お金がない!大至急お金が必要なときの対処方法

急に知り合いに不幸があったなど、予想外のお金が必要になった時に“貯金がない、どうしよう”なんてことがあるかもしれません。

そういう時はどうやってお金を用意すればいいのでしょうか?いろいろな対処方法を調べてみました。

目次

質屋や不用品買取ってどうなの?

質屋ってなに?

自分の持っているもの(時計や貴金属など)を「質(担保)」に入れて、お金を借りることです。

契約期間は3ヶ月で、利息分も含めた金額を返済すれば質に入れたものは返ってきますが、返済できなければ質に入れたものは返ってきません(質流れという)。

質流れになった時は、質に入れたものは戻ってきませんが、利息を含めた金額を質に入れたもので返済した代わりになるので借金はなくなります。

質流れにしたくないときは、利息分を支払えば期間の延長をすることができます。

どうやって利用するの?

質に入れるものを持って、直接質屋に行きます。お金を受け取るまでの流れは、
品物の査定→書類の記入と身分証明書の提出→現金と質に入れたものの詳細や返済期限などが書かれた質札の渡しとなります。

来店から現金の受け渡しまでの時間は15分くらいです。

金利は?

質屋は「質屋営業法」によって上限金利が決まっています。月利で約9%、年利にすると109.5%になります。

実際にこの金利を設定している質屋は多くはありませんが、大手の質屋では年利36%~96%の金利を設定しているところが多いです。

不用品買取ってなに?

いわゆるリサイクルショップと言われるお店です。

いらなくなったものを買い取ってもらいます。質屋とは違って出張買取をしてくれる業者もあるので、自分だけでは運びにくい大きなものを買い取ってもらうことも可能です。

買い取りをしている質屋も多く、その場合は買い取りの方が質に入れるよりも2割くらい高く査定してもらえます。

どうやって利用するの?

直接店舗へ行くか、郵送で受け付けている業者もあります。大きなものや大量に品物があるときは出張買取を利用することができます。

出張費がかかる業者とかからない業者がありますが、かからない場合でもガソリン代や人件費はかかっているので、その分査定額から引かれていると考えた方が良いです。

洋服や本など、質屋には出せないものや出しても値がつかないようなものでも、買い取りなら安くても買い取ってもらえるかもしれません。

質屋や買い取りを利用する人の希望額は10万円以下が多いそうです。

思い入れのあるものなら買取ではなく質屋を、あまり使っていないものがあるならば買い取りを利用するのが良いでしょう。

直接店舗へ行けば、その日のうちにお金を受け取ることができますが、査定によって金額が決まるので、必要な金額がもらえるとは限りません。

すぐ現金が稼げる方法は何があるの?

日払いアルバイトで働く

軽作業や警備、引越し作業などの日払いのアルバイトをして稼ぐ方法があります。日払い=肉体労働のイメージがありますが、最近では事務などのオフィスワークでも日払いの仕事があるので、体力に自信がない人でも大丈夫です。

アルバイトの求人サイトで調べれば、日払いの仕事が探せるので自分に合った仕事を見つけることができるでしょう。

1日のお給料は10,000円前後が多く、引越し作業などは10,000円以上もらえます。

クラウドソーシングで働く

自宅で空いた時間にお仕事をして稼ぐことができます。作業が終わればすぐに報酬を支払ってもらえることが多いので、その日のうちにお金を受け取ることも可能です。経験不問のお仕事もたくさんあるので自分が出来るような仕事を選ぶことができます。

もしスキルに自信があるならば、ホームページ制作やデザインの仕事なら10万円前後のお金を稼ぐこともできます。

フリーマーケットアプリで不用品を売り現金化

フリーマーケットアプリで不用品を売ればすぐに現金できます。主にメルカリなどのフリマアプリの場合、自分にとっては不用品で捨てようかと思っていた物を試しに売ってみると意外と売れたりします。

物が売れるとフリマアプリの場合、販売価格の何パーセントかはマージンとしてもっていかれてしまうが、売り上げたお金をすぐ振り込みしたりすることができるため是非お試しいただきたい副業です。

ポイントサイトを利用する

ポイントサイトは指定されたアプリをインストールしたり指定されたサイトの会員登録をすれば、現金に換金できるポイントをもらいコツコツとお金を貯めることができます。

クレジットカードを作ると大量のポイントがもらえるので、カードを作る予定がある人はポイントサイトを利用することをお勧めします。

また、ポイントサイトは複数あるので掛け持ちをすると効率よくお金を貯めていくことも可能です。じっくりと確実に稼ぐタイプの副業なので長期間コツコツやるのが好きな方に向いてます。

