恋人とのカップル旅行費用の相場と旅費がきつくて足りない場合の対処方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋人との仲が深まると、旅行を計画するカップルはとても多いです。好きな人と2人きりで色んな場所に行き、色んなものを見て色んなものを食べる楽しみがある反面、気になるのが旅行費用です。

一体カップル旅行にはどれぐらいの費用が必要なのでしょうか。また、カップル旅行の旅費が足りない場合はどうすればいいのでしょうか。

恋人とのカップル旅行の旅費にまつわるアレコレを紹介したいと思います。

年代別によるカップル旅行費用の相場

恋人との旅行を検討していると気になるのが旅行費用です。カップルの旅行費用の相場は、収入やライフスタイルなどの違いがある年代別に異なってきます。では、カップル旅行費用の年代別相場はいくらぐらいなのでしょうか。

20代

20代も前半であれば、学生や社会人になりたてのカップルなので、カップル旅行費用の相場はそう高くはありません。

1泊2日で行ける近場の旅行先で、尚且つ交通費や宿泊費、食事などにあまりお金をかけない旅行内容が多い傾向にあります。そのため2~3万円が旅行費用の相場となってきます。

20代も後半になると収入が安定するので、もう少しカップル旅行費用の相場は上がり、次に紹介する30代の相場に近くなります。

30代

30代は収入もアップして金銭的な余裕が出てくるのか、宿泊先や食事のグレードが20代に比べるとぐんとアップします。例えば、30代の温泉宿の口コミ年間ランキングを見てみると、宿泊費だけでも1万5千円~3万円の旅館人気が高いです。

そこに交通費やその他の費用を併せると、3~5万円が旅行費用の相場になるのではないでしょうか。また、30代にもなると海外旅行を選択するカップルも増えます。10~30代の海外旅行の予算は1人当たり10~15万円が中心というリサーチ結果もあることから、30代のカップルだと2人合わせて約20~30万円がカップル海外旅行費用の相場になるのではないでしょうか。

40代~50代

40代~50代になると非日常を感じられるような旅行プランが人気で、宿泊先や食事にこだわるカップルも多くなってきます。そのため、宿泊費が4~6万円になることもザラです。

そこに交通費などが加算されますが、40代~50代にもなると宿泊先でゆっくり過ごすようなプランが人気のため、旅行先でのアクティビティ費用などはあまり必要なく、交通費などを含め2人合わせて10万円前後が相場となります。

但し、この世代同士のカップルは、結婚歴があり子供がいる人もおり、子供や孫のために貯金をするため旅行をしないカップルもいます。

カップル旅行へ行くための旅費が足りない場合におすすめな対処方法

年代によって旅行に必要な費用の相場は異なりますが、どの世代もそれなりの費用がかかるのが旅行です。そのため、時として旅費が足りないという事態に陥ることもあるのではないでしょうか。

では、旅費が足りなくなったらどうすればいいのでしょうか。カップル旅行へ行くための旅費が足りない場合におすすめの対処方法を紹介したいと思います。

旅行プランの見直しをする

旅行に必要な費用は、宿泊費・交通費・観光代・食事代・お土産代などが挙げられます。旅費が足りない場合は、この中のどれかの予算を削るといいでしょう。

例えば、宿泊先のランクを下げる、移動方法を変える、観光する場所を減らす、安くて美味しい店を探す、お土産を買わないなど、旅行プランの見直しをすることをおすすめします。

当初予定していた旅行プランではなくなりますが、旅行自体には行けますし、工夫次第で十分楽しめるので、旅費が足りない時はまずプランを見直すことをおすすめします。

トラベルローンを利用する

あまり旅行をしない人には聞き慣れないかもしれませんが、旅行に関する費用専用のローンがあります。ローン商品によって金利や融資額、条件は異なりますが、金利は約5%~13%、融資額は旅行代金の範囲内や、中には最大100万や500万といった金額を借り入れることが可能な商品もあります。

学生や未成年者以外は保証人や担保が不要なので気軽に利用することができます。但し、必要書類を用意する手間が掛かる点は要注意です。
後から分割で支払うことができるので、クレジットカードがない方や、クレジットカードの限度額が気になる方におすすめです。

カードローンを利用する

トラベルローンの場合、若干審査が厳しく借入が出来ない可能性や、必要書類を用意しなくてはいけないので手間が掛かるといったデメリットがあります。

しかし、カードローンであれば、トラベルローンに比べると審査も厳しくなく、即日融資や土日の借入も可能など、スピーディーに足りない分の旅行費用を借りることができます。30日間無利息のカードローンもあるので、近日中に収入の予定がある方なら無利息で借入することも可能です。

カップル旅行に行くための旅費が足りない場合にイマイチな対処方法

カップル旅行へ行くための旅費が足りない場合の対処方法はいろいろありますが、中にはやめておいた方がいいイマイチな対処方法もあります。

では、どのような対処方法がイマイチなのでしょうか。カップル旅行へ行くための旅費が足りない場合にイマイチな対処方法を紹介します。

ドタキャンする

旅行直前になって旅費が足りなくなった場合、直前になって旅行を取りやめるドタキャンをするのはやめましょう。宿泊先によってはキャンセルポリシーが定められており、当日や連絡なしでキャンセルすると宿泊費の100%、他にも前日、3日前、1週間前といった具合に一定のキャンセル料が請求されるので要注意です。

また、恋人に直前になってドタキャンを申し出るのも避けましょう。ドタキャンによって関係がぎくしゃくする可能性もあります。ドタキャンをするぐらいなら、旅費が足りなさそうな時点で恋人に相談した方がいいでしょう。

恋人に払ってもらう

ワリカンや旅費の負担割合を事前に決めた上で旅行をする予定だったカップルは、旅費が足りないからと言って、恋人に足りない分を払ってもらうのは避けた方がいいでしょう。

払う側は、いきなり2人分の旅費となると負担が大きいですし、付き合って間もないカップルは、まだまだ信頼関係が築けていないにも関わらず、このような金銭的問題が発生するのはお金にルーズな印象を与えてしまいがちなので特に注意が必要です。

総括

今回、恋人とのカップル旅行費用の相場と旅費がきつくて足りない場合の対処方法について紹介しましたが、カップル旅行費用の相場に関しては、カップルによって収入や旅行に対する価値観が違うので、相場はあくまでも参考として目安にして頂ければと思います。

ただ、収入が少ない学生や20代では、できるだけリーズナブルでお得なプランを選択し、歳を重ねるごとに旅行費用の相場が上がる傾向にあります。そして、どの年代であっても、旅費がきつくて足りない状況に陥る可能性があります。

旅行はお金が足りないからといって急にキャンセルする訳にはいかないものです。なぜなら、キャンセル料が発生し、結局はお金を負担しなければいけなかったり、何よりも楽しみにしていた恋人がショックを受けたり、関係が悪化する危険性があるからです。

できるだけ旅行ができるような対処方法で乗り切り、恋人との楽しい旅行の思い出を作れるように努力することが大切です。そのためには、旅行プランを見直し旅費の負担を軽減するか、トラベルローンやカードローンで費用を調達することをおすすめします。

ドタキャンをしたり相手に足りない分の旅費を負担させたりすることだけは避け、恋人とのカップル旅行を楽しんでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>