着物買取の方法や高額買取してもらためのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

箪笥に眠っている着物や、遺品の着物など、着用する予定がなく処分を考えている着物がある方におすすめなのが着物買取です。では、どうやって着物を買い取ってもらえばいいのでしょうか。

また、せっかく買取してもらうなら、少しでも高く買い取ってもらうに越したことはありません。そこで着物の買取方法や高額買取してもらうためのコツについて紹介したいと思います。

一般的にみた着物買取の方法

着物の買取方法は、

・出張買取
・宅配買取
・店頭買取

この3つのいずれかです。
では、それぞれの買取方法はどのように行われているのでしょうか。着物の買取方法について紹介します。

出張買取

出張買取は、まず電話やメールなどで出張買取の申し込みを行います。申し込み後、買取日が決まれば査定員が自宅にやってきて、着物の査定を行います。査定額に納得できれば買取が成立し、現金で買取金額が支払われます。無事取引が終了したら、査定員が買い取った着物を持ち帰ります。

着物が大量にある方や、目の前で査定の様子を見たい方、即日即金を希望する方などにおすすめの買取方法です。出張料金を別途請求されることは殆どありません。

宅配買取

宅配買取は、ダンボールに売りたい着物を入れて宅急便で買取業者に送り、査定をしてもらう方法です。事前に電話やメールなどで申し込むと、宅配キットを送ってくれる買取業者もあります。

買取業者に荷物が届いたら、数日中に査定が行われ、査定金額が電話やメールなどで伝えられます。買取金額に納得できれば、指定した口座に振り込まれて取引終了です。

査定員と対面でやり取りがしたくない方や、忙しくて時間がなかなか取れない方におすすめの方法です。多くの買取業者が送料無料で宅配買取を実施しています。

店頭買取

店頭買取は、店舗を構えている買取業者に自ら着物を持ち込む方法です。持ち込み日を事前に予約する必要がある買取店もあります。

店頭ですぐに査定が行われる場合もあれば、預かった上で査定が行われる場合もあります。査定後、買取金額に納得できれば現金で支払われます。

自宅に買取業者を入れたくない方や、宅急便で送ることに不安がある方、近くに買取店舗がある方におすすめです。

買取方法まとめ

出張買取 宅配買取 店頭買取
査定場所 自宅 宅配で送る 店頭
査定スピード 即日 送ってから数日かかる 即日
支払いスピード 即日 成約当日~数日 即日
支払い方法 現金 振込 現金
対応エリア 買取店によって地域指定あり 全国 店頭に行けるならどこからでも利用可能

全ての買取方法を行っている買取業者もあれば、宅配買取のみであったり、地域限定で出張買取を行っていたりと、買取業者によって買取方法が違うので、買取依頼をする前に、どの買取方法を実施しているのか事前に確認するようにしましょう。

着物を高額買取してもらうためのコツは?

少しでも高く着物を買い取ってもらいたい!という方のために、着物を高額買取してもらうためのコツを紹介します。

良い状態で査定してもらう

着物の買取で一番重要視するのが、着物の状態が良いかどうかという点です。着物の状態が良いと高額買取に繋がります。では、どういった着物が良い状態なのでしょうか。

【良い状態の着物】
・シワがない
・色落ちがない
・シミがない
・虫食いがない
・汚れやカビが付着していない
・匂いがない
・着用回数が少なく劣化していない

このような状態の着物は高額買取が期待できます。状態の良い着物は、日頃のお手入れが重要になってきます。箪笥にしまう前に、日陰の風通しの良い場所で干したり、着物専門のクリーニングに出したりするようにしましょう。

また、シワがつかないように正しく畳んでしまうことも大切です。長期保存は劣化進んでしまう可能性もあるので、着る予定がない着物は状態が良いうちに、早めに買取してもらうといいでしょう。

証紙をつける

着物の証紙とは、着物が本物であるという証明してくれる証明書のようなものです。産地や織元、ブランド、染め方などが記載されています。厳しい審査に合格した着物に、織り元や織物工業組合等が発行しています。

証紙がなくても着物買取は可能ですが、証紙がついていることで誰が見ても本物だと分かることから、市場価値が高くなりやすく、高価買取が期待できます。証紙は、ブランド物のギャランティーカードやダイヤモンドの鑑定書などと同じような扱いになります。

但し、証紙が元からついていない着物もあるので、証紙がないものでも買取をして貰えます。

サイズが大きい着物を選ぶ

昔に比べると日本人の平均身長は高くなっており、現在の日本人に合うサイズの着物需要が高まっています。そのため、昔の人の平均的なサイズの着物は、今の日本人には小さいため高額買取は期待できません。

逆に今の日本人の体型に合う大きいサイズの着物であれば、需要があるので高額買取が期待できます。最近は日本人だけでなく、日本の文化に興味を持つ外国人からも着物の需要が高まっており、より大きいサイズの着物が好まれる傾向にあります。また、大きいサイズの着物は丈詰めで調整できるので、適応サイズが幅広いという点でも高額買取が見込めます。

小物も一緒に査定に出す

着物だけでなく、帯や草履、バッグ、帯留めなどの小物がある場合は、着物と一緒に査定に出すと査定額アップが期待できるのでおすすめです。なかなか値がつきにくい小物も、着物と一緒であれば買取してくれる場合があるので、僅かかもしれませんが買取額アップを目指すなら、手持ちの小物類も一緒に査定に出してみてください。

生地をチェックする

着物の生地には、絹や木綿、麻、ウール、ポリエステルなど、さまざまな素材が用いられています。その中でも「正絹(しょうけん)」は高額買取の対象です。正絹は絹100%の生地なので、高級感があり肌触りや手触りが最高です。また、着崩れしにくく、保湿性や通気性が高いので、季節を問わず快適に着用できる機能性の高さもあります。

このような正絹の良さが、高額買取の対象になっているようです。ウールやポリエステルは買取不可や、価格がついても小額傾向にあるので、高額買取が可能な正絹の着物を中心に買取依頼をするといいでしょう。

着物買取専門店に依頼

着物は非常に奥深く、種類や生地が豊富で、染物や織物、作家物、伝統工芸品、アンティークなど市場にはいろんな着物が溢れています。そんな着物の価値を査定できるのは、着物の専門家です。

基本的に着物買取専門店には、着物の専門家が査定員として常駐しているので、きちんとした査定を行ってくれ、適正価格はもちろんですが高額買取も期待できます。

着物の専門家がいないリサイクルショップや買取店などは、相場や価値を無視した査定が行われる可能性が高く、良い着物も安値で買取される恐れがあります。高額買取を希望する方は、着物査定員が在籍する着物買取専門店を利用することをおすすめします。

買取の時期を見極める

着物も洋服同様、季節によって着るべき着物が異なります。夏の着物なら夏が始まる前の春頃に買取に出す、といった具合に、シーズンより少し前に買取依頼すると、買取してもらいやすく更に高額買取が可能です。

無料査定の利用

多くの着物買取店が無料査定や無料見積もりを行っているので、これらの無料サービスを有効活用しましょう。

無料査定や無料見積もりをしたからといって、必ず買取してもらう必要はありません。キャンセルも可能なので、いくつかの着物買取店に査定や見積もりを依頼して比較することで、一番高値で買取してくれる着物買取店を見つけることができます。

このように、着物買取にはさまざまな高額買取のコツがあります。うまく活用して高額買取を目指してください。

着物で高額買取してもらいやすいおすすめの商品は?

種類が豊富な着物の中には、高額買取してもらいやすい着物があります。では、一体どのような着物が高額買取してもらいやすいのでしょうか。高額買取してもらいやすいおすすめの商品を紹介します。

留袖

留袖は、慶事の第一礼装として格が高い着物です。留袖の中でも黒留袖は最も格が高い着物で、結婚式や披露宴で既婚の親族が着用します。色留袖は、未婚既婚問わず着ることができる黒以外の着物です。礼装として着用する着物なので需要があり、有名作家の作品や品質が良いものが多いので高額買取してもらいやすいです。

振袖

振袖は、未婚女性向けの着物の中で最も格式が高い着物です。慶事やお茶会などで着用され、とても華やかな色柄が特徴的です。大振袖・中振袖・小振袖の3種類があり、袖が長いほど高額買取されています。振袖の価格自体が高いので、中古でも高値がつきやすいのですが、特に作家物や老舗呉服店で仕立てられた振袖は高額買取が期待できます。

作家物

着物作家が作った着物を「作家物」といいます。作家物は、高い技術を持った着物作家が時間や手間などをかけて制作するため、価値の高い着物として評価されています。特に人間国宝に認定されている作家の着物は価値が高く、中古品でも高額買取してもらいやすいです。中古市場で需要があり、高額買取が期待できる代表的な作家は以下の通りです。

・小宮康孝
・木村雨山
・羽田登喜男
・由水十久
・志村ふくみ
・久保田一竹
・喜多川俵二
・森口華弘
・藤井寛

更に証紙があると買取額がアップします。

伝統工芸品

伝統工芸品の着物は、国や自治体によって指定されている、その地域に昔から伝わる高度な技術と経験によって制作される名産品のことをいいます。特に有名なのが、紬や友禅、上布などで、海外の着物コレクターからの人気が高く高額買取が期待できます。

(紬の種類)
結城紬・大島紬・塩沢紬・牛首紬など

(友禅の種類)
京友禅・加賀友禅・東京友禅など

(上布の種類)
近江上布・越後上布・宮古上布など

特にこれらの伝統工芸品は人気、買取額共に高いです。

訪問着

訪問着は、未婚・既婚問わず着用でき、華やかな場面にも合う巡礼装の着物です。結婚式や学校行事、パーティーなど幅広い着用シーンがあり、若い方から高齢の方まで年齢を問わず着用できることから需要も高いです。訪問着と言っても、ポリエステル素材は価値がなく値段がつきませんが、正絹のものは高額買取が期待できます。

有名呉服店の着物

千總・志ま亀・紬屋吉平・銀座むら田など、老舗呉服店や有名呉服店で購入した着物は高額買取が可能です。高額買取のためには、畳紙や購入時の付属品が揃っていることが条件です。

アンティーク着物

昭和初期以前の着物をアンティーク着物といいます。アンティーク着物は、大量生産の技術がない大正や昭和初期に制作されています。そのため、刺繍や染などに大変手間をかけており、大正ロマンや昭和モダンといった特徴的な柄が印象的な着物です。現在、このようなレトロな着物の人気が高まっており、高額買取が可能となっています。

着物の買取してもらえないケースいろいろ

着物といえば高価なイメージが強いため、どんなものでも買取してもらえると思いがちです。しかし、買取してもらえない着物もあるので、買取依頼をする時は注意が必要です。
では、どのような着物が買取してもらえないのでしょうか。

ひどい傷みや汚れがある着物

着物買取店によっては、多少の傷みや汚れはクリーニングや手入れ次第で売り物になるため買取可能としています。しかし、売り物にならない程のひどい傷みや汚れがある場合は買取してもらえません。

【具体的なひどい傷みや汚れの例】
・広範囲のシミや表側にある目立つシミ
・刺繍部分にかかっているシミ
・変色
・色あせ
・カビ

上記のような状態が見受けられるものは買取が難しいです。

ひどい匂いがする着物

クリーニングで落ちるような匂いであれば、査定時にクリーニング代を差し引いて買取してもらえますが、クリーニングでも落ちないような匂いがする着物は買取してもらえません。例えば、カビの匂いや防虫剤の染みついた匂いなどです。

着物にカビが発生していなくても、一緒にしまっていた着物にカビが発生していた場合、そのカビの匂いが他の着物に移っていることがあります。また、長期間着用せずにしまっていた着物は、状態は良くても防虫剤の匂いが染みついている場合があります。こういった着物は買取ができないので、保管方法には注意してください。

化学繊維やウールの着物

着物買取店によっては、化学繊維やウールの着物の買取を行っているところもありますが、多くの着物買取店が化学繊維やウールの着物は買取不可としています。

まず化学繊維の着物は、元々の値段が安いため値段がつきにくいという点で買取不可になるようです。また、正絹を好む着物愛好家からの人気がなく需要がないという点でも買取不可になるようです。但し、ブランドやデザインによっては化学繊維の着物でも値段がつく場合があります。

次にウールの着物ですが、化学繊維と同様、元々の値段が安いために値段がつきにくい点が挙げられます。他にも、虫食いのリスクが高く虫が増えやすい素材であること、虫対策のために防虫剤を使ったり、湿気対策のために乾燥材を使ったりしなくてはいけないので、匂いがつきやすく管理が大変なことなどが挙げられます。

ウールの着物は冬場に着るのにもってこいなので、全く需要がないわけではないのですが、販売価格の割に買取業者側のリスクや管理などの負担が大きいため、買取不可としている買取店が多いようです。

喪服

葬式や通夜で着用する喪服ですが、家紋を入れて仕立てるため中古品に関しては購入できる人が限定されてしまいます。また、喪服は着物愛好家にも好まれませんので、買取不可としている着物買取店が多いです。但し、一部の買取業者では買取を実施しているので、全く買取してもらえないわけではありません。

サイズが小さい着物

現代女性の平均身長が155~160センチ前後なので、着物の着丈は最低でも160センチ程度は必要です。大きい着物であれば、着付けの際に調整することができるのですが、小さい着物は着付けでの調整が難しく、現代女性に合わないことから需要があまりありません。また、縫込み部分があればほどいて丈を長くすることが可能なのですが、これらの作業には多額のコストがかかるため、買取を避ける傾向にあります。

このように、状態が悪すぎるものや需要がないものなど売り物にならない着物は、殆どの着物買取店で買取を行っていません。

買取してもらえなかった着物を処分するならどうすればいい?

不要となった着物を買取依頼したにも関わらず買取してもらえなかった場合、その着物たちはどのように処分すればいいのでしょうか。買取してもらえなかった着物の処分方法を紹介します。

買取店で処分してもらう

着物買取店の中には、値段のつかない着物を無償で処分してくれるところがあります。買取が難しそうな着物がある場合は、処分をしてくれる買取店に依頼するといいでしょう。処分が可能かどうかは、査定を依頼する前に確認しておきましょう。

オークションやフリマアプリを利用する

オークションやフリマアプリでは、着物買取店では買取できなかったものが意外と売れることがあります。汚れがひどい着物も訳アリ商品として売れたり、化学繊維の着物は若い層が購入したりと、欲しいと思う人が見つかれば売れる可能性が十分にあります。

但し、出品や梱包、発送は全て自分でしなくてはいけないので、手間がかかるデメリットがあります。また、きちんと着物の状態を記載しておかないと、後からトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。

リメイクする

最近は着物をリメイクして、洋服や小物などにしてくれるサービスがあります。思い入れのある着物や、汚れや傷みが目立たない部分がある着物なら、リメイクをして着物を有効活用するのも1つの処分方法です。

業者に頼むとリメイク費用がかかりますが、裁縫が得意な方なら自分でリメイクにトライすると費用がかかりません。処分予定の着物なので、失敗を恐れることなくリメイクにトライすることができます。

捨てる

着物買取店で引き取ってもらえず、更にオークションやフリマアプリに出品してみたもののなかなか売れず、リメイク予定もない場合は、ゴミとして捨てる以外に処分方法はありません。地域によっては古着や古布などの資源ごみ扱いになるので、事前にお住いの地域の分別方法について確認した上で捨てるようにしてください。

買取店で処分してもらう方法は一番手間がかかりません。しかし、オークションやフリマアプリはお金になりますし、リメイクは着物を有効活用できるメリットがあります。

この調査内容の総括

着物の買取には、出張・宅配・店頭の3種類の買取方法があります。まずは、それぞれの特徴を理解した上で、買取方法を選んでください。そして、買取してもらうからには、高額買取を目指しましょう。

今回、高額買取をしてもらうコツや高額買取してもらいやすい着物を紹介しています。手持ちの着物に該当するものがあれば、高額買取が期待できるので、ぜひ買取依頼の申込をしてください。高額買取してもらいやすい着物以外にも、買取可能な着物はたくさんあります。

但し、中には値段がつかず買取してもらえない着物もあります。買取してもらえないケースも紹介しているので、そういった着物は買取が難しいと理解しておきましょう。ただ、着物買取店によっては買取が可能な場合もあるので、まずは買取の申込をし、査定してもらうことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>