自分で仕事をして稼ぐのが一番堅実的だと思いますが、時間が取れない人には難しい方法です。

古本の転売

簡単にお金になる副業と言えば古本の転売です。ネットオークションなどでプレミアが付いている本を絞り込んで、それをブックオフ等の古本を扱っている店に探しに行きます。

物によっては古本屋で108円で売っているようなものが、ネットオークションでは5倍から10倍の値段で取り引きされていることもあります。

特に古書に分類されている物に関しては、古書の価値をよく調べずに買い取るブックオフ等の古本屋では捨値で売られている事もあり、相当の利益になったりします。

消費者金融での借り入れはどうなの?

どうやって借りるの?

主流となっているのがインターネットで申し込みする方法です。必要事項の入力する必要がありますが、難しいことはないので10分程度で終わります。

その後、審査結果が通れば電話かメールで連絡がきて本人確認や在籍確認となります。Web契約ですぐにお金を借りたいのであれば、銀行に振り込んでもらいカードや契約書類は後日郵送になります。

銀行振り込みの際の名義で消費者金融の利用がわかってしまうのを避けたい人は、自動契約機で手続きをすればその場でカードを受け取り、提携しているATMでお金を借りることができます。

必要なものは?

初めての申し込みの場合は、限度額まで借りられることはほとんどなく30万円くらいの融資になるので、本人確認書類だけで大丈夫です。

利用額が50万円以上の時や、他の金融会社からの借入があり、利用額の合計が100万円を超える場合は所得証明書が必要になります。

消費者金融の金利は?

大手の消費者金融ならば、ほとんど金利差はなく4.5%~18.0%くらいです。

モビットは最低金利が3.0%と他の大手の消費者金融よりも低くなっていますが、初めて借りる場合や限度額が低い場合は最低金利が適応されることはほとんどないので、金利を確認する場合は最高金利を見た方が良いです。

また、30日間無利息で融資を受けられる消費者金融もあるので、すぐに返済できる予定があるのなら無利息で借り入れることも可能です。

審査・借り入れまでの時間はどれくらいかかる?

キャッシングを利用する条件は、20歳~69歳以下で安定した収入がある人です。

大手の消費者金融なら、審査時間は最短30分で融資までの時間は最短で1時間くらいです。

Web契約で即日の銀行振り込みを希望している場合は平日14時まで、自動契約機を利用する場合は14時以降でも、土日でも借り入れることが可能です。

銀行での借り入れはどうなの?

どうやって借りるの?

銀行での手続きというと窓口で時間がかかるイメージがありますが、今では来店不要でインターネットで手続きが出来るようになっています。

カードローンを利用する銀行の口座がなくても借り入れが出来る場合もありますが、口座開設が必要な銀行もあり、そうなると借入までに時間がかかるので即日融資したい時は口座が必要かよく確認するようにしましょう。

必要なものは?

消費者金融は利用額が50万円以上の場合は、所得を証明する書類の提出が貸金業法で定められていますが、銀行では300万円までは本人確認書類のみで手続きが出来る銀行が多いです。

それ以上の高額借入時は所得証明書が必要になりますが、限度額まで所得証明書が必要ない銀行もあります。

銀行カードローンの金利は?

銀行カードローンの最大の魅力は、消費者金融よりも金利が低いことです。

平均すると年4.0%~14.5%くらいの金利を設定している銀行が多いですが、みずほ銀行のカードローンの中には年3.5%~7.0%ととても低い金利を設定しているものもあります。

借り入れまでの時間はどれくらいかかる?

最近では銀行の審査もとても速くなり、最短30分から即日融資も可能になっています。

銀行の営業時間外でも、店舗にあるローン契約機やテレビ窓口などを利用すると平日は21時、土日は17時くらいまでは審査が可能です。

クレジットカードでの借り入れはどうなの?

どうやって借りるの?

