国民年金が払えない場合の対処方法

国民年金とは、日本国内に住んでいる20歳~60歳の全ての人が加入する公的保険制度で、老後の生活扶助や障害者になった時の保障や死亡した遺族への保険金として年金が支払われます。

続きを読む

国民健康保険料が払えない場合の対処方法

日本では、会社員やその家族なら「健康保険(健保)」、公務員やその家族なら「共済組合」、自営業や農業・無職の方は「国民健康保険(国保)」といったように、赤ちゃんからお年寄りまで、何かしらの公的医療保険制度に加入しています。加入は国民の義務なので、誰しも健康保険料を支払わなければなりません。

続きを読む

住民税が払えない場合の対処方法

給与天引という方が多い住民税ですが、失業や病気、出産などで退職すると翌年にまとまった金額の納付書が送られてきてその金額にびっくりしたという方も多いはずです。

今回はその住民税を払えなかったときにどうなっていくのか、どうしたらよいのか、をご紹介します。

続きを読む

入院費用が払えない場合の対処方法

健康に生活を送っている人でも、突然入院が必要になることがあります。急に体調を崩してしまうことがないとは言い切れませんし、突然交通事故に見舞われる事もあるかも知れません。

そんな時、もしも入院費などの病院代が払えないとしたらどうなるのでしょうか?

急な体調不良や事故によって入院が必要になった場合、とてもお金のことを考える余裕はないでしょう。それでもちゃんとしておかなければならないお金の問題。

払えなかったらどうなるのか、何かあった時のために知っておきましょう。

続きを読む

大学入学後に学費が払えない場合の対処方法

高校卒業後に大学に行く進学率は50%以上、半数以上の人が大学に進学していて、今では大学に進学することが当たり前のようになっています。

しかし大学や専門学校に行くとなると、気になるのが学費です。子供の教育費は、入学金や授業料だけではなく塾や教材費用など、長期にわたり家庭の大きな負担となります。

国公立、私立や学部によって必要となる学費に差はありますが、私立大学に進学した場合の教育費はとても高額になります。

例えば、私立の文系の場合の学費は入学金を含めて4年間で450万円程度かかり、単純計算すると毎年100万円以上の学費が必要となります。

決して安いとは言えない学費。在学中にもし学費が払えなくなってしまったときはどうすればいいのでしょうか。解決策や注意しなければいけないポイントと共にみていきましょう。

続きを読む

不倫で離婚したときの慰謝料が払えない場合の対処方法

一度は人生を共に添い遂げようと固く誓い合った二人ですが、どこかで糸を掛け違いすれ違ってしまうという事はありがちな話です。

だからといって不倫をする事は、結婚制度(一夫一婦制)から逸脱した行為とみなされ、法の上で違法とされます。

そして、その結果次第では、「慰謝料」の請求や「別居」「離婚」「家庭崩壊」「親権争い」等の様々なリスクを背負う事になります。

そもそも、慰謝料というのは、「浮気していた夫(妻)とその交際相手から受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金」ですから、一般的には当然の代償ですが何らかの事情で不貞を侵した当事者の生活が困窮し「なかなか慰謝料が払えない!」ということもあるでしょう。

そこで、今回は、不倫で離婚したときに慰謝料が払えない場合の対処方法についてご紹介します。

まずは、不倫によってかかるおそれのある費用を知っておく必要があります。

続きを読む

離婚後の養育費が払えない場合の対処方法

夫婦が離婚した後に子供のために支払う養育費。養育費については、当事者同士でまとまればいいのですが、揉めてしまう事も。

離婚調停申し立ての場合は話し合いにより、協議離婚の場合は養育費調停により、それでも決まらない場合は審判や判決で養育費の額が決定します。

支払うつもりがあっても、子供が20歳になるまで延々と続くため、時にはお金が足りずに支払えないこともありますよね。ここでは、養育費が支払えなくなった場合にどうしたら良いのかについてまとめました。

続きを読む

固定資産税が払えない場合の対処方法

固定資産税は、所有する土地や家屋に対してかかる税金で、毎年1月1日を基準日としてその所有者に課税される地方税です。固定資産税の支払いはほとんどの市町村で年間4期に分けられており、具体的な期日は市町村によって異なります。納め方は、1期ごとに納めても良いですし、1年分をまとめて支払っても良いところがほとんどです。では、万が一その固定資産税を延滞するとどうなるのか、具体的に見ていきましょう。

続きを読む

消費税が払えない場合の対処方法

個人事業主や企業(以下「企業等」と記載します)が支払う税金の中には私たちが支払っている「消費税」があります。私たちが企業等に対して支払った消費税は、その企業等が私たちに代わって国に納めています。
消費税を納めなくても良い非課税事業者を除き、消費税を受け取っているすべての企業等が消費税を支払わなければならないということになっています。この消費税の滞納について、順に見ていきましょう。

続きを読む