ご家庭全体での毎月の貯金額はいくら?こっそり49人に聞きました

このエントリーをはてなブックマークに追加
家計簿をつけている主婦

皆さん毎月いくら貯金にまわせていますか?

こんな事いくら仲のいいママ友にだって聞けませんよね。

聞けたとしても正直に答えてくれる人なんていません。

毎月の家計簿に余裕がない中、よその家はどれくらい貯金に廻せているのでしょうか?気になる貯金額をききました。

スポンサーリンク

49人の家庭に聞いた、家庭全体での毎月の貯金額の結果

2万円
収入の何割かというのも目安でいろんな情報としてありますが、それを気にしないで収入から必要な分を計算して引くとだいたい一月で2万円ぐらいは貯金できるかなという感じです。

無理をしないで、できる範囲での貯金になっています。

0円
貯金はもしもの時に必要になってくる大切なお金です。

我が家でも生活に必要な費用をできるだけ抑えて、残った分を貯金に回そうと毎月努力はしているのですが、家のローンやペット、車など、かかる費用があまりにも多く、ボーナスが無いため、どんなに節約しても毎月の貯金額は0になってしまいます。

それでも赤字にはならないので、長い目で見て、これからも節約生活を続け、少しの額でも貯金に回せるように努力します。

2万円
家族で貯金できている額は月2万円くらいです。

ほかには学資保険には入っています。

ですが、純粋に貯蓄できている額はこれだけです。

本当はもっと貯蓄したいですが、まだ子供が小さくて夫しか働いていないので、これが今は精一杯ですね。

本当は節約をがんばって、もう少し増やしたいです。

80000円
以前払っていた住宅ローンを終え、現在の住居にはローンがないので、その分程度を貯蓄に回しています。

主な理由は、老後に備えてということになりますが、65歳まで働けるとはいっても、60歳を過ぎれば収入は減ることが考えられますし、われわれの年代で、年金が受給できるのはかなり遅くなり、かつ、かなり減額となりそうなので不安を感じるからです。

とはいえ、貯蓄ばかりでも、今現在がつまらないと何にもなりませんので、現在も旅行など楽しみながら、出来る範囲で貯蓄しています。

1万5千円
我が家の毎月の貯金額は、だいたい1万5千円です。

これは、毎月の収入、つまり私の手取り給与額から、家賃・光熱費・食費・ガソリン代・中学生の娘の教育費など、必要経費を除いた金額です。

つまり、毎月、使わなかった分を貯金に回しています。

不思議と毎月ほぼ1万5千円です。

12万
家族で月に3~4回の外食やお出かけをしたり、ちょっとした贅沢をしながら生活して貯められるお金が、月12万円ほどだったので、このようにしています。

私も夫も働いており、ただお金を貯めるだけじゃなくて、少し贅沢をしながら生きていきたいという気持ちですね。

20000円
毎月先に20000円を貯金用通帳にいれて、貯金しています。

貯めて、車などを買いたいからです。

本当はもっと貯金をしたいところですが、生活費でお金がなくなってしまう為、20000円くらいしか貯金できていません。

余裕があれば50000円くらいは貯金したいところです。

1万円
私の家の貯金額の目標は、給料の1割としています。

これを毎月したいのですが、なかなか実現できていません。

実際は月1万円くらいの貯金額です。

なぜ1割貯金ができないか。

それは子どもも二人いるので、急に学校でお金が必要になることもあるからです。

数千円でも支払があると積もり積もって額はかさんでいきますよね。

でも目標は高く、給料の1割目指しています。

20000円
安月給のため、なかなか貯金ができずにいます。

それでも、必ず2万は貯めるよう夫婦で頑張っています。

ちょっとした節約で2万は貯められます。

自分がしているのは、自販機で飲み物を買わない。

古本屋を活用する。

外食を極力減らす。

これだけです。

10万円
我が家の毎月の貯金額は、ボーナス時は気にせずに月10万としています。

収入と見合うかで考えたら多くはない貯金額ですが、毎日の食事や生活で、あまりカリカリして節約するのも疲れてストレスがたまるため、無理をしないことを第一に考えてこの金額に決めています。

6万円
私ので家庭は父親と二人暮らしです。

父は年金生活者です。

私は普通のサラリーマンです。

毎月父の年金から4万円ほど貯金できます。

ほとんどお金が掛からないのでだいたいそのくらいです。

私は給料から2万円ほど貯金しています。

20000円
我が家の毎月の貯蓄額は、実は0円に等しいです。

子どもが生まれたら私が仕事を辞めることになり、夫の給与のみの生活のため、なかなか貯蓄にまわせません。

2人の子どもの学資保険が月々各1万円なのですが、それを貯蓄扱いにしてごまかしています。

60000円
とりあえずマンションの繰り上げ返済用に35000円と、だいたい毎月これくらいだったら余裕で貯金できるなという25000円の合計60000円を貯金してます。

でも繰り上げ返済用という事は、返済してしまうと手元に残らないですよね…。

25000円は10年貯めても300万円。

これじゃ絶対老後などに足りないな…と思いつつ、対策はしていません。

20000円
毎月の貯金額は2万円くらいを目標にしているのですが、なかなかです。

自営業なので収入には波がありますし、共働きですが、収入よりも支出が多い時もありますし、その逆もあります。

ただしっかりと計算をしているので、金欠になることは今のところありません。

貯めたお金は旅行で消えていきます。

最低1万円以上
家の貯金額は残ったお金が貯金額になりますが、この10年で500万円以上のお金がなくなりました。

簡単に言うと、毎月5万円程のマイナスになっていました。

いつも余った金額を貯金に回していましたが、今は1万円を自分の小遣いの中から別口座に貯金しています。

50000円
私は、独身でありますが、しっかり毎月貯金を行っております。

会社の財形貯蓄で、4万円、保険の個人年金で1万円、合計5万円で、年間で60万貯金を行っている形となります。

これが世間では平均か上か下かはわかりません。

70000円
夫の収入は毎月とても不安定なので、その中から貯金へ回すお金は残りません。

私のパート代は毎月通帳に振り込まれるので、そのお金が今のところ唯一の貯金です。

でも先々、夫の土地問題で確実に数百万円を支払わなければならなくなるので、このパート代も全てそのお金に充てることになると思います。

今はその数百万円のために働いているようなものですから毎月の貯金は実質0円です。

40000円
給料からの、社会保険料の天引きも年々増えているので手取が減る一方で、さらに物価も上昇し続けているので、貯金の額も減り、これ位が限度なのが現状です。

その分、ボーナスは使わないで貯金に回すようにしています。

30,000円
我が家のメインの収入源は給与所得ですが、家庭でやっている副業を個人事業として登録し、小規模共済を掛けています。

積立式の掛け金が所得控除の対象となるからです。

銀行などで普通に貯蓄して貰える利息よりも、所得控除で減額できる所得税の方が断然大きいです。

将来的に解約する時も退職所得として受け取ることになりますから、将来への備えとしています。

多分夫が会社を定年退職した後で、住宅ローンの残高を一括返済するために使うことになると思います。

7万円
子供が全員社会人になったので、教育費がかからなくなった分をできるだけ貯金にまわしています。

今まで3人の子の学費で貯金どころではなかったので、ようやく貯金ができるようになって嬉しいです。

まだ家のローンが残っているので思うようには貯められないのですが、老後に困らないように頑張りたいと思っています。

0円
現在、育児休業中のため収入は1馬力。

夫の給料は毎月手取りで20万円前後。

結婚前の夫の借金が発覚したのが入籍3ヶ月後でした。

周りに祝福してもらってすぐだったので後にも引けず、携帯電話の未払い、カードローンの未払い、税金の未払い。

夫はすべて逃げることができると思っていたらしく延滞金も上乗せされ総額300万円まで膨らんでいました。

出産までは共働きでぎりぎりまで返済にまわし、現在何とか3分の1まで減った状態ですが、現在夫の給料だけでは家賃や光熱費生活費と返済で毎月大赤字です。

現在は育児休業給付金を頂いているので、生活自体は出来ていますが、早々に仕事復帰しなければ住むところすらなくなりそうです。

それなのに待機児童だなんて・・・保育園の優先順位の考慮部分に家計の状況も加味してくれたらいいのになぁ。

50000円
貯金は月50000円程度です。

理由はこの金額が貯金にまわせる限度額だからです。

新卒の頃からこの金額くらいは貯金にまわしていますが、社会人になって10年くらいになっても給料があまり変わらないので、貯金額も増えないのが実情です。

50000円
毎月50000円は貯金したいと思っています。

あわよくばもっと貯金したいですが50000円が限界です。

口座には万単位で貯金していますが、小銭や千円札はつもり貯金として別に貯金してあります。

住宅ローンがまだたくさんあるので毎月50000円の貯金では不安で仕方ありません。

5万円
できるだけ外食を減らす、無駄なものは買わない、電気機器のスイッチをこまめにオフにする、外出先には必ずドリンクを持参、などなど、我が家には細かいルールが存在しています。