クレジットカードを持っていれば、銀行やコンビニなどの提携ATMで必要なとき、すぐにお金を借りることができます。

コンビニのATMでも利用できるのは便利ですが、1万円以下の借入の時は100円(税抜)、1万円以上の借入の時は200円(税抜)の手数料がかかります。

ATMでの借り入れの他に、インターネットや電話から申し込むと口座に振り込んでもらえるネットキャッシングという方法もあります。ほとんどのクレジットカードで対応していますが、時間や曜日によっては翌営業日の振り込みなります。

金利は?

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、金利はキャッシングの方が高くなります。

金利は消費者金融と同じくらいの設定で18.0%くらいが多いです。

返済方法は、一括払いとリボ払いのどちらかを選べますが、一括払いでも日割りで金利がかかります。

国からお金を借りることはできるの?

借りる条件は?

国からも、急にお金が必要になった時に「生活福祉資金」というお金を借りることができます。

資金にもいろいろ種類がありますが、緊急でお金が必要になった時には「緊急小口資金」の利用がいいでしょう。

この資金を利用できる大前提として低所得世帯でなければいけません。

その他の利用できる人は一時的にお金が必要で返済できる予定がある人になります。

  • 医療費など急なお金が必要になった時
  • 被災のためにお金が必要になった時
  • 給料の盗難や紛失のためお金が必要になった時
  • 就職や転職したばかりで給料日までの生活費が必要な時

どうやって借りるの?

申込みの窓口は、各市町村の社会福祉協議会です。直接窓口に行かなければいけないところと郵送でも受け付けているところなど、地域によって異なるので、まずは問い合わせてみてください。

必要なものは?

借入申込書、印鑑登録証明書と実印、本人確認書類、健康保険証、住民票の写し、収入証明書、口座振替依頼書などです。

この他にも、医療費の領収書などが必要になる人もいます。

金利は?

緊急小口資金の融資額は、10万円以内となっていますが、金利ゼロの無利子で利用することができます。保証人なども必要なく利用者には優しい貸付になっています。

借り入れまでの時間は?

この公的資金にも申請書類の提出後に審査があります。

公的資金のため審査は慎重に行われるので、融資を受けるまでに最短でも5日~1週間はかかります。即日融資はムリだといえます。

クレジットカードの現金化がおすすめできない理由は?

手元にクレジットカードがあれば審査などなしですぐにお金を手にすることができます。とても便利ですが、クレジットカードでキャッシングするのはあまりいい方法とは言えません。なぜおすすめできないのか調べてみました。

手数料がかかる

手軽にキャッシング出来るのは便利ですが、ATMを利用すると手数料がかかります。上記にも書きましたが、1万円以下の借入の時は100円(税抜)、1万円以上の借入の時は200円(税抜)がかかります。

リボ払いにした時などは、繰り上げ返済ができるカードが多いですが、その際も手数料がかかります。

金利がかかる

金利は消費者金融の最高金利とほぼ一緒の18%くらいです。消費者金融は借り入れる額が大きくなると金利も低くなりますが、クレジットカードは借入額に関係なく金利が決まっています。借入額が大きくなると、その分利息も高くなってしまいます。

また、一括払いにしたとしても金利が日割りでかかります。30日間は無利息で利用できる会社もある消費者金融と比べてしまうと、金利面ではかなりデメリットが大きいです。

限度枠がある

カードローンにも限度額はありますが、クレジットカードの場合は、ショッピング枠の中にキャッシング枠も組み込まれています。

つまり、ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円だった時に、ショッピングで40万円使ってしまっているとキャッシングは10万円しか利用できません。

限度額まで使ってしまうと利用停止になってしまうので、普段ショッピングでカードを使っている人がいざキャッシングをしようとしたときに、限度枠いっぱいということもあるかもしれません。

闇金がおすすめできない理由は?

急にお金が必要になっても、過去に自己破産をした人やブラックリストに載ってしまった人は、消費者金融や銀行からの融資を受けるのが難しいです。

そんな時に、街中に「即融資できます。破産者OK!」という張り紙を見てしまったら、思わず連絡してしまうかもしれません。

しかし、こういった広告のほとんどが闇金と呼ばれるものです。闇金はなぜおすすめできないのでしょうか?理由を調べてみました。

金利が高い

闇金の金利は「トイチ」や「トサン」と言われ、「トイチ」は10日で1割、「トサン」は10日で3割の利息が付きます。金利の設定は闇金ごとや債務者ごとに変わり10日で1~10割のとても高い違法な利息を取られます。

もし5万を「トサン」で借りたとしたら、10日で6万5千円を返済しなければいけなくなります。

返済日までに全額用意できたとしても、何かと理由をつけて返済させてくれないか利息分だけしか受け取らないことが多く、元金が減らないので利息ばかりが増えていきます。

取り立てが厳しい

借りるまではとても丁寧な対応をしてくれますが、返済日を過ぎた途端に態度が変わります。夜中に電話がかかってきたり、自分の職場に取り立ての電話がかかってくるのはもちろんのこと、身内の職場や同じビルに入っている違う会社に電話されるなど、精神的に追い詰められていきます。

最近では、闇金への取り締まりが厳しくなっているため、脅しや嫌がらせなどの取り立てはしないけれど、金利は闇金と同じくらい高い「ソフト闇金」があります。

勝手に融資される

完済できたとしても、その後営業の電話がしつこくかかってきたり、契約しなくても勝手にお金を振り込まれる「押し貸し」をされることがあります。

1回でも闇金を利用してしまうと、闇金のネットワークや名簿を使って、違う闇金から連絡があるなど、闇金から抜け出すことが難しくなってしまいます。

自分だけではなく周辺の人にまで迷惑をかけることになってしまうので、闇金は絶対に利用しない方がいいです。

即日借り入れ可能なカードローンは?

金融機関名 カード名 金利 限度額 借入方法
住信SBIネット銀行 MR.カードローンプレミアムコース 4.5%~17.8% 500万円 口座、窓口、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
三井住友カード ゴールドローンカードレス 3.5%~9.2% 700万円 口座、NET
ゴールドローン 3.5%~9.8% 700万円 口座、NET、ATM(提携、コンビニ)
カードローン 4.0%~14.5% 800万円 ATM(自社、提携、コンビニ)
ソニー銀行 カードローン 2.5%~13.8% 800万円 口座、NET、ATM(提携、コンビニ)
イオン銀行 カードローンBIG 3.8%~13.8% 800万円 NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 4.6%~14.6% 500万円 口座、ATM(自社、提携、コンビニ)
横浜銀行 カードローン 1.9%~14.6% 1,000万円 口座、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
北洋銀行 スーパーアルカ 1.95%~14.7% 1,000万円 口座、ATM(自社、提携、コンビニ)
常陽銀行 キャッシュビット 7.8%~14.8% 500万円 口座、ATM(自社、提携、コンビニ)
じぶん銀行 じぶんローンau限定割 1.9%~12.5% 800万円 口座、NET、ATM(提携、コンビニ)
新生銀行 レイク 4.5%~18.0% 500万円 口座、NET、ATM(提携、コンビニ)
レディースレイク 4.5%~18.0% 500万円 口座、NET、ATM(提携、コンビニ)
プロミス カードローン 4.5%~17.8% 500万円 口座、窓口、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
アコム カードローン 4.7%~18% 500万円 口座、窓口、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
モビット カードローン 3.0%~18% 800万円 口座、窓口、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
アイフル キャッシングローン 4.5%~18.0% 500万円 口座、窓口、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)

上記のカードローンは即日融資が可能になっていますが、審査に時間がかかってしまうと翌日以降の振り込みになってしまったり、締め切り時間に間に合わないと即日融資できなくなります。

急いでいても、金利の比較と締め切り時間の確認はするようにしてください。

まとめ

お金が必要になった時に、どのようにして工面するかを調査してきました。対処方法には、いろいろな方法がありメリットデメリットもそれぞれあります。

銀行のカードローンが利用できれば、金利も低く安心度も高いと思いますが、消費者金融よりも審査が厳しいというデメリットがあります。
30日間以内に返済できる見込みがあるなら、無利息で融資してもらえる消費者金融の方が利用しやすいかもしれません。

自分に合った融資方法を見つけ、無理のない利用が出来るようにお役にたてれば幸いです。

海外旅行中にお金が払えない場合の対処方法

海外旅行と言うと「楽しい」ものだというイメージでいらっしゃる方も多いと思います。

確かに、ゴールデンウイークなどに海外に出かけ、帰国する様子が、TVニュースなどで報道されているのを見ると皆楽しそうです。

しかし、よく考えてみるとゴールデンウィークについての報道なわけですから、浮かない顔をしている方がもしいたとしても、撮らないであろうことは容易に想像できるわけです。

そうなると海外旅行のリアルに興味が湧き始めます。

ざっと調べると、お金関係のトラブルが多いということが見て取れました。

自分が海外にいて、お金が足りなくなったらと考えると確かに背筋が寒くなり、この点について詳しく調査してみることにしました。

海外旅行中にお金が払えなくなる色々な理由

現地で急病やケガに遭遇

海外旅行中に現地で急病やケガに遭遇し病院で治療を受けなければならないということも可能性としてはあります。

この場合問題なのは、治療費が高額になることが多いということなのです。

海外では公的な健康保険がない国や、あっても外国人には適用されないという国がほとんどなので、日本にいる感覚で病院にかかるのは非常に危険です。

所持品の盗難・紛失

日本とは違い、海外ではちょっとした油断で所持金や所持品を盗難される事態に遭遇してしまうことがあります。

基本的には、貴重品は肌身離さず持ち歩くというくらいの慎重さが必要だと思われます。

ただし、街中や電車の中などにいるスリの数は日本の比ではないため、慎重に行動していても盗難にあう可能性は日本よりは高くなる傾向があります。

また、海外での行動は緊張と開放感が交錯するため、ついうっかりして所持品を置き忘れるなどして紛失する可能性が、日本での行動よりも大きくなります。

ATMでカードが呑み込まれる

日本のATMでも稀にカードが飲み込まれることがありますが、カスタマーセンターに連絡すれば、即対応してもらえることがほとんどです。

ところが、海外でもこのような対応を期待していると、思わぬ肩透かしを食らうことがあります。

カードが飲み込まれたのが週末の金曜だったりすると、対応が週明けになると告げられたりすることがあると聞きます。

この場合、週明けまでに最悪お金が底をつき、支払いに困る可能性があります。

海外での対応は日本より遅いという認識で行動することが必要になります。

ATMでカードを取り忘れる

これも日本でなら、カードが親切な人によって届けられ、店の人によって保管されるケースが多いためトラブルになりにくいと思われます。

しかしながら、海外で同様の期待をするのは極めて危険です。
コールセンターに電話して一時的に使用を停止してもらう措置を迅速に行わないと、悪用される可能性が大きいと思われます。

