区民税・市県民税が払えない場合の対処方法

区民税・市県民税とは、居住する市町村や、不動産のある市町村に納める税金で、住民税ともいわれます。ほとんどの場合、サラリーマンであれば給与から直接納付される特別徴収、それ以外の方は銀行などで直接市町村へ納める普通徴収で納付をしています。

続きを読む

クレジットカードで使ったお金が払えない場合の対処方法

クレジットカードは、手元のお金がなくても決済が出来る便利なカードです。最近ではいろんなお店のポイントカードや会員カードがクレジットカードになっていることもあり、何枚もクレジットカードを持っているという方も多くなりました。しかし、この便利さの一方で、無計画に使ってしまう、ネットショッピングでお金を使っている実感がない、といったことから使いすぎに陥り、支払が出来ないケースも増えています。
そこで、ここではクレジットカードの支払いが出来なかった場合のことについて詳しく見ていきます。

続きを読む

奨学金が払えない場合の対処方法

近年多くの学生が利用している奨学金。日本学生支援機構によると、平成27年度ではおよそ2.6人に一人の学生が奨学金制度を利用しているとされています。奨学金を利用することで、金銭面で進学が難しい方も、希望する大学へ進学することが出来、自分に必要な知識を習得することが出来るので、学生やそのご家族にとっては大切な制度でもあります。しかし一方で、この奨学金の返済についてトラブルが多く発生していることも事実で、最悪の場合本人や家族の自己破産などにもつながっています。
ここでは日本学生支援機構の奨学金を中心に、返済が難しい場合の対処法など、具体的に見ていきたいと思います。

続きを読む

住宅ローンが払えない場合の対処方法

住宅ローンが払いきれない!どうしよう!となってしまっても悩まないでください。実は対処方法はたくさんあるのです。

こちらでは住宅ローン返済がままならなくなった方たちへの解決方法についていくつかの視点からアドバイスをしていっています。

続きを読む

引越し費用が足りない場合の対処方法

新天地での生活に胸を高鳴らせているのも束の間、引越し費用が足りずに引越しができそうにない。そんな時は一体どうしたらいいのでしょうか。

また、引越し費用が足りないという事態に陥らない為にはどんな点に注意すればいいのでしょうか。

引越し費用が足りない場合の対処法について色々とまとめてみました

続きを読む

家賃が払えない場合の対処方法

人が生活して行く為には、ある程度のまとまった生活費が必要です。なぜなら生きて行く為にはいろいろな費用がかかるからです。

ではどの様な費用があるのかというと「家賃」「食費」「日用品費」「水道光熱費」「通信費」「医療費」「教育費」「交通費」「被服費(履物)」「娯楽費」「ローン代」「雑費」等が一般的にあげられます。

この中で毎月ほぼ一定の金額が決まってかかる費用を「固定費」、毎月決まってはいないが使用した時に使用した分だけかかってくる費用を「変動費」と呼んでいます。

両者のうちの「固定費」にあげられる費用には、上記の中の「家賃」「水道光熱費」「通信費」「教育費(※塾代や習い物等固定したもの)」「ローン代」等が含まれます。

これらの固定費として挙げられる費用には、金額が多少変動するものと、毎月固定した金額がかかるものとがありますが、どちらも毎月一定額以上の金額が決まってかかる費用です。

このように固定費というのはほぼ必ず発生する項目である為、これらを支払う為には毎月これ以上の収益(収入)が必要となるわけです。

では毎月入っていた収入が突然入らなくなったとしたら、もしくは費用である支出の割合があまりに多くなったとしたらどうなるでしょうか?

変動費に関して言えば努力次第で金額を減らしたり、使わないようにする事は可能ですが、固定費に関してはそういうわけにはいきません。

特に「家賃」は貸主と契約を結んでいるものである為、支払いが出来なくなるという事は様々な問題が発生すると考えられます。

続きを読む