クレジットカードで使ったお金が払えない場合の対処方法

クレジットカードは、手元のお金がなくても決済が出来る便利なカードです。最近ではいろんなお店のポイントカードや会員カードがクレジットカードになっていることもあり、何枚もクレジットカードを持っているという方も多くなりました。しかし、この便利さの一方で、無計画に使ってしまう、ネットショッピングでお金を使っている実感がない、といったことから使いすぎに陥り、支払が出来ないケースも増えています。
そこで、ここではクレジットカードの支払いが出来なかった場合のことについて詳しく見ていきます。

続きを読む

奨学金が払えない場合の対処方法

近年多くの学生が利用している奨学金。日本学生支援機構によると、平成27年度ではおよそ2.6人に一人の学生が奨学金制度を利用しているとされています。奨学金を利用することで、金銭面で進学が難しい方も、希望する大学へ進学することが出来、自分に必要な知識を習得することが出来るので、学生やそのご家族にとっては大切な制度でもあります。しかし一方で、この奨学金の返済についてトラブルが多く発生していることも事実で、最悪の場合本人や家族の自己破産などにもつながっています。
ここでは日本学生支援機構の奨学金を中心に、返済が難しい場合の対処法など、具体的に見ていきたいと思います。

続きを読む

住宅ローンが払えない場合の対処方法

住宅ローンが払いきれない!どうしよう!となってしまっても悩まないでください。実は対処方法はたくさんあるのです。

こちらでは住宅ローン返済がままならなくなった方たちへの解決方法についていくつかの視点からアドバイスをしていっています。

続きを読む

引越し費用が足りない場合の対処方法

新天地での生活に胸を高鳴らせているのも束の間、引越し費用が足りずに引越しができそうにない。そんな時は一体どうしたらいいのでしょうか。

また、引越し費用が足りないという事態に陥らない為にはどんな点に注意すればいいのでしょうか。

引越し費用が足りない場合の対処法について色々とまとめてみました

続きを読む

家賃が払えない場合の対処方法

人が生活して行く為には、ある程度のまとまった生活費が必要です。なぜなら生きて行く為にはいろいろな費用がかかるからです。

ではどの様な費用があるのかというと「家賃」「食費」「日用品費」「水道光熱費」「通信費」「医療費」「教育費」「交通費」「被服費(履物)」「娯楽費」「ローン代」「雑費」等が一般的にあげられます。

この中で毎月ほぼ一定の金額が決まってかかる費用を「固定費」、毎月決まってはいないが使用した時に使用した分だけかかってくる費用を「変動費」と呼んでいます。

両者のうちの「固定費」にあげられる費用には、上記の中の「家賃」「水道光熱費」「通信費」「教育費(※塾代や習い物等固定したもの)」「ローン代」等が含まれます。

これらの固定費として挙げられる費用には、金額が多少変動するものと、毎月固定した金額がかかるものとがありますが、どちらも毎月一定額以上の金額が決まってかかる費用です。

このように固定費というのはほぼ必ず発生する項目である為、これらを支払う為には毎月これ以上の収益(収入)が必要となるわけです。

では毎月入っていた収入が突然入らなくなったとしたら、もしくは費用である支出の割合があまりに多くなったとしたらどうなるでしょうか?

変動費に関して言えば努力次第で金額を減らしたり、使わないようにする事は可能ですが、固定費に関してはそういうわけにはいきません。

特に「家賃」は貸主と契約を結んでいるものである為、支払いが出来なくなるという事は様々な問題が発生すると考えられます。

続きを読む

一人暮らしの生活費が足りない場合の対処方法

あなたは今一人暮らしですか?もしくは一人暮らしを経験した事はありますか?

「一人暮らし」と一言で言ってみても、住む地域・住む家の形態・年齢・学生か社会人か・仕事の有無・正社員かアルバイト(もしくはパート)か・貯金の有無・頼れる人の有無等、その人を取り巻く環境や生活スタイル等あらゆる状況により、その内容は大きく異なるといえるでしょう。

しかしどんな状況下であっても一つだけ言える事は、生活する為には必ず生活資金が必要であるという事です。たとえ一人暮らしとはいっても、毎日暮して行く為には色々な費用がかかるのです。

無計画にお金を使っていては生活費が足りない!といった事態を招きかねません。ですから日頃から収支のバランスを考え、自分に合った生活資金の使い方をマスターして、より快適なシングルライフをおくれるといいですね。

今回はそんな「一人暮らし」の生活費のピンチに焦点を置き、様々な角度から調査してみたいと思います。

現在一人暮らしで生活資金に困っている方、これから一人暮らしをされる方、将来もしかしたら一人暮らしを経験するかもしれないとお考えの方、この他全然関係ないよという方ももしかしたら老後に一人暮らしを経験するかもしれません。

将来困らない為にも、是非この機会にこの調査結果を読んで、改めて一人暮らしの生活について考えてみてはいかがでしょうか?

続きを読む

結婚式費用が足りない場合の対処方法

結婚式にかかる平均費用はどれぐらい?

招待人数や地域によって平均費用は大きく異なります。2014年のゼクシィの調査によると、全国平均は約333万円、招待人数は平均72人とのことです。結婚費用は約300万円というのはある程度信ぴょう性のある数字のようですね。

そんなお金ないよ~!と思われるかもしれませんが、安心してください。実際の自己負担はここからさらに下がります。結婚式費用にご祝儀が充てられるからです。そのため、333万円もかかるなら結婚式しない!なんて思われないでくださいね。

  • 首都圏は約341万円、約66人
  • 北海道は約198万円、約86人
  • 九州は363万円、約98人

続きを読む