カードの月の利用限度額を超えていた

クレジットカードには月ごとの利用限度額があり、これを超えれば当然利用不可となります。

ここを見落としていると現金は持っていたとしても、計画を変更するなどしないと支払いに困る可能性があります。

ショッピング枠とキャッシング枠はしっかり把握しておく必要があります。

お土産を買いすぎた

海外旅行に行って、お土産を買わないという方は非常に少ないと思われます。

海外、特に南国に行くと開放感のため財布のヒモが緩くなるというのはよく聞く話です。

そして、貨幣の単位が異なることで微妙に金銭感覚が狂い、思わぬ出費となることも考えられます。

現地の貨幣でいくらまでと限度額を決めておくことが重要です。

カジノなどで使いすぎる

これはラスベガスなど、カジノがあるところに旅行に行った際に注意すべきリスクです。

基本的に素人がカジノなどのギャンブルをすると、負けると取り返そうと熱くなり、勝てば勝ったで、さらに賭けてしまうという傾向があります。

このため、どちらにしても持ち金を全て失う危険性が高いのです。

海外旅行中にお金が払えなくなった場合におすすめの対処方法

海外旅行保険に加入している方

海外旅行保険では専用アプリを用意していることも多く、海外からでも無料で通話できる体制が整っています。

まずは保険会社に問い合わせてみましょう。

銀行間送金

日本でネットバンキングができる銀行口座を持っているなと言う場合は、自分で国際送金することが可能です。

ネットバンキングができる銀行口座を持っていない場合は、日本に家族や友人にお願いして送金してもらうという方法もあります。

ただ、海外の治安などの諸事情により送金には数日かかることもあり、急ぎのときには向いていません。

パスポート送金

パスポート送金は国内の銀行から海外に送金する際によく使われる方法の一つです。

パスポート送金は現地口座がなくても、口座の代わりにパスポートを送り先に指定することで、送金できるサービスです。

パスポート送金は以下のような手順で行います。

STEP1
日本にいるご家族などにお願いして、メガバンクの外国為替取扱店に行ってもらいます。

この際あらかじめ、自分が受け取れる銀行のSWIF(BIC)コードという銀行コードを確認して、伝えておきます。

STEP2
送り先の口座番号の代わりにパスポート番号を記入し、名義人にパスポートに記載されている英語の名前を記入して、国際送金をしてもらいます。

STEP3
数日後にパストート必携で、受け取る銀行に入金されたかを確認に行く。

パスポートの盗難・紛失にあっている場合には通常の銀行口座を振込先にすることはできません。

この場合は、現地の日本大使館の銀行口座に振り込んでもらうという方法があるので、相談してみることをおすすめします。

また、次に述べる郵便局送金も有効です。

郵便局送金

パスポートを持っていないような場合は郵便局の国際送金を利用するという方法があります。

送金方法には次の2通りがあります。

『住所あて送金』
現地にいる方の住所あてに為替証書等を送付して、現地の郵便局等で為替証書等と引き換えに現金を受け取るという方法です。

しかしながら、為替証書がきちんと届かないというようなトラブルもあるとの情報もあり、リスク0でないという認識は持ちたいものです。

『口座あて送金・口座間送金』
現地に利用できる銀行口座がある場合、受取人の銀行口座または郵便振替口座に入金するという方法です。

ただし、ゆうちょダイレクトを利用する場合は口座間送金のみとなることには注意が必要です。

また、利用可能な送金方法は国により異なる場合があるので、国際送金取扱国一覧の各国ページを確認することをおすすめします。

クレジットカード

クレジットカードが利用できる状況であれば、ショッピング枠が限度額に達してしまったとしてもキャッシング機能を使用するという方法があります。

カードの種類がVISA・MasterCard・JCB・Diners Clubなどで、キャッシング枠がついているのであれば、海外にあるATMからでもキャッシングが可能です。

海外旅行中にお金が払えなくなった場合にイマイチな対処方法

現地の人にお金を借りる

現地で知り合った方に、当座をしのぐお金を借りるという方法は後に、返済を巡って大きなトラブルとなる場合があるためおすすめできません。

まずは、日本大使館など公的な機関を利用することを考えましょう。

現地で働く

この場合は、足元を見られて給与の相場も知らないまま、安い報酬で働かされたり、働いた後に報酬すらもらえなかったりというケースが考えられます。

また、国やビザの種類によっては、働くこと自体が違法になることがあることにも注意が必要です。

海外旅行中にお金が払えなくなった場合はどこに相談すればいいのか?

日本大使館

様々な解決策を検討するという意味で、日本大使館は頼りになる存在です。

ただし、対応策の相談には乗ってくれますが、手配の代行まではしてくれません。

手配はあくまでも自分であることを認識することは重要です。

また、日本大使館でお金を借りることはできません。

保険会社

海外旅行保険に入っている場合は保険会社に相談するという方法も有効です。

ケガや急病などの場合は、海外で治療費・入院費を負担する必要がないオプションがある保険であれば、費用の負担はありません。

基本的には、24時間サポート体制という点も安心できるのでおすすめです。

旅行代理店

旅行代理店でツアーや航空券などを手配した場合は、旅行代理店が緊急対応の窓口となることがあります。

例えば、HISには海外サポートコールというサービスがあります。

海外サポートコールでは、移動の際の交通手段のアドバイスや、現地のホテル案内を日本語で行ってくれます。

とりあえず日本大使館に行きたい場合などに、アドバイスをしてくれます。

これらのサービスは日本大使館などの在外公館では行っていません。

クレジットカード会社

クレジットカードには海外旅行保険が付帯しているものがあることは、知っておくと便利です。

海外旅行保険が付帯しているか否かがわからない場合は、とりあえずクレジットカード会社に問い合わせてみましょう。

また、カードによっては、アメリカン・エキスプレスカードのように24時間電話料無料で日本語サポートを行う海外緊急窓口を開設していることがあります。

医療機関の手配まではサービス対象外ですが、医療機関についてのアドバイスなどはしてくれます。

総括

日本の常識は海外の非常識などと言われることがありますが、海外旅行をすると、この「常識」の壁が意外に厚いことに驚かされることがあります。

日本国内と同じように他人の善意を期待しすぎると、バッグごと盗まれるという事態や、ぼったくりサービスに引っかかるなどのトラブルが比較的容易に発生してしまうのです。

特にお金のトラブルは深刻で、現地で一文無しになり身動きが取れなくなるということもあり得るのです。

この場合、パスポートさえ無事なら、かなりの確率で何とかなるということがわかりました。

また、パスポートを紛失しても日本大使館までたどり着ければ、何とかなることも判明しました。

いずれにしても、海外旅行に行く前には期待に胸を膨らませるだけでなく、海外旅行保険やクレジットカードのサービス内容もチェックして不測の事態に備えることが肝要だと実感した調査でした。

大学生の卒業旅行費用の相場と旅費がきつくて足りない場合の対処方法

旅行会社のサイトを見ていると、学生用の旅行プランが以前より豊富に存在していることに気がつきます。

そして、時期によっては、そのかなりの部分を大学生の卒業旅行プランが占めていることがあります。

プランが多いということは需要があるということを意味しているわけですが、そんなにも多くの大学生が卒業旅行を検討しているということに少々驚きました。

バブル期ならわかりますが、バブル崩壊後の景気低迷、そして2008年のリーマンショックなどを経て、節約志向が浸透した世代なはずです。

それを裏付けるかのように、20代の若者のマイカー所有率は年々低下し、学生の仕送り額も減額となっています。

その昨今のトレンドと逆行しているかのような動きに、強い関心を持ったのです。

特に旅費の相場と資金調達はどうしているのだろうと思い調査してみることにしました。

続きを読む

恋人とのカップル旅行費用の相場と旅費がきつくて足りない場合の対処方法

恋人との仲が深まると、旅行を計画するカップルはとても多いです。好きな人と2人きりで色んな場所に行き、色んなものを見て色んなものを食べる楽しみがある反面、気になるのが旅行費用です。

一体カップル旅行にはどれぐらいの費用が必要なのでしょうか。また、カップル旅行の旅費が足りない場合はどうすればいいのでしょうか。

恋人とのカップル旅行の旅費にまつわるアレコレを紹介したいと思います。

続きを読む

電車賃が払えない場合の対処方法

いざ電車に乗るという段になって、お金が足りないというケースに遭遇されたことがある方もいらっしゃるかと思います。

ここで問題なのは、そのようなケースに遭遇でもしない限り、冷や汗もののこのケースを解決する方法を知るという機会が中々ないということなのです。

自分がそのような状況になったらと考えると、かなり心もとないものを感じたため、調査してみることにしました。

続きを読む

彼氏とのデート代がきつくて足りない場合の対処方法

一昔前、特にバブル期には「デート代は男性が払うのが当たり前」という価値観が支配的でした。

しかし昨今、少々事情が変わりつつあるのを感じるときがあります。

例えば、ネットの悩み相談などでは「彼氏がデート代を払ってくれない」などという悩みがアップされたりしています。

以前なら、「男の風上にも置けないやつ」と一喝されそうな行動を、平気で取る男性がいることに衝撃を受け、最近のデート事情について調査してみることにしました。

続きを読む

彼女とのデート代がきつくて足りない場合の対処方法

彼女ができると、たくさん彼女とデートがしたい!と楽しみにしている男性も多いと思います。ですが、彼女と会いたくてデートをしたいと思っても、デートにはそれなりのお金が必要です。

また、頻繁にデートを重ねると、デート代が結構な負担になってしまいます。付き合った当初は何とかやりくりできても、月日が流れデートの回数を重ねるごとに、彼女とのデート代が負担になってお金が足りなくなってしまう男性も多いのではないでしょうか。

そこで、彼女とのデート代がきつくて足りない場合の対処方法について紹介したいと思います。

続きを読む

闇金で借りたお金が払えない場合の対処方法

闇金とは何か?

現在日本では、貸金業をするにあたって国や都道府県への登録が必要とされていますが、その登録をせずに貸金業を行う業者(個人の場合もあり)を「闇金」と呼びます。

登録をしている貸金業者は、以下のような規制によって適切な業務を行っており、それによって常識を逸脱しない貸金が成り立っています。

続きを読む

介護保険料が払えない場合の対処方法

近年、長寿大国ともいわれる日本では介護を必要とする方の人数も年々増えています。介護に伴うサービスや用品に係る費用は少なくないため、その費用が捻出できず十分な介護を受けられないことも起こり得ます。そのような事態に向けて介護保険制度がスタートしました。

続きを読む

区民税・市県民税が払えない場合の対処方法

区民税・市県民税とは、居住する市町村や、不動産のある市町村に納める税金で、住民税ともいわれます。ほとんどの場合、サラリーマンであれば給与から直接納付される特別徴収、それ以外の方は銀行などで直接市町村へ納める普通徴収で納付をしています。

続きを読む