切手買取の方法や高額買取してもらためのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

使わなくなった切手やコレクションしていた切手は、どのようにして買い取ってもらえばいいのでしょうか。また、少しでも高く買取してもらうためにはどうすればいいのでしょうか。切手買取の方法や高額買取してもらうためのコツを紹介します。

一般的にみた切手買取の方法

切手買取の方法は、

・宅配または郵送買取
・出張買取
・店頭買取

これらの方法が一般的です。
それぞれの買取方法の詳細は以下の通りです。

宅配または郵送買取

切手はあまり嵩張らないことから、宅配だけでなく郵送での買取も可能です。

宅配(郵送)買取の場合、まずは電話やメールなどで買取の申込を行います。買取業者の中には、梱包キットを無料で用意してくれるところもあるので、梱包キットが届いたら梱包します。梱包ができたら発送です。送料無料の場合は着払いで発送します。品物が買取業者に届けば査定が行われ、査定額に納得すれば買取金額が指定口座に振り込まれます。

買取業者の中には、バラ切手を指定された台紙サイズの台紙に貼った上で送るように指定しているところもあるので注意してください。郵送の場合は、簡易書留など配達記録が残る方法で発送するようにします。

出張買取

出張買取は、査定員が自宅訪問をし、自宅で査定を行う方法です。電話やメールなどで事前に訪問日を予約し、予約日に査定員が自宅に訪問して査定を行います。査定金額に納得できれば、その場で現金が支払われます。殆どの買取業者が出張料やキャンセル料は無料としており、社名の入っていない車で訪問してくれます。大量の切手がある方にはおすすめの買取方法です。

店頭買取

店舗を構えている買取業者の場合、店頭での買取を実施しているところも多いです。

店頭買取は、予約なしで直接店頭に持ち込む方法と、事前に電話やメールなどで持ち込み日を予約してから持ち込む方法があります。持ち込み後、その場ですぐに現金払いをしてくれる買取業者が殆どですが、量が多い場合などは一旦預かってから査定を行い、後日指定口座に振り込む方法をとっている買取業者もあります。

梱包する手間を省きたい方や、自宅に査定員を招き入れたくない方におすすめの買取方法ですが、近くに店頭買取を実施している買取業者がないと利用できない買取方法でもあります。

どの買取方法にもメリット・デメリットがあるので、自分に合った買取方法を利用して、切手買取を依頼してみてください。

切手を高額買取してもらうためのコツは?

せっかく買取してもらうのですから、少しでも高い価格で切手を買取して欲しいものです。では、どうすれば切手を高額買取してもれるのでしょうか。切手を高額買取してもらうためのコツを紹介します。

相見積もりをとる

面倒だからといって1社のみに査定をしてもらい、そのまま買取をしてもらうのは損をしてしまう危険性大です。高額買取をしてもらうためには、いくつかの買取業者から見積もりを取ることがポイントです。

相見積もりをとることで相場や、買取業者によって見積額が違うことが分かり、一番高い買取業者を選ぶことができます。少しでも高額で買取してもらえる可能性がアップするので、相見積もりは必ず取るようにしましょう。

バラ切手は台紙貼りにする

大量のバラ切手がある方は、バラのまま切手を査定に出すよりも、台紙に貼って査定に出すことをおすすめします。切手を台紙に貼ってしまっていいの?と思う方もいるかもしれませんが、台紙貼り切手は、料金別納郵便の支払いに使用することができるので、料金別納郵便を利用する会社からの需要があるのです。

但し、買取業者によっては、台紙貼りが価格アップに繋がらない場合もあります。また、買取業者によって台紙のサイズや台紙1枚あたりの枚数、切手の貼り方に決まりがある場合があるので、事前に台紙貼りが買取価格アップに繋がるのか、台紙貼りのルールがあるのかを確認しましょう。

汚れを拭き取る

切手を高額買取してもらうには、切手のコンディションが重要になってきます。切手が少しでも汚れている場合は、汚れをきれいに拭き取っておきましょう。拭き取る際は、破ったり裏面の糊の状態が悪くなったりしないように注意してください。

丁寧に保管した状態で査定に出す

コンディションの良い切手は高額買取が期待できます。コンディションの良い切手とは、汚れや破れ、焼け、折れ、ヨレなどがないものです。コンディションを保つためには、切手を切手ファイルに1枚ずつ丁寧に保管することが大切です。

査定に出す際は、切手ファイルに保管した状態で出すと、コンディションが保てて安心です。また、ヒンジの跡があるものも買取価格が低くなってしまうので、保管の際は注意が必要です。

保管場所も重要で、湿気が少ない日の当たらない場所に切手ファイルを保管することをおすすめします。

価格交渉をする

査定額が出た際に価格交渉をすると、買取価格をアップしてくれる可能性があります。ここで利用したいのが、相見積もりの結果です。他社に比べて安い買取価格の切手がある場合は、他社の査定結果を伝えて交渉を行ってみるといいでしょう。あまりやりすぎると買取してもらえない結果になる場合もあるので、しつこくならない程度に価格交渉を行ってください。

切手で高額買取してもらいやすいおすすめの商品は?

切手にはさまざまな種類があります。その中には、高額で買取してもらえるプレミア切手というものもあります。では、具体的にどの切手が高額買取の対象なのでしょうか。高額買取してもらいやすいおすすめの切手を紹介します。

日本切手

日本切手で高額買取してもらいやすいものといえば、昭和30年より以前に発行された切手です。桜切手、小判切手、菊切手、軍事切手、琉球切手、航空切手や一部の記念切手は高額買取が期待できる切手です。具体的な高額買取して貰えるおすすめ切手は以下の通りです。

見返り美人 月に雁
えび蔵 ビードロを吹く娘
皇太子(裕仁)結婚式記念不発行切手8銭 皇太子(裕仁)結婚式記念不発行切手20銭
皇太子(裕仁)結婚式記念不発行切手3銭 日本平からの富士20面シート
赤十字 桜切手(和紙、洋紙、改色など)
青色勅額10銭切手 能面50円切手
青島軍治切手 教育勅語50年記念切手
日本国憲法施行記念切手 立山航空
琉球第1次普通切手(初版)1円 竜文切手
鳥切手 旧小判切手6銭
田沢切手 白紙 五圓、拾圓

これらの他にも、目打ちや色抜け、色違い、印刷のズレなどがあるエラー切手も高額買取してもらいやすいので、手元にあればぜひ査定に出してみてください。

中国切手

近年、高値になっているのが中国切手です。中国の富裕層が投機目的で購入しているため、希少価値がつくようになりました。また、中国切手は歴史的な価値はもちろんですが、中国国内で切手収集ができなかったこと、海外への輸出が禁止されていたことなどが背景にあり、希少性が高いのも高値になっている要因です。但し、中国切手全般が高値で取引される訳ではありません。人気が高く、高値で取引されている主な切手は以下の通りです。

赤猿 オオパンダ
毛主席詩詞 毛主席の長寿を祝う語録
毛主席の立派な兵士・劉英俊 毛主席の長寿をたたえる
毛主席像(中国共産党46年) 毛主席は赤い太陽
梅蘭芳舞台芸術小型シート 牡丹シリーズ
全国の山河は赤一色 少年たちよ子供の時から科学を愛そう
黄山風景シリーズ 革命的な現代京劇切手
中華人民共和国成立15周年小型シート 雲南のツバキ切手

外国切手

最近は高値取引される中国切手に注目が集まっていますが、中国以外の外国切手も高額買取してもらいやすい切手があります。中国以外の外国切手で高額買取してもらいやすい切手は以下の通りです。

ペニー・ブラック(イギリス) ペンス・プルー(イギリス)
ペニー・レッド(イギリス) ブルー・モーリシャス(イギリス)
逆さまジェニー切手(アメリカ) 蝶蛾切手(中央アフリカ共和国)
1次航空機シリーズ切手(フランス) モレエラー切手(シンガポール)

切手の買取してもらえないケースいろいろ

基本的に日本国内で使える切手であれば買取が可能です。では、日本国内で使えない切手とはどのようなものなのでしょうか。また、そのような切手以外にも買取してもらえないケースはあるのでしょうか。

汚れがひどい切手

コレクション性のある切手の場合、少しの汚れがあっても買取不可になることがあります。なぜなら、コレクターが汚れのある切手を買いたがらないからです。表が綺麗でも裏や切手シートのシート部分が汚れているだけで買取不可になることがあります。但し、非常に価値の高い切手やレア切手は汚れていても買取してもらえる場合もあります。

破れている切手

切手は表面の額面部分が破れていると、使用ができないため基本的に買取不可となります。但し、シート切手の場合、切手のまわりのフチ部分の破れであれば使用できる状態なので買取してもらえます。

消印がついている切手

消印がついているということは使用済み切手です。使用済み切手はもう使うことができないので価値がありません。但し、珍しい消印がついている切手や1枚数万円以上の価値がある切手などは消印がついていても買取してもらえる場合があります。

表面の剥がれ・欠損がある切手

切手の表面の一部が剥がれていたり欠損したりしている切手は、消印を隠していると見なされてしまうので買取してもらえません。

コレクション性の高いものや、価値の高い切手であれば日本国内で使用できなくても買取が可能です。また、一般的に買取不可と言われているような切手でも、価値が高い切手であれば例外として買取してもらえるものもあります。

買取してもらえなかった切手を処分するならどうすればいい?

買取してもらえなかった切手とは、日本国内で使用できないような切手のため、残念ながら郵便局でも他の切手やはがきなどと交換することができません。

切手買取業者の中には、他店で買取不可だった切手の買取も可能としているところがあるので、別の買取業者をあたると買取してもらえるかもしれません。それでも買取が難しい場合、売買成立の可能性は低いのですが、オークションやフリマアプリなどに出品してみてもいいかもしれません。

別の買取業者をあたったり、オークションやフリマアプリを使用したりしても買取してもらえなかった場合、最終的には捨てるしかないのでしょうか。実は、使用済み切手に関しては、使用済み切手を集めている団体があるので、そういった団体に寄付することをおすすめします。

これらの団体は、日本や世界各国の消印が押された切手収集家や切手商などにキロ単位で切手を買取してもらい、そのお金を寄付や支援活動などに充てています。こちら側には一切お金は入ってきませんが、不要なものが何かの役に立つのでぜひ利用してみてください。寄付もできない買取不可切手は、残念ですが捨てるしか選択肢がなさそうです。

この調査内容の総括

切手には、郵便などに使う実用性のある切手と、コレクション性の高い切手の2種類があり、高額買取が期待できるのはコレクション性の高い切手だということが今回の調査で分かりました。コレクション性のある価値の高い切手は、多少の汚れやダメージがあっても買取不可になることはなく、使用済みであっても値段が付く場合が多いようです。

一方の実用性のある切手は、額面以上の金額での買取は難しいのですが、今回紹介したコツを使えば少しでも高く買取してもらえるのでぜひ参考にしてみてください。実用性のある切手もコレクション性の高い切手も、コンディションの良い状態であればあるほど高く買取してもらえるので、切手は丁寧に保管するようにしてください。そして、切手買取を希望する際は、コンディションを確認の上、汚れているものがあれば破れないように丁寧に汚れを取り、いくつかの買取業者に相見積もりをとってから買取業者を選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>