いますぐお金が必要!一時的にお金を借りるのにおすすめの借入先

このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな理由で、いますぐお金が必要になることがありますが、いますぐお金が必要になる理由とは一体どんなケースなのでしょうか。

お金が必要な理由と、その理由別におすすめの借入先を紹介します。

今すぐお金が必要!一時的にお金が足りなくなるケース

今すぐお金が必要になるのは、一体どんな時なのでしょうか。今すぐお金が必要になる主なケースは以下の通りです。

冠婚葬祭への出席

冠婚葬祭でも葬儀は急なことなので、すぐにお金が用意できない人も多いのではないでしょうか。冠婚葬祭はいずれもお祝いや香典以外にも、身につけるものや交通費、宿泊費などにもお金がかかり、お金が足りなくなるケースが多いです。

病気や事故などで入院・治療が必要なケース

病気や事故は思いがけずやってくるため、いざ入院や治療をすることになると、お金が足りなくなるケースがあります。手術や長期入院など、多額の医療費がかかりそうな時は特にお金が足りなくなります。

給料日までの生活費が足りないケース

給料日前は金欠という人も多いかと思います。最悪の場合、お金が足りなくて生活がままならなくなるケースもあります。

失業した時

退職や解雇など仕事を失うと、収入が途絶えてしまいお金が足りなくなるケースがあります。

引越し

引越しシーズンは特に引っ越し代金がかかる上、家具や家電の買い替えなどにもお金が必要になります。

引越しにはまとまったお金が必要ですが、急な引越しなどでは引っ越し費用が用意できず困るケースもあります。

欲しいものがある時

どうしても欲しいものがあるけれど、お金が用意できず買えないケースや、大きい買い物でお金が足りないケースなど、欲しいものを買うためのお金が必要になるケースがあります。

交際費が必要なケース

急に仲間内で旅行に出掛けることになったり、恋人へのプレゼントを購入しなくてはいけなかったり、交際費としてお金が必要になるケースがあります。

子供の教育に必要な費用

子供がいる場合、子供の塾の費用や学校行事にまとまったお金が必要になることがあります。急に必要になることも多く、お金が足りずに困るケースがよくある家庭もあります。

上記で挙げたケースごとにおすすめのお金の借入先

今すぐお金が必要になるケースは多岐に亘りますが、それぞれのケースにおすすめのお金の借入先を紹介したいと思います。

冠婚葬祭への出席

冠婚葬祭への出席でお金が必要になったケースでおすすめなのが、消費者金融です。

消費者金融には、即日融資対応の業者もあるので、申し込みのタイミング次第ではその日の内にお金を借りることができます。

特に急を要する葬儀は、できるだけ早くお金を借りることができると安心なので、即日融資対応の消費者金融をおすすめします。

消費者金融に抵抗がある場合は、家族にお金を借りるという方法もあります。冠婚葬祭への出席はマナー上必要なことなので、家族からもお金が借りやすいです。

病気や事故などで入院・治療が必要なケース

病気や事故などで入院費用や治療費用が必要になったケースでおすすめなのが、銀行カードローンや目的別ローン、年金担保貸付、生命保険の契約者貸付などです。それぞれの借入先の特徴は以下の通りです。

銀行カードローン

入院や治療費は高額になりがちなので、カードローンを利用するなら銀行カードローンがおすすめです。

消費者金融より金利が低く、選択肢も多いので、利用しやすい金融機関のカードローンを選ぶことができます。ただ、審査が厳しいという点がデメリットです。

目的別ローン

目的別ローンとは銀行の商品の1つで、申込時に申告した目的にだけ称することができます。医療費にも利用することができ、金利は4%~8%と銀行カードローンに比べると低金利です。

但し、銀行が病院などの支払先に直接振り込みを行うか、領収書の提出が求められるなど、目的通りに使用されているか銀行に管理されます。

年金担保貸付

年金受給者であれば誰でも借りられるのが、年金担保貸付です。若い人に比べると、病気のリスクが高くなる年金受給者ならではの借入先と言えるでしょう。

審査がなく低金利というメリットがある一方で、返済期間が2年6ヶ月と返済期間が短いデメリットがあります。

生命保険の契約者貸付

生命保険会社の多くが、契約者を対象に融資を行っています。生命保険の契約者貸付は、解約返戻金の範囲内で融資を受けることができ、解約をしなくてもお金を借りることができます。

金利も2%~6%と、他の借入方法よりも低く設定されているので、生命保険に加入している方には大変おすすめです。

注意したいのが、解約返戻金のある保険商品に加入していることが条件だという点です。審査もないので確実にお金を借りることができます。

給料日までの生活費が足りないケース

給料日までの生活費が足りないケースは、給料日まであと数日というパターンが多いです。

そんな短期間に少しだけ借りたい人におすすめなのが、消費者金融です。消費者金融は即日融資も可能で、初めて利用する方には利息無料期間をサービスしている消費者金融もあり、給料日まで利息0でお金を借りられる場合もあります。

失業した時

無職の場合、金融機関からお金を借りることは非常に難しいです。

そこでおすすめなのが、総合支援資金という公的支援制度です。総合支援資金は、ハローワークで求職登録を行い、相談を受けることが申し込みの条件となっています。

貸付額は20万円(単身者は月15万円)で、支給期間は最長12ヶ月、利息は年1.5%ですが連帯保証人をつければ無利子で借りることができます。

引越し

引越しは計画的に行うものなので、事前に十分な引越し資金を用意している人も多いと思います。

しかし、収入が少ない世帯の場合、なかなか引越し資金が用意できないケースもあります。

収入が少ない世帯の引越し費用借入先としておすすめなのが、総合支援資金貸付という制度です。

総合支援資金貸付は、利用目的に応じたいくつかの種類があり、引越し費用として借りることができるのは、住宅入居費です。

貸付上限額は40万円で、金利は年1.5%、連帯保証人をつければ無利子で借りることができます。

欲しいものがある時

欲しいものがあるけれどお金がないというケースに関しては、無理にお金を借りるよりは、お金が貯まるまで欲しいものを我慢するということをおすすめします。

ただ、欲しいものの中には、限定品やお買い得品という、今しか買えないものがある場合もあります。そんな時には、消費者金融をおすすめします。

消費者金融は、店頭や自動契約機からの申込も可能なので、出先からでも利用することができる上、即日融資も可能なので欲しいものがある時にはうってつけだと言えます。

交際費が必要なケース

友人との旅行やデート代など、交際費におすすめの借入先は、消費者金融です。

安定した収入があれば審査は通りやすく、申し込みのタイミングによっては即日融資も可能です。急な予定にも対応してくれるので、交際費が足りない時は消費者金融がおすすめです。

子供の教育に必要な費用

子供の教育に関する費用が足りないケースで借入先としておすすめしたいのが、教育ローンです。教育ローンとは、日本政策金融公庫の教育一般貸付のことで、国の教育ローンとも呼ばれています。

教育ローンのおすすめポイントは、最高350万円まで借入が可能で(海外留学をする場合は450万円まで)、金利は固定金利の年1.71%、奨学金との併願も可能で、1年中申込申請を受け付けているところです。

担保は不要ですが、連帯保証人が必要で、連帯保証人がいない場合は、公益財団法人教育資金融資保証基金の保証を有償で受ける必要があります。また、世帯収入によっては借りられないケースもあるので注意してください。

一時的だったとしてもお金を借りるのをやめたほうが良い借入先

今すぐお金が必要なさまざまなケースと、ケースごとにおすすめの借入先を紹介してきましたが、おすすめの借入先以外にも私たちの身の回りには、たくさんの借入先が存在します。

しかし、それらの中には一時的だったとしても、お金を借りるのを辞めたほうが良い借入先もあります。

では、一時的だったとしてもお金を借りるのを辞めた方が良い借入先とは、一体どんな借入先なのでしょうか。

友人

友人には気軽にお金を借りることができそうなのですが、例えば一時的だったとしてもお金を借りることは避けた方がいいでしょう。

なぜなら、どれだけ良好な友人関係であっても、金額が小額だったとしても、やはり友人側を複雑な気持ちにさせてしまうからです。

そして、お金にルーズな人間という印象を与えてしまい兼ねないからです。また、万が一返済ができなくなったり滞ってしまったりした場合、友人との信頼関係は失われ、友人関係も壊れてしまうリスクが高いので、一時的でも友人にお金を借りることはやめた方がいいでしょう。

闇金

絶対に借りるべきではないのが闇金です。いますぐお金が必要で切羽詰まっていると、ついつい条件の甘い闇金に手が出てしまいそうになりますが、闇金は借りたら最後、最悪の結果を招いてしまうので絶対に借りないようにしてください。

ちなみに闇金とは、貸金業としての登録を行わず、違法な高金利で貸付を行っている業者のことで、元金を返済させず利息だけを払い続けるように悪質な回収を目論んでいます。最近は、対応が丁寧で厳しい取り立てのないソフト闇金と呼ばれる業者も増加しているので注意してください。

個人間融資

誰もが簡単にインターネットにアクセスできるようになった現在、増加傾向にあるのがSNSや掲示板などを介して、個人間でお金の貸し借りをする個人間融資です。

審査などもなく、ネットで簡単にお金を借りることができるので、一時的にお金が必要になった際には大変利便性が高いように思えるのですが、非常にリスクが高い借入先なのでおすすめはできません。

個人間融資の中には、闇金業者や詐欺業者が混じっているケースも多く、事件に巻き込まれる可能性があります。

とにかく、貸金業の登録をしている金融業者と公的支援以外は、例えば一時的だったとしても、トラブルや事件に巻き込まれる危険性が高く、周囲の信頼を損ねる可能性もあるため、お金を借りるのをやめた方がいいと言えます。

この調査内容の総括

とにかく今すぐお金が必要!という場合、おすすめの借入先は、即日融資が可能な消費者金融一択という結果になります。

しかし、消費者金融の場合、安定した収入がないとお金を借りることが難しいですし、金利が高いため借入額によっては金利の負担も重くのしかかってしまいます。そのため、即日融資は難しいですが、それぞれのケースに合った借入先を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

それぞれのケースに合った借入先の中には、審査に時間がかかる借入先や、手続きに時間がかかる借入先もあります。

そんな時、ついついスピーディーかつ簡単に借りることができる、闇金や個人間融資に興味を惹かれる方もいるかもしれませんが、闇金や個人間融資は犯罪やトラブルと隣り合わせの借入先なので、絶対に利用しないようにしないようにてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク