旅行でおすすめのお金の使い方を72人に聞きました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
旅行している女性

旅行でのお金の使い方あなたはどのようにしてますか?

仕事の休日を利用しての旅行、子供たちの夏休みの旅行や海外へハワイとなったらやっぱり贅沢したいですよね。

でも計画的にお金を使わないと「足りない・・・」ってことになります。せっかくの旅行なのにケチケチしていては楽しくない。

こんな事にお金を使ったら楽しく思い出に残る旅行になるのでは?ということを聞いてみました。

旅行でオススメのお金の使い道を72人にアンケートしました。旅行へ行ったときの参考にどうぞ。

旅行でオススメのお金の使い方アンケート結果

モノより想い出
旅先でのお金の使い方ですが、何かを購入するよりかは、何かを体験する為にお金を使うことをお勧めします。「モノより想い出」というCMのキャッチーフレーズがありましたが、まさにその通りだと思います。
もちろん、体験した事を忘れないための記念品ならば購入しても、あとで思い出す時に役立ちますので、そう言うモノもお勧めです。
おいしいものを食べる
旅行といえば、いつもその場所は何がおいしいかを必ずネットや本で事細かに調べます。
おいしいものを食べることは私自身心のゆとりにつながりますので少々高くてもその地域でおススメされているおいしいものが食べたいです。
その土地特有の物に出資しよう
旅行先での賢い使い方というのは、その土地の郷土料理やその土地特有の工芸品などを買ったりすることにあると思います。
工芸品などを買うと言っても日常で使える物が好ましいです。
またお土産にするなら物よりも食べ物の方がいいと思います。
物だと邪魔になる人がいるかもしれませんが食べ物だと食べてなくなる物でしたのでそこらへんも考慮するとこのようにその土地特有の物にお金を出資するのが賢い使い方だと思います。
気持ちの良い旅行がしたい!
旅行計画をして貯めてきたお金を価値あるものにする為に、思い出深いものに
する為に、その土地の名物の料理を食べたり、見たり、色々体験をすることによって、価値のあるお金の使い方ができると思います。行ってよかったと思えた時、旅の思い出が心を豊かにしてくれます。
旅行の醍醐味だから
旅行の時はケチらないことです。後になってやっぱりあれを食べておけばよかったと思ってもまた行くのは大変です。それと、泊まりでの旅行の時は初日に使いすぎて翌日にお金がないなんてことにならないように、お財布を分けておくと安心です。
旅先での土地柄を満喫してください
せっかくの旅行ですから、いろいろなものを観たり食べたりしてほしいですね。暑いから、寒いから、また雨だからと理由にして、ほとんど観光なしといった話をききますが、旅費もかかっているわけですから、行ったかぎりはできるだけ多くのところをまわってほしいです。またその土地でしか食べられないものもありますから、ぜひ食べてきましょう。お土産やさんで買い物もよいのですが地元のスーパーへ寄ってみるのもおすすめです。最近は道の駅もあちこちにできていて、おもしろいものがみつかると思います。
非日常ではケチらない!
旅行は非日常、ハレの日とも言えます。
こんな時には、ケチるのは野暮と言えましょう。せっかくの美味しい名物があるのに、車の中でコンビニのお握りなんて悲し過ぎます。
その土地のものを、高級でなくても良いので、しっかり味わたいものです。
そして、仏閣や庭園、美術館なども、入場料をケチらず、ちゃんと入って楽しみたいものです。
地元のスーパーに行く
旅行に行った時には必ずと言っていいほど地元のスーパーに行きます。地元にしか売ってないような珍しいお菓子調味料や食べ物などがあって楽しいです。いつも色々と買ってしまいます。気のおけない友人へのお土産にもぴったりだったりします。
旅行でおすすめのお金の使い方
私が思う旅行でおすすめのお金の使いは、オプションのツアーに積極的にお金を払って参加することだと思います。
旅行は次にまた同じ場所に来るかどうか分からないので、美術館などの有料の催し物には積極的に参加して、旅行後に有料の催し物に参加しなかったことを後悔しないようにするほうがいいと思います。
その土地の美味しいものを食べよう
旅行での楽しみは様々ありますが、その中でも旅行先の名物料理や美味しいものを食べるのは格別だと思います。それは、実際に旅行に行って、その出かけた土地で自らが体験して楽しむことの出来ることだからです。実際に旅行先の土地の雰囲気を楽しみつつ、その場に身を置いて名物料理を堪能するためになら、いくらでもお金をかけられます。
