機関は避け、ある程度知名度がある金融機関を利用した方が安心です。

連絡先が携帯電話番号の金融機関

足がつくことを嫌う違法な金融機関は、連絡先を携帯電話にしていることが多いです。

また、貸金業登録を行っている金融機関は、固定電話を設置して登録しなくてはいけないので、携帯電話が連絡先ということはまずあり得ません。

携帯電話番号の金融機関は、貸金業登録を行っていない違法な金融業者で間違いありません。

このような金融機関は法外の利息を請求してくる可能性もあるので、専業主婦には大変危険なため利用は避けましょう。

無登録業者

貸金業法上、貸金業を行う場合は貸金業登録が必要とされます。

貸金業登録を行っている金融機関は、金融庁の「登録貸金業者検索サイト」で確認することが可能です。

検索しても確認出来ない無登録業者は、悪徳業者の可能性が高いので利用しないようにしましょう。

個人間融資

最近よく見かけるのが、インターネットを通じて個人間でお金の貸し借りをする個人間融資です。

審査がないので、収入がない専業主婦でも簡単に利用することができます。

しかし、こんなに簡単にお金が借りられる裏には、闇金や詐欺などのリスクも高く危険です。

何かがあっても自分で解決するしかなく、トラブルに巻き込まれる可能性が高いので利用しないに越したことはありません。

闇金

名前を聞いたことがない無登録業者で、連絡先が携帯電話の場合、闇金の可能性が非常に高いです。

闇金は審査基準が非常に甘く、専業主婦でも簡単にお金を借りることができます。

すぐに返せば闇金でも大丈夫だろうと、闇金に手を出すのは大変危険です。

闇金は何かと理由をつけて元金を返済させないようにし、利息だけを徴収し続けます。

返済できなくなると、恐ろしい取り立てが行われ、家族だけでなく近所にもお金を借りたことがバレてしまいます。

借りるところがなくても、闇金だけは絶対に利用しないようにしましょう。

上記に挙げた借入先は、違法な金融機関や借入先である可能性が高いです。

違法な高金利が請求されたり脅迫まがいの取り立てにあったり、専業主婦では対応できないトラブルに巻き込まれる可能性も高く、配偶者をはじめ家族に迷惑を掛けるだけでなく、被害が及ぶ可能性もあります。

甘い話に惑わされずに、こういった借入先は絶対に利用しないようにしてください。

この調査内容の総括

残念ながら専業主婦がお金を借りる選択肢は少なく、場合によっては借りることができないケースもあります。

また、収入がない専業主婦がお金を借りる場合、配偶者の同意が必要だったり、配偶者の収入が審査対象になったりするので、配偶者にバレずにお金を借りることは難しいです。

ただ、銀行系カードローンなら、配偶者の同意や配偶者の収入証明の提出などは不要なので、配偶者にバレずに専業主婦個人でお金を借りることができます。

もちろん、絶対に配偶者にバレないわけではないので、返済が遅れないことや、カードが見つからないように気を付けるなど、細心の注意は必要です。

収入のない専業主婦がお金を借りることは、メリットよりもデメリットの方が大きいので、あまりおすすめはできませんが、今回紹介しているおすすめの金融機関は安全性も高いので、利用するならある程度知名度がある大手の金融機関を利用するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク