ダイヤモンド買取の方法や高額買取してもらためのコツに

このエントリーをはてなブックマークに追加

宝石と言えばダイヤモンドを連想するくらい、最もポピュラーな宝石であるダイヤモンドは、プレゼントや形見などで、目にしたり手にしたりしたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は最もポピュラーかつ身近であるダイヤモンドの買取方法や、高額買取してもらうためのコツについて紹介したいと思います。

一般的にみたダイヤモンド買取の方法

ダイヤモンドの買取は、

・店頭買取
・宅配買取
・出張買取

この3つが一般的な買取方法となっています。買取業者によって、実施している買取方法が異なるので、事前に買取方法を確認しておくようにしましょう。では、それぞれの買取方法の詳しい内容を説明します。

店頭買取

店頭買取は、直接買取業者の店舗に行って買取してもらう方法です。ダイヤモンドは持ち運びがしやすいので、多少量が多くても店頭に持ち込みやすいです。近くに買取業者がある方や、目の前で査定をして欲しい方におすすめの買取方法です。買取業者によっては、事前に予約をする必要があるところもあります。

宅配買取

宅配買取は、買取希望のダイヤモンドを梱包・発送し、買取業者にダイヤモンドが届き次第査定が行われ、査定額に納得すれば口座に買取額を振り込んでもらえる買取方法です。

梱包や荷造りの手間は掛かりますが、自宅にいながらダイヤモンドの買取が可能なので、忙しい方におすすめの買取方法です。また、近くに買取業者がない方や、自宅に査定員を招き入れたくない方にもおすすめです。

多くの買取業者が送料や宅配キットを無料で提供しているので、元手が一切かからないというメリットがあります。基本的に何の連絡もなくダイヤモンドを送るのではなく、事前に宅配買取を希望する旨を連絡した上でダイヤモンドを査定に出さなくてはいけません。

買取業者にダイヤモンドが届いてから最短で即日、大体は翌日から3日以内に査定が行われ、買取額の提示があります。殆どの買取業者が、査定後のキャンセルを可能としているので、買取額に納得できない場合はキャンセルをすることもできます。

キャンセル料を取られることはありませんが、ダイヤモンドの返送料が自己負担になる場合があるので注意が必要です。高額なダイヤモンドを宅配便で送ることに不安を覚える方も多いかと思いますが、各買取業者で補償や運送保険などがあるので、不安な方は確認してみてください。

出張買取

出張買取は、査定士が自宅に伺って査定を行います。査定額に納得できれば、その場で支払いも行われます。事前に出張査定日を予約しておく必要があります。買取業者によっては、当日出張買取を可能としているところもあります。

梱包や発送、店頭に伺う手間がない買取方法ですが、出張買取エリアが限定されている場合もあるので、お住まいの地域によっては出張買取が利用できないデメリットもあります。また、買取額によっては出張買取対象外になることもあります。

上記の買取方法が主なダイヤモンドの買取方法となります。買取業者ごとに条件や規定などがあるので、事前に確認するようにしましょう。

ダイヤモンドを高額買取してもらうためのコツは?

ダイヤモンドを買取してもらうからには、やはり高額買取してもらえると嬉しいものです。では、どうすれば高額買取をしてもらえるのでしょうか。ダイヤモンドを高額買取してもらうためのコツを紹介します。

鑑定書と一緒に査定に出す

ダイヤモンドは査定をするのが難しいと言われているものの1つです。そのため、ダイヤモンドの鑑定士でも、ダイヤモンドの価値を決める4C(カラット・カラー・クラリティ・カット)を正確に判断することが難しく、多少のズレが生じることが普通のようです。

ズレが生じてしまうと、せっかくの価値が下がってしまうことにもなり兼ねません。そのようなことにならないためにも、ダイヤモンドの鑑定書を一緒に査定に出しましょう。鑑定書は、ダイヤモンドの品質を保証するもので、4Cをはじめとしたダイヤモンドの情報が載っています。鑑定書を基にした査定であれば、査定のズレも生じず買取額が安くなってしまうこともありません。

但し、鑑定書は信用性があるものでないと意味がありません。鑑定士が信用する鑑定書は、中央宝石研究所やGIAといった鑑定機関から発行されているもので、2010年以降に発行されていることが条件です。古い鑑定書は、当時のダイヤモンドの評価に対する基準が甘かったこともあり、信用性がないとされているので注意してください。

付属品も一緒に持ち込む

ダイヤモンドは鑑定書以外にも、箱や保証書などの付属品がある場合があります。特にブランドもののダイヤモンドジュエリーの場合、ジュエリーとしての価値も高くなるので箱や保証書があるとより高値での買取が可能となります。

ダイヤモンドの適正価格を知っておく

ダイヤモンドの適正価格を知らないまま買取依頼をすると、安い査定額で納得してしまい、そのまま買取が成立してしまう場合があります。しかし、素人にはダイヤモンドの適正価格と言われてもよく分からないのが現実です。

そこで利用したいのが、4Cを入力するだけでダイヤモンドの価格が算出されるツールです。買取業者のホームページに掲載されているので、いくつかのツールを利用して適正価格を把握しておくと、買い叩かれることなく高額買取が可能となります。

綺麗にお手入れしておく

ダイヤモンドを綺麗にお手入れしておくことで、ダイヤモンド本来の輝きを取り戻すことができ高額査定が期待できます。お手入れ方法は、柔らかい布で拭くだけでも見た目が綺麗になりますが、中性洗剤と歯ブラシを使ってお手入れをすると、より綺麗に汚れが取れるのでおすすめです。

石鹸は隙間にカスが残ってしまう可能性があるので使用しない方がいいでしょう。歯ブラシを使うとダイヤモンドに傷が付かないか心配になりますが、ダイヤモンドは硬い鉱物なので、歯ブラシで多少強く磨いても傷が付くことはありません。

但し、金やプラチナ部分は傷が付きやすいので気を付けてください。また、落としてしまうと欠けたり傷が付いたりしてしまうので、ダイヤモンドを支えている爪が緩んでいないか確認してからお手入れをしてください。

信用できる買取業者を選ぶ

ダイヤモンドは査定するのが難しい品物の1つなので、査定には豊富な知識と経験が必要になってきます。特に、鑑定書がない場合は買取業者選びが大変重要になってきます。

信用できる買取業者選びのポイントは、①GIAのG.G資格やGem-AのFGA資格を保有している鑑定士が在籍している②宝石買取専門店③地域密着型の店舗④都市の店舗⑤販売ルートを保有していることです。この5つのポイントを押さえておくと、高額買取が期待できるはずです。

複数の買取業者を比較する

ダイヤモンドの買取を行っている買取業者はたくさんあります。そこで、複数の買取業者に査定の依頼をし、その中から一番高い買取価格をつけた買取業者に買取を依頼すると高額買取が可能となります。

ダイヤモンドの場合、鑑定書があれば鑑定書の情報を元に査定が可能なので、電話やメール、LINEなどで査定を依頼すると効率的です。もちろん時間はかかりますが、買取業者の店舗を複数件回ったり、宅配買取や出張買取で査定のみを利用したりするのもいいでしょう。宅配買取の場合、ダイヤモンドの返却時に送料がかかる場合があるので注意してください。

ダイヤモンドで高額買取してもらいやすいおすすめの商品は?

ダイヤモンドと一口に言っても、さまざまなダイヤモンドがあります。その中でも特に高額買取してもらいやすいおすすめの商品を紹介します。

ブランドジュエリー

ダイヤモンドを使用したジュエリーは、ブランドジュエリーとノンブランドジュエリーの2つに大別されます。この2つのうち、高額買取が期待できるのはブランドジュエリーです。ブランドジュエリーは、ダイヤモンドの価格にプラスしてブランドとしての価値が上乗せされます。そのため、ノンブランドのダイヤモンドよりも高額買取が期待できるというわけです。特に以下のブランドは高額買取が期待できます。

・ハリーウィンストン
・ティファニー
・カルティエ
・ブルガリ
・ヴァンクリーフ&アーペル
・ダミアーニ
・グラフ

ハリーウィンストン、ティファニー、カルティエ、ブルガリ、ヴァンクリーフ&アーペルは、世界5大ジュエラーと呼ばれるブランドでもあり、大変人気があるため高額買取されることが多いです。

天然のカラーダイヤモンド

ピンクダイヤモンド 無色のダイヤモンドと同じクオリティでもピンクダイヤモンドというだけで数百倍の価値がある。
レッドダイヤモンド カラーダイヤモンドの中で一番レアだと言われているダイヤモンドで、政界で年間数十個しか産出されない。
イエローダイヤモンド 他のカラーダイヤモンドに比べると安価で、色が薄いものは無色のダイヤモンドよりも安価。鮮やかで美しい黄色だと価値が高まる。
オレンジダイヤモンド 黄色味の少ないオレンジや純色のオレンジダイヤは価値が高い。深いオレンジのダイヤモンドは非常に稀で高値がつく。
グリーンダイヤモンド 純色の緑、黄色がかった緑、青みがかった緑などさまざまなグリーンダイヤモンドが存在する。
ブルーダイヤモンド 神様のきまぐれと呼ばれるほど希少価値の高いダイヤモンド。ダイヤモンド全体の0.00001%しか存在しないと言われている奇跡のダイヤモンド。
パープルダイヤモンド 自然界において存在しにくい色の紫は希少価値が高いです。
バイオレットダイヤモンド レッドダイヤモンドに並ぶほど価値があるダイヤモンド。
ブラウンダイヤモンド 近年人気のあるカラーとして価値が上がってきているダイヤモンドで、ブラウンが濃い程価値が高い。

注意したいのが天然カラーダイヤモンドであるかどうかです。市場に出回っているカラーダイヤモンドの殆どが、人工的に色づけした人工カラーダイヤモンドです。人工のものは価値が低いため高額買取は期待できません。そして、天然か人工かの見極めは非常に困難なので、正確な査定をしてもらうためにも鑑定書をつけるようにしましょう。

大粒のダイヤモンド

ダイヤモンドの価格に最も影響を与えるのが、重量を表すカラットです。なので、小さなダイヤモンドが複数個使ってあるカラット数のジュエリーよりも、1粒のカラット数が大きい大粒ダイヤモンドの方が、希少価値が高く高額買取が期待できます。10カラットを超える1粒ダイヤモンドは特に希少価値が高いので高額買取となること間違いないです。

4Cの評価が高いダイヤモンド

ダイヤモンドの4Cとは、ダイヤモンドの品質を評価する「カラット(重量)」「カラー(色)」「クラリティ(透明度)」「カット(プロポーション)」の4つの要素です。

カラットは1粒あたりのカラット数が大きければ大きい程価値が高くなります。カラーは23段階のグレードに分かれており、完全に無色透明のダイヤモンドであるD~Fグレードであれば買取価格が高くなります。

透明度を表すクラリティは、内包物やキズが全くなしの評価になるFLが最も価値が高いです。カットは職人の技ともいえるカットのプロポーションを評価したもので、輝きを存分に発揮することができる最高品質のカットグレードがExcellentです。

カット、対称性、研磨の状態それぞれがExcellentの評価であるダイヤモンドを3EX(トリプルエクセレント)と呼びます。この4Cの評価がバランスよく高いものが高額買取してもらえるダイヤモンドです。

H&C(ハート&キューピッド)のダイヤモンド

ハート&キューピッドとは、特殊なカットが施されたダイヤモンドに見られる現象のことを指します。ハート&キューピッドが見られるダイヤモンドは、非常に優れた高度なカットが施されており、専用スコープで確認すると、上からはキューピッドの矢が、下からはハート模様が現れます。

ハート&キューピッドが見られるダイヤモンドは、他のダイヤモンドに比べると高値で買取される傾向にあります。但し、ハート&キューピッドは正式なカットグレードの評価ではありません。そのため、ハート&キューピッドでもExcellent評価がつかない場合もあり、必ずしも高額買取される訳ではないので注意してください。

ダイヤモンドの買取してもらえないケースいろいろ

基本的にダイヤモンドは、傷が付きにくく、古くてもダイヤモンド自体の価値が下がらないので、どんなダイヤモンドでも買取してくれる買取業者が殆どです。例えば、傷が付いていたとしても、ヒビが入ったり割れたりしたものでも、小さなメレダイヤでも買取してくれる買取業者が多いです。

そんな買取してもらいやすいダイヤモンドですが、偽物のダイヤモンドに限っては買取してもらえません。偽物のダイヤモンドとは、人工的に生成された人工ダイヤモンドのことを言います。代表的なものだと、キュービックジルコニアが有名です。

近年のキュービックジルコニアは、天然ダイヤモンドと見分けがつかないほど精巧に作られています。また最近では、人工的に作られたモアッサナイトもダイヤモンドの類似石として出回っています。これらの人工石は天然ダイヤモンドではないので、ダイヤモンドとしての買取はしてもらえません。

買取してもらえなかったダイヤモンドを処分するならどうすればいい?

天然ダイヤモンドであれば基本的にどんなものでも買取してもらうことができますが、人工的に作られたダイヤモンドは買取してもらえません。では、買取してもらえなかったダイヤモンドはどのように処分すればいいのでしょうか。

人工ダイヤモンドの処分方法

天然ダイヤモンドだと思っていたダイヤモンドが、実は人工ダイヤモンドだった場合の処分方法を紹介します。

オークションやフリマアプリで売る

ダイヤモンドとして買取不可でも、アクセサリーとしての需要はあるかもしれません。オークションやフリマアプリで、人工ダイヤモンドであることを表記した上で出品すれば、売れる可能性があります。

誰かに譲る

人工ダイヤモンドであることを伝えた上で、使ってくれる人がいれば譲るのもいいでしょう。お子様のおもちゃとして利用するものいいかもしれません。

捨てる

引取先がなく手元に置いておきたくない場合は、捨てるしか処分方法はありません。アクセサリー類は不燃ごみに該当するので、自治体のゴミ出し方法に則って処分するようにしてください。

天然ダイヤモンドの処分方法

天然ダイヤモンドにも関わらず何らかの理由で買取が不可だった場合の処分はどうすればいいのでしょうか。

他店に再度査定を依頼する

天然ダイヤモンドであれば、どんなものでも買取可能としている買取業者は多くあります。買取してくれそうな買取業者を探して、もう一度査定をしてもらうと値段がついて買取してもらえるかもしれないので、諦めずに他店に再度査定を依頼してみてください。

オークションやフリマアプリで売る

再度査定をしてくれる買取業者を探すのが面倒だったり、いくつかの買取業者に買取を断られたりした場合は、オークションやフリマアプリを頼ってみるといいでしょう。オークションやフリマアプリでは意外なものが売れることがあるので、ぜひ試してみてください。

リフォームする

ダイヤモンドの状態によってはリフォームが難しい場合もありますが、予算や希望のデザインに合ったリフォームを行えば、処分するはずだったダイヤモンドをまた身につけることができます。逆にお金はかかってしまいますが、思い出があるものや形見のダイヤモンドであれば、処分をせずに手元に残しておくといいかもしれません。

この調査内容の総括

買取業者による買取と言えば、ものによっては買取不可になることも多いのですが、ダイヤモンドに関しては、ダイヤモンドの価値が下がることはそうそうないため、どんなものでも買取可能だという特徴があります。但し、人工的に作られたダイヤモンドは、ダイヤモンドとしての買取は不可なので注意してください。

ダイヤモンドは、プロの査定士でも査定が難しいと言われています。そのため、鑑定書があるのとないのとでは買取額が変わってくる可能性があります。正確な査定を希望する場合は、知識と経験が豊富な査定士がいる買取業者を選ぶようにしましょう。

また、ブランドジュエリーはブランドとしての価値が買取額に加算されるので、高額買取が期待できます。鑑定書だけでなく、保証書や箱などの付属品も一緒に査定に出すと、更に高く買取してもらえるので忘れずに付属品も査定に出しましょう。もちろん、ノンブランドジュエリーでも4Cの評価がバランスよく高いものや、大粒のダイヤモンド、希少価値の高いカラーダイヤモンドは高額買取が期待できます。

このような高額買取が期待できるダイヤモンド以外でも、査定前にお手入れをしてダイヤモンドが綺麗に見えるようにしておくだけでも高額買取に繋がりますし、ダイヤモンドの適正価格を知っておくことや、信頼できる買取業者をリサーチするなど、自分で事前に準備をしておくだけでも買取価格が違ってきます。

ダイヤモンドの買取を検討している方は、ぜひ今回のレポートを参考に、事前に十分な準備をした上でダイヤモンドの査定を依頼してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>