節約旅行術
時間さえあれば、旅行へ出かけているのですが、絶対に立ち寄るのが、観光案内所か、道の駅です。
観光案内所か道の駅には、周辺施設の割引券が置いてあり、地図も置いてあるので、
割引券を使い賢く節約しながら、旅行を楽しんでいます。地図を手に入れれば、行きたい場所を
決めて動けるので、時間の節約にもなります。
ご当地でしか味わえないものを食べ尽くす
旅行に行ったらやはりご当地でしか食べられないもの、ご当地ならではのグルメを存分に楽しむことにお金を使うのがオススメだと思います。新鮮な食材や珍しいお料理だけでなく、地元の人が愛用しているお店などで美味しいものを買って食べるのは醍醐味だと思います。
旅先でのお金は惜しまない
目的が何かをはっきり決めて行くことが大事だと思います。
観光なのか、食べ歩きなのか、景色を堪能しに行くのか。
そのうえで、目的に添う支出は、出し惜しみをしないことをお勧めします。
数百円・数千円を惜しんで、後で「入館すればよかった」「食べておけばよかった」なんて後悔しても、それこそ後の祭になっては、旅費自体が勿体ないことになってしまいますから。
旅行に行ったら絶対にお土産を購入すべし!
旅行でお金を使うならやっぱりお土産でしょう。
お土産を買って友人や家族に渡せば好感度アップ間違いなし。私だったらその土地限定のお菓子を買って帰ります。
お土産の購入は旅行の醍醐味でもあるから、絶対にたくさん買うべきだと思ってます。
交通費などは事前に算出しておく
個人で旅行に行った場合意外とバカにならないのが交通費です。おおよその目的地が決まっているのなら事前にチェックしておけば、大幅な交通費削減になりますし、時間の短縮もできて一石二鳥です。また旅行の計画段階から楽しめるので、小学生時代の遠足のようなワクワクした気分になれますよ。
その土地ならではの特産品
旅行にいったら、やっぱりその土地の特産品を食べたり、お土産に買ったり有名な観光地を訪れるのに使うのが、おすすめの使い方です。せっかく旅行なので、泊まるところのグレードは高くなくてよいから、その分楽しかった、その土地のことが思い出に残るような使い方が一番、いつまでも心に残って幸せなお金の使い方だと思います。
安全は予約の段階でしっかり購入することです
国内旅行なら宿や食事、交通手段など自分のこだわりに自由にお金をかけたらいいと思いますが、海外旅行ならぜひとも安全を買いましょう。節約のために治安の悪い地域の安宿に泊まったり、空港からホテルへの移動を行き当たりばったりにしてトラブルに巻き込まれたりしないよう、使うべきお金は使うのが賢い旅行者だと思います。
お土産をたくさん買う事です
今まで旅行に行っても、お金の心配ばかりをしてお土産も安いものばかりを買っていたのです。でもお金があるのなら、絶対にお土産とし高価なものをいっぱい買いたいと思っているのです。そんな贅沢な使い方をしたいと思っています。
大事なのは宿泊先
私は旅行というと観光地を巡るよりホテルでゆっくりする物と考えている。
普段の慌ただしい日常を忘れホテルでゆっくり過ごすというのも悪くない、そうなってくるとやはり大事なのは
ホテルの質という事になってくる。人気のホテルの宿泊料は安い物ではない、だから私が旅行でオススメのお金の使い方はやはり宿泊先にいくらかけれるかどうかであると考えている。
○○体験で歴史を感じよう!
旅行に行ったらオススメなのが、「○○体験」(絵付け体験、陶芸体験等、風鈴製作体験等)。旅の仲間と、歴史を感じながら、心をこめてつくった作品は、きっと旅のいい思い出になりますよ。
美味しいものを食べる
海外旅行の場合、今は円安なので、どこへ行っても、何を買っても高く感じることは間違いなしです。そんな中でのおすすめは何か形になる物を買うより、美味しいものを食べることです。食事であれば、そもそも値段は変動するものなので物価が高くなったと思えばまだあきらめもつきます。なので、円安な今は買い物よりも美味しいものを食べることにお金を使う、もちろん、それには事前のリサーチも必要ですけどね。安くいいお店を探しておいしいものを食べる、これがお勧めです。
旅行でお勧めのお金の使い方
旅行でお勧めのお金の使い方は、旅行先と関連づいている事にお金を使うことです。
例えば、その土地でしか味わえない料理に、お金を出して、楽しむことです。
又、もし文化に興味があるとしたら、積極的に、旅行先にある博物館や美術館に、入って、学びを得るためにお金を使うことがお勧めです。
旅行するときは…
旅行するときのお金の使い方は、
交通費は出来るだけ安く、宿泊費も出来るだけ安く、
観光費に掛けましょう!です。

交通費や宿泊費ですが
安くても良い宿はたくさんありますし、チケットだって金券ショップで買えば安く手に入れることも出来ます。

ですが、そこの地域にしかない
博物館や水族館、タワーなどの観光名所は大体入場料があります。
しかしそれを払うだけの価値は大いにあると思います。
思い出にもなりますし、そこにしかないのですから。

宿や移動時間は準備する場所、思い出を整理する場所ですから
お金を掛ける必要はありません。

私は旅行するときは必ずこの使い方で存分に楽しみます。

オプションツアーで思い出づくり
お土産をたくさん買うのも良いけれど、せっかく旅に出たのならば、通常では行かないオプションを頼みましょう。そこを我慢するより、普段では味わえないようなことを体験しましょう。そうすることがより思い出深い旅になるのだと思います。
その土地でしかできないことをしてみる
旅先ではせっかくなのでその土地でしかできないことをしたいものです。その土地の名物を食べたり、美術館や博物館、名所旧跡など、そこに行くことでしか見ることができないものを見る事も素敵だと思います。あと、リゾート地への旅行であれば、せっかくなので日頃ゆっくりできない分エステなどをしてのんびりゆったり過ごすのも旅の醍醐味だと思います。
旅行先でのお金の使い方
旅行先ではそこでしか買えない特産物を買うのがいいと思います。
高価すぎる物は避けて、お得な商品を見つけるのが大事です。
旅行前にそこではどんな商品が有名なのかを調べておくのもお勧めです。
そうすれば、地元では取り寄せないと手に入らない物が購入しやすくなるからです。
その土地の思い出
旅先に行ったらやはり体験することがいいと思います。ガラス体験や食器作り体験など、いろいろな種類の体験教室があるので行ってみるといいと思います。心と品物と両方の思い出になりますし、子供と一緒なら子供にとっても思い出に残るいい経験になります。
食べ物にはけちらない
私は旅行に行くと、必ずその土地ならではの食べ物を食べます。それがすごくお手軽なB級グルメの場合もあるし、郷土料理の場合もあるし、またかなり高級な魚介類の場合もあります。今では流通の技術が発達し、全国どこにいても様々なものを食べることができる時代ですが、それでもその土地に行かなければ食べることのできないものが多くあります。旅行先では出会った食べ物にはけちらずにお金を使うのがおすすめです。
思い出の品を買うこと
いくら記憶に残っていてもどんどん年数とともにそれは薄れていきます。それを防いでくれるのが、物の存在だと私は考えています。そのため旅行に行った際にお金を使うポイントは旅行先でなんでも良いので気に入ったものを購入して思い出の品にするということが大切だと思っています。
旅行のお土産はやっぱり食べ物
旅行にいってお土産をあなたがもらうとしたら、他人の趣味の洋服や置物と、現地の食料物産とどちらがいいですか?と聞いたら殆どの人が食べ物を選ぶと思います。食でつるでは無いですが、きっと喜んで貰えるとおもいます。
二度とそこには訪れないかもという理由でお金をここに使います
旅行に行った時におすすめのお金の使い方としては、私はまずそこでしか買えなさそうなおみやげ類にお金を使います。
相手に上げる物以外にも自分用にもです。
もしかしたら二度と訪れない地かも知れませんし、写真とともに自宅に帰っても良い思い出となるからです。
美味しいものにはお金を使う
私は、旅行先の美味しい食事には、お金を惜しまず使わないようにしています。もしかしたらもう2度と来ない土地かもしれないので、そこでお金を惜しむのはもったいない気がするからです。写真を撮って、その思い出を忘れないようにしています。
名産品などの購入にお金を使います
旅行に行った時に親戚などのプレゼントとして、行った先の名産品などを購入するためにお金を使ったり、子供のために玩具などを買ってあげる事です。
親戚などにプレゼントするために名産品を買ってあげると、長期的に見れば親戚などとの輪が広がって、多くの人から付加価値のある人間であると思うようになるからです。
移動手段にお金をかけましょう
旅行で一番いいお金の使い方は移動手段に使う事、です。
電車だって在来線より新幹線・飛行機の方が目的地まで早く到着するので時間を有効に使えます。
電車もバスもない観光地なら迷わず観光タクシーを使った方が効率よく観光地をまわる事が出来るのです。
旅先で出会ったステキなものは、迷わず購入します
普段は衝動買いをしないよう心がけている私ですが、旅先だけでは、あまり我慢しないようにしています。滅多に来られない場所で気に入ったステキなものに出会えた時は、運命の出会いだと思ってその気持ちを大切にしたいのです。なぜなら以前、旅先で購入を躊躇して帰宅後に後悔したことがあるからです。
食べ物の勧め
旅行へ行ってのお金の使い方でお勧めなのがその土地の物を食べる事だと思います。
宿泊する宿でもその土地の美味しい物が食べられると思いますが、地元の人が美味しいというお店に入り食べておくと、旅行の良い思い出として記憶に残るのでこれが一番ではないでしょうか。
ヨーロッパ旅行でおすすめのお金の使い方
ヨーロッパは基本的に陸続きで、日本人が観光で訪れてみたい国やスポットも目白押しだと思います。そのための主な移動手段は鉄道でしょう。しかし、移動のたびに乗車券を購入するのでは、費用や手間の点で得策とは言えません。そこでおすすめなお金の使い方は、ユーレイルパスという、ヨーロッパのほとんどの国で利用できる乗り放題の鉄道パスを購入することです。有効期間中はパスが有効な国の国鉄や一部私鉄で利用できて、好きな場所へ費用を気にせず行けて、途中下車も自由にできるので、ヨーロッパ旅行を満喫できました。
宿泊場所と食事にお金をかけて
旅行には癒しを求めたいので、宿泊する場所と食べ物にはたくさんのお金を使うと良いと思います。高いホテルはサービスも良く、くつろぎやすいです。もちろん、食事もおいしいでしょう。旅行中の食事も全体的にお金をかけて、普段は食べられないようなもの食べてリフレッシュしましょう。
意外なモノ
旅行に行くといろいろ散財しがちです。自分はおみやげに多くつかってしまうのですが、お菓子類ばかりになってしまいますが、残らないものです。
昔旅行で買った絵はがき等はつまらないモノと思いがちですが、後になってみると思い出が蘇ってくるのでお金のつかいかたとして良いと思うのです。
旅先で使うお金の価値
旅行に行ったら、その時、その場所でしか出来ない事にお金を
使いたいです。旅行先でしか食べれない美味しい食事や歴史に
触れる観光には惜しみなくお金を使うことは生涯の自己投資に
なると思います。お土産もその場所でなくては買えない物に
価値があると思います。
移動手段にはお金を使います
どこへ出掛けても、短い滞在時間を有効に過ごす為には、移動手段が大切だと考えています。
まず、出掛ける町の情報を沢山得ることで、レンタカーが必要なのか、公共手段がどの程度使えるのか、1日乗車券などの観光客でも利用できるお得なチケットがあるのかなどを知り、予算をたてます。
一旦は出て行くお金が多いと感じても、時間の有効利用や、効率を考えれば、最終的には満足な旅行になります。
美味しいB級グルメ
旅行にいったらその土地の名物料理を食べることにお金を使うのがベストです。あまりに値段が高いものであるなら無理かもしれませんが、安くて美味しいご当地B級グルメがたくさんありますので、それらにお金を使います。
旅行に行くときのおすすめお金の使い方
旅行に行くときは、何といってもグルメにお金をかけることをおすすめします。
優雅なリゾートホテル、テーマパーク、ディナーエンターテイメント、リラクゼーションなど、旅先では、魅力が色々と溢れていることでしょう。
しかし、せっかく日常を忘れてリフレッシュのために旅行に来ているのですから、多少お金がかかっても、その地の特産物となるおいしい料理を食べることをぜひ、おすすめします。旅先でのリフレッシュとおいしい料理は、自分への最高の御褒美となることでしょう。
旅の思い出はプレイスレス
やっぱり「これを見るため」「これを食べるため」にここに来たんだ。と思えるようなものにお金を使うことがせっかく旅でのよいお金の使い方だと思います。普段では贅沢だなと思えるようなことでもその経験が一生ものの思い出となって自分のものになってくれるようなものにお金を使いたいものです。
割引券やお得なサービスを利用すること
バスに乗るとき、お得な一日乗車券を買うこと。
あと、ホテルに置いてある入館料の割引券をもらい使用すること。
こういうサービスを利用して、お得に賢く旅行をする。
お得な情報を把握しておくことで、安く旅行ができ、出費が抑えられる。
出発前にリストを作ると良いです
旅行先では、目新しいもの、旅先ならではの「お土産」「郷土料理」「観光地」に気持ちが大きくなってしまいがちです。
ついつい衝動買いしてしまう事もあるでしょうが、やはりここは無駄使いを抑える為に、出発前に何を購入するか、行きたいお店、観光地のリストを作るのが良いかと思います。
自分の物を買う
旅行に行くと、お土産ばかりを買ってしまうので、自分が欲しいと思うものをまず購入します。
自分の洋服だったり、小物を買って満足したら、次は、お土産を購入します。
そうしないと、お金がなくなって、自分の欲しい物を諦めたりしてしまうからです。
まずは自分が楽しむようにしています。
現地でしか体験できないことにお金を使う
情報がネットでこれだけ集められるので、旅行ならではでしか体験できないことにお金を使うのは有意義だと思います。伝統工芸の体験だとか、現地ツアーだとか、現地の美術館や資料館などを実際に本物を目の前にしてみるなどなかなかできない貴重な体験にこそお金を使うのがいいと思います。
旅行と言えば食事
せっかくの旅行ですから食事にお金をかけて使うのがおすすめではないでしょうか。
その地のおいしいものを食べるのがいいですね。
ガイドマップ片手に有名店に行くが無難ですが、
無計画で突然入った店に行くのもおもしろいですね。
まずくてもそれはそれで思い出に残りますのでお金を損した気分にはなりません。
なんといっても食事!
旅行で惜しくないお金の使い方といったら、やっぱり食事ですね!旅先の名産品、名酒、名物料理を名店で味わう…これ以上の贅沢はありません。その季節、その場所だからこそ食べることが出来る新鮮なお料理は、お土産には出来ませんが記憶にはいつまでも残りますよ♪
旅行でのイイお金の使い方
やっぱり旅行と言ったらホテル・旅館の宿泊施設と食事にはバシッとお金を使った方が良いと思います。
普段の生活から解放されて旅行に行くんだから、安いホテルで嫌な思いをしたり、美味しくない食事でテンションを下げたくないですからね。
良い思い出を作るためにも大事なことだと思います!
旅行でおすすめのお金の使い方は品物に貪欲になること
遠くに行くと様々な欲しい商品に出会うことになります。中には無駄遣いすることもありますが基本的には買えるだけ家に持って帰るのがお勧めです。何故なら旅行をする機会が本当に貴重だと思えるからです。旅行のためにお金を貯めてそこで一気に使うと珍しい品物が買えて良いです。
経験にお金を使うのがオススメです
旅行ではおみやげにお金をかけるよりも、その土地でしかできない経験にお金をかけるのがおすすめです。それはレジャーであったり、ご当地のテーマパークであったり、遊覧船であったり、あるいはご当地のグルメであったりなど様々ですが、いずれにしても形として残るというよりは思い出として残るものを優先するのが良いと思います。
計画性のある旅行のススメ
旅行に出掛ける際、誰でも「ここへ行きたい」という観光スポットがあらかじめ数か所はありますよね。
事前に行くところが決まっているのなら、その場所についてよくリサーチしておくことです。チケットを安く手に入れられる情報を手に出来たり、二か所の観光スポットをお得にまわれたりもします。
計画的に旅行の準備を進めて、お財布に優しい旅にしたいものですね。
旅先での上手なお金の使い方
旅先でブランド物を買いあさったりするようなお金の使い方は感心出来ません。やはり旅先では、その土地でしか味わえないような美味しい料理楽しんだり、その街の歴史を学べるような観光地を訪れたりするためにオプショナルツアーに参加することにお金を使うのがベストでしょう。
泊まった先でのチップ
旅行でのおすすめのお金の使い方として、泊まった先での従業員やボーイ、女将さんなどにチップを与える事があります。
チップは出る時ではなく、入る時に渡すのがポイントです。
日本ではあまり見られない光景ではありますが、入る時にチップを渡す事によってよりよいサービスを受けたり、従業員の方々に覚えて頂けるので断然サービスがよくなります。
旅行での節約は泊まるとこを温泉施設にする
旅行に行くなら健康ランドとかできるなら温泉施設にすると、リフレッシュできるし眠れるしビジネスホテルより安く泊まれるのでかなり有効です。

旅館とか平均5000でも温泉施設の深夜料金混みで大江戸温泉なら三千円なのでだいぶ節約になります。

高いキャリーバッグにする
旅行では、まずキャリーバッグの価格のうち、安いのは卒業することです。安いキャリーバッグを持っていたら、それだけの旅行にしかならないような気がします。中に入れるものも、安い持ち物よりは、高い持ち物のほうがおすすめです。
大胆に使ってみよう!
旅行先でのオススメのお金の使いかたは、大胆にお金を使うということです。
普段の生活では節約していたとしても、せっかく旅行に来たのであれば、そこでの時間を満喫するために思い切って使ってみるといいと思います。
普段できないことをやってみることで、旅行での忘れられない思い出にもなるとおもいます。
旅行気分をお持ち帰り!
旅行でおすすめのお金の使い方、ズバリお土産購入に注ぎ込むことです。
お土産は旅行に行った証です。もちろん思い出も要りますが、物として持ち帰ることで帰った後でも旅行気分に浸ることが出来ます。あなたにお土産をもらった人は、普段食べれない物や買えないものを手に出来て幸せな気持ちになれます。
お土産はあなたが旅行で味わった気分を他の人にもに分けてあげられる、魔法のアイテムなのです!
ハワイ旅行をより良い思い出にするには!?
ハワイ・オアフ島へ15回渡航しています。
毎回良い思い出ですが、振り返ると眺望が素晴らしい部屋に宿泊をした時がより良い思い出になっています。
今は円安でショッピングには向かない時期なので、眺望が素晴らしい部屋を予約されるのをお薦めします。
何もビーチだけではありませんよ。
ハイアットリージェンシーの高層階マウントビューは夜街の明かりが幻想的で、朝は強い日射しにさらされないので、ラナイ(ベランダ)で朝食がゆったり取れます。
旅先ならではの使い道を
観光スポット等で行っている体験イベントに参加すると、思い出が増えるし良い人生経験にもなる。追加料金が発生するイベント等も同じく参加すると良い。見て回るのも旅行の楽しみだけど、実際に体験をして異国の地を肌で感じるのも旅行の醍醐味だから。
いい意味で狂う金銭感覚
旅行などの際には金銭感覚が狂うことが多いです。やはり美味しいものを食べるのにお金を使うことは惜しむべきではないと思います。一期一会の出会いかもしれませんし、それは立派な投資です。経済の周りを良くする意味でも旅行の際は食事にケチをつけることは勿体ないと感じます。
観光にお金を使う
旅行でオススメのお金の使い方は、観光にお金をかけることです。観光旅行に行くことがほとんどのはずなので、お土産にお金をかけるなんてことは考えないでほしいのです。

もっと自分が楽しむために、そこにお金を使ってほしいと思うのです。

ちょっと贅沢な食べ歩き
旅行でオススメのお金の使い方といえばやっぱり美味しいものを食べることです。地産地消、旬菜旬消などとよく言いますが、地域の物を地域で、しかもその旬に食べることは美味しいだけではなく体にとってもとてもいいです。
食べ物はその旬により栄養価が高く、美味しく成長します。そして地域独特の食べ方によってさらに美味しく食べることができます。
人間は食べたもので作られると言っても過言ではありません。ですから、その地域の美味しいものを食べて地域の食べ物のパワーを体に取り込むというのも旅行の醍醐味の一つではないでしょうか
旅行でおすすめのお金の使いかた
人それぞれ思う事はあるのでしょうが、個人的には旅行先での食事です。
今のご時世、地方の名産をどこでも味わう事ができますがやはり現地で食すことに意味があるのでは
ないでしょうか。
旅行の目的にもよるのでしょうが、私の目的は食事です。
見晴らしの良い宿に泊まりましょう
窓からの見晴らしが良いホテルに泊まりましょう。そうした宿はたいてい値が張るものですが、高い宿泊費に相応しい風景というものが、世の中にはたくさんあるものです。スイスでは、マッターホルンが正面に聳える宿に泊まりましたが、数万円の宿代にも納得できる絶景でありました。
現地のグルメ
それはなんと言っても旅行先のグルメです。まず美味しくお腹を満たしてくれます。また、珍しいものを食べた、という旅行中の一つの思い出になります。そしてお店でお金を使うことでその店が儲かり、この先も繁盛して他の旅行者たちにも同じ喜びを与えてくれるからです。
ビジネスホテルでお得に旅行
都市部を旅行する時なんですが、ホテルはビジネスホテルを選ぶとお得に旅行ができます。今はインターネットでレビューがたくさん見れるので、それを参考にホテルを選んでいます。ビジネスホテルでもきれいなところは多いし、朝食が付いているところもあります。ある程度清潔で寝られればいいので、ホテル代を節約する分、観光やお土産ものにお金を使えます。
ホテルと食事がポイントになる
海外旅行においては、いいホテルを選ぶようにすること、そして現地の食事つまりローカルフードを食べるようにするのですが、その点ではケチらないことです。いいホテルに泊まると旅はとても満足するものになりますし、食事が充実していると、気分がよくなりテンションが上がるのです。
旅先でのお金の使い方
行く場所にもよると思いますが、旅館のグレードを高くしたりするよりも、
行く先々での食事を、少し豪勢にしてみるのがいいと思います。
せっかく遠い場所に来たのだったら、今まで食べる機会の少なかった料理を思いっきり食べるのがおすすめです。
物より体験
旅行に行くと、ついお土産にお金を費やしてしまいがちですが、後々までずっと残るのは、そこで自分が何を体験し何を得て何を感じたかだと思います。地の物をいただき、そこでしか出来ない体験をして帰ってくるのが、旅行の醍醐味であり、賢いお金の使い方だと思います。

まとめ

土地ならではの体験や地方でしか食べれない食べ物にお金を使うと良いという意見が大半でした。もちろんお土産も買ったほうが良いと意見も多かったです。

旅行会社を利用していくのであればオプションをつけて地方ならではの体験した方がいいという意見がありました。旅行会社のプランには個人では入れないような場所へ行けたりするメリットもあるので利用してみるのもいいですね。

旅行へ行くと普段接しているものとはまた違うものに触れることができます。その分視野もひろがり色々な事に興味も持てると思います。

さまざまな経験を楽しむことにお金を使ってみてはどうでしょうか。友達や家族と旅行を計画し貯めてきたお金を価値あるものにして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>