それを守ることで出来る限り毎月の目標貯金額を守れるよう、家族みんなで頑張っています。

2万円
お給料から、決まった貯金額といった設定は出来ていません。

毎月決まった金額で予算を組んで、なるべく残るように節約して生活しています。

その結果、だいたい2万円ぐらいは、毎月貯金に回せています。

それなら、最初から貯金すればいいと思われるかもしれませんが、もしも、万が一があると嫌なので、多めの予算を組んでいます。

50000円
我が家の毎月の貯金額は多い時でも50000円くらいと思われます。

他所のご家庭がどのくらいか分かりませんが、多分少ない方なのでしょうね。

しかも、先のとおり多い時での金額なため、少ない時は全く貯金できない時もあり、自分のお小遣いもそういう時は家計行きになるのですが、私の稼ぎが少ないので文句は言えません。

5~10万円
給料の額によって毎月の貯金額にばらつきがあります。残ったお金を貯金とするとなかなか貯金できないので先取り貯金してます。夫の給料からと私のパート代からで、夫の給料からは残業が少ないと全然貯金できない月もあります。私のパート代は2万ほど生活費にして後は全額貯金です。中高生がいてお金がかかるのでこれだけ貯金するのでも精一杯です。
5万円以上
月の目標として副業で稼いでいる分をすべて貯金に回しています。

その額は毎月5万円から10万円ほど。

でも、今は貯金ではなくてすべて投資に回しています。

そのおかげで、不労所得が入ってくるようになりました。

これからもコンスタントに5万円以上を貯めていきたいです。

約10万円
我が家の場合、車や住宅のローンもなく、子供もいないので教育費等がかからないので、毎月10万円程度の貯金は出来ます。

でも現在海外住まいですので、年に1度の帰国で貯金は全て費やしてしまうと言う状況なので、貯まっては使って、使っては貯めるの繰り返しなのが現状です。

これから住宅ローンなどを抱えたり、車が故障して買い替えなくてはならない状況になったら、貯金額も減ってしまうかもしれません。

80000円
我が家の月々の貯金の目標は、老後資金です。

老後は年金も当てにならないと言われているので、困らないようにできる限り貯金をしていこうと思っています。

とりあえず年に100万円を目標のにしているので月々は8万円程度の貯金になります。

五万円
少なくてもいいと思っています。

できるだけ多く貯金はしないといけないと思っていましたが、無理をして貯金をしても毎月の生活が苦しくなる一方なのです。

だから無理しないで、五万円だったら気軽に貯金もできます。

だから我が家では貯金額は五万円です。

0から20000円
貯金額は0円から20000円くらいです。

年で言うと10万ほどは貯められますが、マイナスの月もあります。

子供が幼稚園に入って以降、なんだかんだと出費が増えこのような形が続いています。

副業でもしようかという状況です。

3万円
我が家の毎月の収入額は、夫が30万で私が10万の合計40万です。

そこから家・車のローン合計10万、保険や年金5万、食費4万、光熱費3万、携帯代2万、家賃10万、雑費2万を引くと4万程度しか残りません。

ですから毎月大体3万ずつ貯金をしています。

1万円前後
毎月無理なく貯金できる金額はその人の収入にもよるが、1万円程度が無理なくできる範囲ではないかと思う。

ただその人が非正規雇用だと1万円でも困難になってくるだろう。

非正規こようだと10万ぐらいの給与にしかならないため生活するのがやっとである。

ただ正規こようだと20万円以上の数乳があるとおもはれるので、1万円前後ならばそれほど無理がないこと思はれる。

そのぐらいならある程度の節約をするなら貯金できるのではないか。

4万円
毎月、4万円ずつ貯金しています。

現在、住宅ローンを返済中なのですが、変動金利のローンなのです。

もしも、金利が上がったら、現在の返済額に最大4万円、毎月の返済額が増えます。

もしも、そうなっても家計に影響がでないように、ふだんから4万円は貯金に回して残りのお金で生活するようにしています。

0円
子なしの夫婦です。

夫の給料は生活費とほぼ一緒です。

ペットを飼っているので、その分生活費が色々とかかっています。

私が働けば貯金ができるのですが、今はちょっと体調を崩していて休職中です。

だから、貯金は増えていません。

117000円
夫と私の手取り給与の二割と児童手当全額を貯金に回しています。

それは、フィナンシャルプランナーに、可能なら貯金は給与の二割が目安と言われたことと、児童手当は子どもの為にもらえるものなので、子どもが大きくなってから使えるよう貯めておいてあげたいからです。

五千円
我が家は月々の貯金はとても少なめで、気持ち貯金出来ればといった程度です。

その代わりボーナスには手をつけない形で貯金しています。

月々だと子供が小さく、養育費などで節約するのは厳しい状況ですのでどうしてもボーナス頼みになってしまいます。

4万円
ボーナスなどは使わずにプールして、月々の貯金は夫婦合わせて4万円です。

あとは節約に節約を重ねて、余った生活費を上乗せして貯金しています。

夢はマイホームの購入!

長い道のりですが、地道に貯めたり運用をしてちまちまと貯めています。

毎月違う
家計簿をつけていますが、毎月出費が違いますので貯金額はそれによって左右されます。

理想は三万円ぐらいしたいですが、出来るときもあれば出来ないときもあります。

出来なかった次の月は頑張って食費などを切り詰めて生活したりもします。

5万円
我が家の貯金は持ち株、積立型の保険、財形と通常の貯蓄ではなく、一定期間下ろすことができないものをベースに組み立てています。

もちろん、すぐに降ろすことができるお金は別管理です。

こうしたプランの方がたまりやすいのが現実です。

5万
私の家の毎月の貯金額はだいたい一月5万円くらいだと思います。

この金額を貯金する理由は、お給料の中からこのくらいの金額ならば使わずに済む金額だからと思っているからです。

しかし、本当はもっと多くのお金を貯金したほうがいいとは思うのですが、なかなか収入を上げることは難しいのでこの額が今は限界だと思います。

50000円
主人も私も自営業なため、毎月お金が入ったらすぐに5000円を前貯金しにいきます。

病気になるなど、働けなくなったときに保障がないため本当はもっと貯金したいのですが、たまに外食など贅沢しないと息詰まるので50000円が限度です。

1万円
老後の生活のために毎月コツコツと積立貯金をしています。

銀行口座の普通預金から自動的に積立口座に毎月1万円の設定でシフトされて貯金される設定にしています。

本当はもっと貯金額を増やしたいのですが、消費税がアップしたのに給料は上がらないのでなかなか難しいです。

27000円
我が家の稼ぎ手は夫一人です。

夫婦二人の生活とはいえ、住宅ローンがあるため生活はラクではありません。

それでも、なんとか収入の10%は貯金したいと思ってやりくりしています。

私がパートで働けば、もう少し貯金額も増やせると思っていろいろ探しているのですが、なかなか見つかりません。

9万5千円
私の家庭では、生活費に必要なお金はすべて主人が稼いでくれていますので、私が稼いでいる毎月10万円はすべて貯金をするようにしています。

ですので、ほとんどが貯金となっていますので、月には大体10万円程度貯金することが出来ています。

3万円
本当につい最近まで毎月の貯金額はほぼ0円でした。

冠婚葬祭でかかることが多く、赤字になる月もありました。

これではやっていけないと思い主人の母に相談したところ、毎月5万円援助してくださることになりました。

そのおかげで3万円ほど貯金できていると思います。

3万5千円
天引きが一番確実なので銀行の積み立てで3万円と財形で5千円を毎月貯金しています。

貯金とはいっても余剰でなく、必要なお金を貯めていくための貯金です。

自宅の外壁と屋根のリフォーム、車の買い替えがおおむね10年ごとに各150万円ほど。

大きな家電の買い替えや、不意の出費用のプラスアルファ分の資金を前もって用意するということで、
年間42万円を貯めれば足りるかなと思いこの金額です。

20000円
給料の中から家賃や通信費や光熱費などの固定出費を引いて、そこから食費等を引くと大体2万円ぐらい貯金に回せるからです。

将来の為に本当はもっと多く貯金をしたい所ですが、今現在はこれぐらいの金額を捻出するだけでも精一杯です。

その分ボーナスや臨時収入があった際はそこから多めに貯金費用を作るようにしています。

まとめ

49人の家族に毎月の貯金額を教えてもらった結果、平均が41,958円となりました。

5万円と答えた人が10人、最高貯金額の人は12万でした。

その他10万円貯金している人が二人、5~10万円が一人となりました。

正直な感想として、皆さんしっかりと貯金しているんですね^^

10万円前後貯金出来る人は住宅ローンや車のローンが終っていたり、子供の教育費がかからなくなったという理由がありました。

やはり、子供にお金がかかる間はなかなか貯金にまで廻す事ができないといったのが現実でしょうか。

その中でも生活費から1万円~2万円貯金できればいいほうだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク