パート・アルバイトがお金を借りる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

それなりの収入がある正社員しか、金融機関からお金を借りることができないと思っている人もいるかもしれませんが、実はパートやアルバイトでも金融機関からお金を借りる方法があります。

では、パート・アルバイトはどのようにしてお金を借りればいいのでしょうか。

パート・アルバイトがお金を借りる方法について紹介します。

パート・アルバイトがお金を借りる方法

パート・アルバイトであっても、安定した収入があればお金を借りることは可能です。

では、どうやってパート・アルバイトはお金を借りればいいのでしょうか。

パート・アルバイトでもお金を借りることができる金融機関や金融商品

パート・アルバイトがお金を借りる方法を紹介する前に、パート・アルバイトがお金を借りることができる金融機関や金融商品を紹介します。

消費者金融

消費者金融は、個人を対象とした小口融資を実施している業者で、ローン契約機の設置やローンサービスの提供に特化している特徴があります。

安定収入があれば、パート・アルバイトでも消費者金融でお金を借りることができます。

アコムやアイフルなど、大手消費者金融が有名です。

銀行カードローン

銀行カードローンは、都市銀行や地方銀行、ネット銀行といった銀行が発行しているカードローンです。

総量規制対象外という特徴があるため、銀行独自の審査基準が設けられており、消費者金融より審査が厳しい傾向にあります。

安定した収入があれば、パート・アルバイトでも借入可能です。

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードの多くは、「ショッピング利用枠」と「キャッシング利用枠」があります。

キャッシング機能があるクレジットカードなら、キャッシング利用枠内の現金を借りることができます。

パート・アルバイトのクレジットカードの審査は、収入の多さよりも勤続年数が重視される傾向があるようです。

勤続年数が長いパート・アルバイトなら、クレジットカードを作ることが可能です。

学生ローン

学生ローンとは、学生向けの融資を行う消費者金融の金融商品です。

継続的な安定収入がある学生アルバイトなら、学生ローンを利用することができます。

学生向けなので審査は比較的ゆるいです。

お金を借りる方法

上記で紹介した金融機関や金融商品は申し込みが必要です。

では、どのような申込方法があるのでしょうか。

ネット申し込み

パソコンやスマホから申し込む方法です。

WEB完結で申し込みができる金融機関もあり、審査スピードも速いので利便性が高く、急ぎの方におすすめです。

身分証は画像をアップロードするので郵送の手間も省けます。

自動契約機

金融機関の自動契約機で申し込みます。

その場で審査や融資が可能な場合もあり、カードも受け取ることができます。

タッチパネルで必要事項を入力したり、身分証をスキャンしたり、自動契約機で全ての手続きが完了します。

郵送

申込書を入手し、必要事項を記入したら郵送します。

その後審査が行われ、カードを郵送で受け取ります。

郵送でのやり取りになるので、お金を借りるまでに時間がかかるデメリットがあります。

来店

金融機関の店頭窓口で申し込む方法です。

必要書類を持参して店頭に行かなくてはいけませんが、店頭窓口で申し込みをする場合、即日融資が可能になるケースがあるので、手間を惜しんでもスピード重視の方におすすめです。

電話

各金融機関の申込窓口に電話をして申し込みます。

担当者と相談しながら申し込みができたり、急ぎの時に事情を説明できたりと、きめ細かなサービスを受けられるメリットがある一方で、電話申し込みを受け付けていない金融機関や金融商品もあるので注意してください。

このように、パート・アルバイトは利用できる金融機関や金融商品も多く、申し込み方法も多岐に亘っています。

安定した収入や勤続年数が長い人であれば、パート・アルバイトでもお金を借りる選択肢はたくさんあります。

パート・アルバイトが派遣会社や派遣先へバレずにお金を借りるにはどうすればいい?

決して悪いことをしているわけではないのですが、お金を借りることが登録している派遣会社や派遣先にバレるのが嫌な人も多いと思います。

では、パート・アルバイトが派遣会社や派遣先へバレずにお金を借りるにはどうすればいいのか、ポイントを紹介したいと思います。

在籍確認の電話は担当者名でかけてもらう

お金を借りる時に必須なのが、在籍確認です。

在籍確認は基本的に、パート・アルバイトが勤務している職場、または派遣登録している派遣会社宛に電話で行われます。

ただ、金融機関名を名乗ることはなく、個人名で在籍確認の電話が入るので、そうそうお金を借りることがバレるわけではありません。

それでも心配な人は、事前に在籍確認の電話は担当者名でかけて欲しいことをお願いしておきましょう。

電話での在籍確認がない金融機関を選ぶ

電話での在籍確認でお金を借りていることがバレることは殆どありませんが、心配な人は電話での在籍確認がない金融機関を選ぶといいでしょう。

注意したいのが、電話での在籍確認がないだけで、在籍確認は行われることです。

電話以外の在籍確認は、必要書類を提出することで行われます。

必要書類は以下の通りです。

  • 社会健康保険証
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 社員証

これらの書類の提出が求められます。

これらの書類は、職場に在籍しているかどうかが分かる書類なので、書類だけで在籍確認が可能となっています。

書類提出なら、派遣会社にも派遣先にもお金を借りることは、まずバレないでしょう。

この他にも、銀行カードローンの場合は、自行口座を振込口座として指定することで、在籍確認を省略しているところもあります。

滞納しない

無事、派遣会社や派遣先にバレずにお金が借りられたとしても、滞納をしてしまうと派遣会社や派遣先などに督促の電話がかかってきます。

お金を借りていることがバレたくない人は、絶対に滞納しないように注意してください。

パート・アルバイトがお金を借りるメリット

パート・アルバイトでもお金を借りられることが分かりましたが、パート・アルバイトがお金を借りるメリットとは何なのでしょうか。

まとまったお金を用意できる

パート・アルバイトだとなかなかお金が貯まらず、まとまったお金が必要になった時に用意することができません。

しかし、お金を借りることができると、急にまとまったお金が必要になっても用意することができます。

給料日まで待たずにお金が手に入る

パート・アルバイトの大半は、給料の支給は月1回です。

給料日前などは、お金が足りず窮地に陥る人もいるかと思いますが、お金を借りることができれば、給料日前でもお金を手にすることができ、金欠で困るということがありません。

パート・アルバイトがお金を借りるメリットは、まとまったお金が必要になった時や、給料日前などで金欠になった時、すぐにお金が手元に用意できることです。

お給料が少ないパート・アルバイトならではのメリットです。

パート・アルバイトがお金を借りるデメリット

パート・アルバイトにとって、お金を借りることにはメリットだけでなくデメリットもあります。

では、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

パート・アルバイトがお金を借りるデメリットは以下の通りです。

利息を払わなくてはいけない

金融機関は慈善事業でお金を貸しているわけではないので、お金を借りたら利息を支払う必要があります。

金利については金融機関や借入額によって違いますが、消費者金融であれば18%の金利がかかることもザラなので、利息だけでも結構な負担があります。

借り過ぎてしまう

審査に通ってお金が借りられるようになると、ついついお金を借り過ぎてしまい借入が膨らむというデメリットがあります。

パート・アルバイトは給料もそこまで多くないので、給料に見合った計画的な借入を行わないと、返済に追われることになります。

高額な限度額を設定できない

まとまったお金が必要でお金を借りる場合、パート・アルバイトは最初から高額な限度額を設定することはできません。

消費者金融であれば総量規制が適用され、年収の3分の1の範囲までしか借りることができませんし、総量規制対象外の銀行カードローンは、審査が厳しいのでパート・アルバイトだと高額な限度額を設定することは難しいです。

審査に通った後は、パート・アルバイトであっても上限枠内であれば手軽にお金を借りることができます。

ただ、手軽さゆえ計画的な借入ができなかったり、意外と利息の負担が大きかったりするデメリットがあります。

また、収入によっては思ったよりお金が借りられないといったデメリットもあるので、お金を借りる際は慎重に検討するようにしてください。

パート・アルバイトがお金を借りるのにおすすめの金融機関

パート・アルバイトは収入が少ないため、できるだけ審査が通りやすく、パート・アルバイト先や家族にバレることなくお金が借りられるに越したことはありません。

そこで、審査が通りやすく、職場や家族にバレにくいおすすめの金融機関を紹介したいと思います。

SMBCモビット

金利 実質年率3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
返済日 1ヶ月に1回 5日、15日、25日、末日から選択
返済額 4000円~
返済回数・期間 最長60回・5年 合理的な理由があると認められると最長106回・8年10ヶ月
担保・保証人 不要
利用対象 満年齢20歳~69歳の安定した収入のある方
アルバイト、パート、自営業でも利用可能
貸付方法 ATM、振込
返済方法 ATM、振込、口座振替
申込方法 パソコン、ケータイ、スマホ、郵送、電話、ローン申込機、三井住友銀行内ローン契約機
必要書類 本人確認書類、収入証明書

SMBCモビットは、雇用形態を気にすることなく申し込める消費者金融のカードローンです。

三井住友銀行グループに属しているため、銀行系カードローンと間違われやすいのですが、業態は消費者金融です。

そのため、総量規制の対象です。

SMBCモビットのおすすめポイントは、在籍確認の電話連絡なしで申し込めることです。

但し、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座があり、社会保険証または組合保険証の提出が可能な場合に限ります。

WEB完結申込や即日融資が可能で、簡易審査は10秒という早さで結果を知ることができます。

職場や家族にバレず、スピーディーにお金が借りたいパート・アルバイトにおすすめのカードローンです。

ただ、安定した収入がなく、他社借入が多いと審査に落ちる可能性が高いので、パート・アルバイトでも必ずお金が借りられるわけではないので注意してください。

アコム

金利 実質年率3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
返済日 35日ごと、毎月払い
返済額 定率リボルビング方式
30万円以下の場合は借入残高の4.2%以上
返済回数・期間 1回~100回、最終借入日から最長9年7ヶ月
担保・保証人 不要
利用対象 年齢20歳以上69歳以下のご本人に安定した収入がある方
主婦や学生でもパート・アルバイトによる安定した収入があれば利用可能
貸付方法 店頭窓口、アコムATM、提携ATM、インターネット
返済方法 店頭窓口、アコムATM、提携ATM、インターネット、振込、口座振替
申込方法 インターネット、電話、店頭窓口、自動契約機、郵送
必要書類 運転免許証 交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証
借入総額によっては収入証明書

三菱UFJファイナンシャルグループに属する消費者金融のアコムは、利用者数が1千万人を超える、カードローン業界シェアナンバー1のカードローンです。

主婦や学生など関係なく、パート・アルバイトで安定した収入があればお金を借りることができ、毎月5万円の収入でも審査に通る可能性があるので、収入が少ないパート・アルバイトにもおすすめできます。

また、勤続年数にも寛容なので、パート・アルバイトを始めたばかりの人でも安心して申し込むことができます。

初回30日間は無利息なので、短期間だけお金を借りたい人にもおすすめです。

楽天銀行の口座があれば深夜早朝に関係なく融資が受けられるので、急にお金が必要になった方の強い味方でもあります。

女性専用ダイヤルがあるので、女性でも相談しながらお金を借りることができます。

女性のパート・アルバイトの方は、特に安心して利用することができます。

楽天銀行

金利 1.9%~14.5%
限度額 800万円、10万円単位で選択
返済日 約定返済日1日、12日、20日、27日
返済額 2千円~
返済回数・期間 1年毎の自動更新
担保・保証人 楽天カード株式会社または株式会社セディナが保証
利用対象 満年齢20歳以上62歳以下の方 パート・アルバイト、専業主婦は60歳以下
貸付方法 提携CD・ATM、振込
返済方法 指定口座からの自動振替、提携CD・ATM、インターネット
申込方法 インターネット
必要書類 楽天スーパーローン申込書兼保証依頼書 インターネット申し込みの場合は不要、本人確認書類、収入証明書類

楽天市場で有名な楽天が運営する「楽天銀行スーパーローン」は、最近利用者が急増中の銀行系カードローンです。

銀行系カードローンなので、総量規制の対象外で、先に紹介した消費者金融のカードローンに比べると金利が安いのが特徴です。

楽天グループのカードローンなので、楽天ポイントが付与されたり、楽天会員のランクによっては審査が優遇されたりするメリットもあります。

楽天のサービスを利用している方には非常におすすめのカードローンです。

但し、即日融資が難しいのと、インターネットからしか申込ができないので、利用者が限られるデメリットもあります。

パート・アルバイトでも他社からの借入がなければ比較的審査に通りやすく、20代~30代の利用者が多いのも、ネット申込限定の楽天スーパーローンならではなのかもしれません。

楽天スーパーローンは、20代~30代のパート・アルバイトに特におすすめです。

パート・アルバイトがお金を借りるのに危険な借入先

比較的いろんな金融機関からお金を借りることができるパート・アルバイトですが、中にはいろんな事情があって審査が通らない人もいます。

そんな時に気を付けたいのが、危険な借入先です。

では、パート・アルバイトが気を付けなくてはいけない危険な借入先とは、一体どのようなところなのでしょうか。

無登録業者

貸金業法上、お金を貸す事業を行う場合は貸金業登録が必要です。

貸金業登録を行っている金融機関かどうかの確認方法は、金融庁の「登録貸金業者検索サイト」で確認することです。

検索しても確認出来ない場合、悪徳業者の可能性が高いので利用しないようにしてください。

個人間融資

インターネットを通じて、個人間でお金の貸し借りをする個人間融資が最近話題です。

個人間融資は審査がないため、収入の少ないパート・アルバイトでも、簡単に利用することができます。

ただ、個人間融資には闇金や詐欺などのリスクも潜んでいて大変危険です。

個人間でトラブルが生じても、自分で解決するしかなく、基本的におすすめはできません。

ただ、個人間融資といっても、家族や信頼関係の人であれば、トラブルのリスクは低くなります。

闇金

闇金と聞くだけで危険だと思う方が大半だと思いますが、お金に困っている時は、どんな借入先でもいいと興味を抱く人も多いです。

しかし、闇金は何かと理由をつけて元金を返済させないようにして、利息だけを徴収し続けます。

また、返済できなくなると、自宅や職場へ取り立てに来たり、家族や職場の人に危害を加えたりと、恐ろしい取り立てが行われます。

借りるところがなくても、絶対に闇金には手を出さないようにしてください。

ソフト闇金

最近よく耳にするソフト闇金も危険な借入先に1つです。

ソフト闇金は、闇金のような激しい取り立ては行わず、対応も丁寧で相談にも乗ってくれ、大手消費者金融と変わらないサービスを行っています。

そう聞くと安全なのでは?と思いがちなのですが、金利は2~3週間で3割ととても高く、闇金同様できるだけ長期間に亘って利息を回収しようとします。

また、返済が滞ると丁寧だった対応も厳しくなってきます。

ソフトという言葉に騙されないように、ソフト闇金も絶対に利用しないようにしましょう。

パート・アルバイトがお金を借りる時は、届出が行われている金融機関を利用するようにしましょう。

身元が分からない個人間融資や、実態の分からない危険な闇金やソフト闇金には絶対に手を出さないようにしてください。

この調査内容の総括

意外なことに、パート・アルバイトでも消費者金融や銀行カードローンなどが利用できることが分かりました。

パート・アルバイトの審査で重視されるのが、収入よりも勤続年数です。

収入が少なくて借りられるか不安な方も、勤続年数が長ければ審査に通りやすい傾向にあるのでぜひ申し込んでみてください。

ただ、審査には在籍確認がつきもので、職場に電話がかかってきたらお金を借りることがバレるのでは?と不安な人もいると思います。

基本的に、金融機関を名乗って電話をかけてくることはないので、職場の人にバレることはないのですが、心配な人は電話による在籍確認がない金融機関を利用してください。

このように、パート・アルバイトでもお金を借りることができるのですが、金融機関からお金を借りるデメリットもあるので、そこはよく理解しておきましょう。

そして、全てのパート・アルバイトが金融機関からお金を借りられるわけではありません。

だからといって、ネットで募集しているような個人間融資や、闇金、ソフト闇金といった、貸金業登録を行っていない借入先は危険性が非常に高く、トラブルや犯罪に巻き込まれる可能性もあるので絶対に利用しないでください。

お金を借りる際は、今回紹介している金融機関をはじめとした、貸金業登録業者を利用しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク