お金がない!大至急お金が必要なときの対処方法

急に知り合いに不幸があったなど、予想外のお金が必要になった時に“貯金がない、どうしよう”なんてことがあるかもしれません。

そういう時はどうやってお金を用意すればいいのでしょうか?いろいろな対処方法を調べてみました。

目次

質屋や不用品買取ってどうなの?

質屋ってなに?

自分の持っているもの(時計や貴金属など)を「質(担保)」に入れて、お金を借りることです。

契約期間は3ヶ月で、利息分も含めた金額を返済すれば質に入れたものは返ってきますが、返済できなければ質に入れたものは返ってきません(質流れという)。

質流れになった時は、質に入れたものは戻ってきませんが、利息を含めた金額を質に入れたもので返済した代わりになるので借金はなくなります。

質流れにしたくないときは、利息分を支払えば期間の延長をすることができます。

どうやって利用するの?

質に入れるものを持って、直接質屋に行きます。お金を受け取るまでの流れは、
品物の査定→書類の記入と身分証明書の提出→現金と質に入れたものの詳細や返済期限などが書かれた質札の渡しとなります。

来店から現金の受け渡しまでの時間は15分くらいです。

金利は?

質屋は「質屋営業法」によって上限金利が決まっています。月利で約9%、年利にすると109.5%になります。

実際にこの金利を設定している質屋は多くはありませんが、大手の質屋では年利36%~96%の金利を設定しているところが多いです。

不用品買取ってなに?

いわゆるリサイクルショップと言われるお店です。

いらなくなったものを買い取ってもらいます。質屋とは違って出張買取をしてくれる業者もあるので、自分だけでは運びにくい大きなものを買い取ってもらうことも可能です。

買い取りをしている質屋も多く、その場合は買い取りの方が質に入れるよりも2割くらい高く査定してもらえます。

どうやって利用するの?

直接店舗へ行くか、郵送で受け付けている業者もあります。大きなものや大量に品物があるときは出張買取を利用することができます。

出張費がかかる業者とかからない業者がありますが、かからない場合でもガソリン代や人件費はかかっているので、その分査定額から引かれていると考えた方が良いです。

洋服や本など、質屋には出せないものや出しても値がつかないようなものでも、買い取りなら安くても買い取ってもらえるかもしれません。

質屋や買い取りを利用する人の希望額は10万円以下が多いそうです。

思い入れのあるものなら買取ではなく質屋を、あまり使っていないものがあるならば買い取りを利用するのが良いでしょう。

直接店舗へ行けば、その日のうちにお金を受け取ることができますが、査定によって金額が決まるので、必要な金額がもらえるとは限りません。

すぐ現金が稼げる方法は何があるの?

日払いアルバイトで働く

軽作業や警備、引越し作業などの日払いのアルバイトをして稼ぐ方法があります。日払い=肉体労働のイメージがありますが、最近では事務などのオフィスワークでも日払いの仕事があるので、体力に自信がない人でも大丈夫です。

アルバイトの求人サイトで調べれば、日払いの仕事が探せるので自分に合った仕事を見つけることができるでしょう。

1日のお給料は10,000円前後が多く、引越し作業などは10,000円以上もらえます。

クラウドソーシングで働く

自宅で空いた時間にお仕事をして稼ぐことができます。作業が終わればすぐに報酬を支払ってもらえることが多いので、その日のうちにお金を受け取ることも可能です。経験不問のお仕事もたくさんあるので自分が出来るような仕事を選ぶことができます。

もしスキルに自信があるならば、ホームページ制作やデザインの仕事なら10万円前後のお金を稼ぐこともできます。

フリーマーケットアプリで不用品を売り現金化

フリーマーケットアプリで不用品を売ればすぐに現金できます。主にメルカリなどのフリマアプリの場合、自分にとっては不用品で捨てようかと思っていた物を試しに売ってみると意外と売れたりします。

物が売れるとフリマアプリの場合、販売価格の何パーセントかはマージンとしてもっていかれてしまうが、売り上げたお金をすぐ振り込みしたりすることができるため是非お試しいただきたい副業です。

ポイントサイトを利用する

ポイントサイトは指定されたアプリをインストールしたり指定されたサイトの会員登録をすれば、現金に換金できるポイントをもらいコツコツとお金を貯めることができます。

クレジットカードを作ると大量のポイントがもらえるので、カードを作る予定がある人はポイントサイトを利用することをお勧めします。

また、ポイントサイトは複数あるので掛け持ちをすると効率よくお金を貯めていくことも可能です。じっくりと確実に稼ぐタイプの副業なので長期間コツコツやるのが好きな方に向いてます。

自分で仕事をして稼ぐのが一番堅実的だと思いますが、時間が取れない人には難しい方法です。

古本の転売

簡単にお金になる副業と言えば古本の転売です。ネットオークションなどでプレミアが付いている本を絞り込んで、それをブックオフ等の古本を扱っている店に探しに行きます。

物によっては古本屋で108円で売っているようなものが、ネットオークションでは5倍から10倍の値段で取り引きされていることもあります。

特に古書に分類されている物に関しては、古書の価値をよく調べずに買い取るブックオフ等の古本屋では捨値で売られている事もあり、相当の利益になったりします。

消費者金融での借り入れはどうなの?

どうやって借りるの?

主流となっているのがインターネットで申し込みする方法です。必要事項の入力する必要がありますが、難しいことはないので10分程度で終わります。

その後、審査結果が通れば電話かメールで連絡がきて本人確認や在籍確認となります。Web契約ですぐにお金を借りたいのであれば、銀行に振り込んでもらいカードや契約書類は後日郵送になります。

銀行振り込みの際の名義で消費者金融の利用がわかってしまうのを避けたい人は、自動契約機で手続きをすればその場でカードを受け取り、提携しているATMでお金を借りることができます。

必要なものは?

初めての申し込みの場合は、限度額まで借りられることはほとんどなく30万円くらいの融資になるので、本人確認書類だけで大丈夫です。

利用額が50万円以上の時や、他の金融会社からの借入があり、利用額の合計が100万円を超える場合は所得証明書が必要になります。

消費者金融の金利は?

大手の消費者金融ならば、ほとんど金利差はなく4.5%~18.0%くらいです。

モビットは最低金利が3.0%と他の大手の消費者金融よりも低くなっていますが、初めて借りる場合や限度額が低い場合は最低金利が適応されることはほとんどないので、金利を確認する場合は最高金利を見た方が良いです。

また、30日間無利息で融資を受けられる消費者金融もあるので、すぐに返済できる予定があるのなら無利息で借り入れることも可能です。

審査・借り入れまでの時間はどれくらいかかる?

キャッシングを利用する条件は、20歳~69歳以下で安定した収入がある人です。

大手の消費者金融なら、審査時間は最短30分で融資までの時間は最短で1時間くらいです。

Web契約で即日の銀行振り込みを希望している場合は平日14時まで、自動契約機を利用する場合は14時以降でも、土日でも借り入れることが可能です。

銀行での借り入れはどうなの?

どうやって借りるの?

銀行での手続きというと窓口で時間がかかるイメージがありますが、今では来店不要でインターネットで手続きが出来るようになっています。

カードローンを利用する銀行の口座がなくても借り入れが出来る場合もありますが、口座開設が必要な銀行もあり、そうなると借入までに時間がかかるので即日融資したい時は口座が必要かよく確認するようにしましょう。

必要なものは?

消費者金融は利用額が50万円以上の場合は、所得を証明する書類の提出が貸金業法で定められていますが、銀行では300万円までは本人確認書類のみで手続きが出来る銀行が多いです。

それ以上の高額借入時は所得証明書が必要になりますが、限度額まで所得証明書が必要ない銀行もあります。

銀行カードローンの金利は?

銀行カードローンの最大の魅力は、消費者金融よりも金利が低いことです。

平均すると年4.0%~14.5%くらいの金利を設定している銀行が多いですが、みずほ銀行のカードローンの中には年3.5%~7.0%ととても低い金利を設定しているものもあります。

借り入れまでの時間はどれくらいかかる?

最近では銀行の審査もとても速くなり、最短30分から即日融資も可能になっています。

銀行の営業時間外でも、店舗にあるローン契約機やテレビ窓口などを利用すると平日は21時、土日は17時くらいまでは審査が可能です。

クレジットカードでの借り入れはどうなの?

どうやって借りるの?

クレジットカードを持っていれば、銀行やコンビニなどの提携ATMで必要なとき、すぐにお金を借りることができます。

コンビニのATMでも利用できるのは便利ですが、1万円以下の借入の時は100円(税抜)、1万円以上の借入の時は200円(税抜)の手数料がかかります。

ATMでの借り入れの他に、インターネットや電話から申し込むと口座に振り込んでもらえるネットキャッシングという方法もあります。ほとんどのクレジットカードで対応していますが、時間や曜日によっては翌営業日の振り込みなります。

金利は?

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、金利はキャッシングの方が高くなります。

金利は消費者金融と同じくらいの設定で18.0%くらいが多いです。

返済方法は、一括払いとリボ払いのどちらかを選べますが、一括払いでも日割りで金利がかかります。

国からお金を借りることはできるの?

借りる条件は?

国からも、急にお金が必要になった時に「生活福祉資金」というお金を借りることができます。

資金にもいろいろ種類がありますが、緊急でお金が必要になった時には「緊急小口資金」の利用がいいでしょう。

この資金を利用できる大前提として低所得世帯でなければいけません。

その他の利用できる人は一時的にお金が必要で返済できる予定がある人になります。

  • 医療費など急なお金が必要になった時
  • 被災のためにお金が必要になった時
  • 給料の盗難や紛失のためお金が必要になった時
  • 就職や転職したばかりで給料日までの生活費が必要な時

どうやって借りるの?

申込みの窓口は、各市町村の社会福祉協議会です。直接窓口に行かなければいけないところと郵送でも受け付けているところなど、地域によって異なるので、まずは問い合わせてみてください。

必要なものは?

借入申込書、印鑑登録証明書と実印、本人確認書類、健康保険証、住民票の写し、収入証明書、口座振替依頼書などです。

この他にも、医療費の領収書などが必要になる人もいます。

金利は?

緊急小口資金の融資額は、10万円以内となっていますが、金利ゼロの無利子で利用することができます。保証人なども必要なく利用者には優しい貸付になっています。

借り入れまでの時間は?

この公的資金にも申請書類の提出後に審査があります。

公的資金のため審査は慎重に行われるので、融資を受けるまでに最短でも5日~1週間はかかります。即日融資はムリだといえます。

クレジットカードの現金化がおすすめできない理由は?

手元にクレジットカードがあれば審査などなしですぐにお金を手にすることができます。とても便利ですが、クレジットカードでキャッシングするのはあまりいい方法とは言えません。なぜおすすめできないのか調べてみました。

手数料がかかる

手軽にキャッシング出来るのは便利ですが、ATMを利用すると手数料がかかります。上記にも書きましたが、1万円以下の借入の時は100円(税抜)、1万円以上の借入の時は200円(税抜)がかかります。

リボ払いにした時などは、繰り上げ返済ができるカードが多いですが、その際も手数料がかかります。

金利がかかる

金利は消費者金融の最高金利とほぼ一緒の18%くらいです。消費者金融は借り入れる額が大きくなると金利も低くなりますが、クレジットカードは借入額に関係なく金利が決まっています。借入額が大きくなると、その分利息も高くなってしまいます。

また、一括払いにしたとしても金利が日割りでかかります。30日間は無利息で利用できる会社もある消費者金融と比べてしまうと、金利面ではかなりデメリットが大きいです。

限度枠がある

カードローンにも限度額はありますが、クレジットカードの場合は、ショッピング枠の中にキャッシング枠も組み込まれています。

つまり、ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円だった時に、ショッピングで40万円使ってしまっているとキャッシングは10万円しか利用できません。

限度額まで使ってしまうと利用停止になってしまうので、普段ショッピングでカードを使っている人がいざキャッシングをしようとしたときに、限度枠いっぱいということもあるかもしれません。

闇金がおすすめできない理由は?

急にお金が必要になっても、過去に自己破産をした人やブラックリストに載ってしまった人は、消費者金融や銀行からの融資を受けるのが難しいです。

そんな時に、街中に「即融資できます。破産者OK!」という張り紙を見てしまったら、思わず連絡してしまうかもしれません。

しかし、こういった広告のほとんどが闇金と呼ばれるものです。闇金はなぜおすすめできないのでしょうか?理由を調べてみました。

金利が高い

闇金の金利は「トイチ」や「トサン」と言われ、「トイチ」は10日で1割、「トサン」は10日で3割の利息が付きます。金利の設定は闇金ごとや債務者ごとに変わり10日で1~10割のとても高い違法な利息を取られます。

もし5万を「トサン」で借りたとしたら、10日で6万5千円を返済しなければいけなくなります。

返済日までに全額用意できたとしても、何かと理由をつけて返済させてくれないか利息分だけしか受け取らないことが多く、元金が減らないので利息ばかりが増えていきます。

取り立てが厳しい

借りるまではとても丁寧な対応をしてくれますが、返済日を過ぎた途端に態度が変わります。夜中に電話がかかってきたり、自分の職場に取り立ての電話がかかってくるのはもちろんのこと、身内の職場や同じビルに入っている違う会社に電話されるなど、精神的に追い詰められていきます。

最近では、闇金への取り締まりが厳しくなっているため、脅しや嫌がらせなどの取り立てはしないけれど、金利は闇金と同じくらい高い「ソフト闇金」があります。

勝手に融資される

完済できたとしても、その後営業の電話がしつこくかかってきたり、契約しなくても勝手にお金を振り込まれる「押し貸し」をされることがあります。

1回でも闇金を利用してしまうと、闇金のネットワークや名簿を使って、違う闇金から連絡があるなど、闇金から抜け出すことが難しくなってしまいます。

自分だけではなく周辺の人にまで迷惑をかけることになってしまうので、闇金は絶対に利用しない方がいいです。

即日借り入れ可能なカードローンは?

金融機関名 カード名 金利 限度額 借入方法
住信SBIネット銀行 MR.カードローンプレミアムコース 4.5%~17.8% 500万円 口座、窓口、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
三井住友カード ゴールドローンカードレス 3.5%~9.2% 700万円 口座、NET
ゴールドローン 3.5%~9.8% 700万円 口座、NET、ATM(提携、コンビニ)
カードローン 4.0%~14.5% 800万円 ATM(自社、提携、コンビニ)
ソニー銀行 カードローン 2.5%~13.8% 800万円 口座、NET、ATM(提携、コンビニ)
イオン銀行 カードローンBIG 3.8%~13.8% 800万円 NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 4.6%~14.6% 500万円 口座、ATM(自社、提携、コンビニ)
横浜銀行 カードローン 1.9%~14.6% 1,000万円 口座、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
北洋銀行 スーパーアルカ 1.95%~14.7% 1,000万円 口座、ATM(自社、提携、コンビニ)
常陽銀行 キャッシュビット 7.8%~14.8% 500万円 口座、ATM(自社、提携、コンビニ)
じぶん銀行 じぶんローンau限定割 1.9%~12.5% 800万円 口座、NET、ATM(提携、コンビニ)
新生銀行 レイク 4.5%~18.0% 500万円 口座、NET、ATM(提携、コンビニ)
レディースレイク 4.5%~18.0% 500万円 口座、NET、ATM(提携、コンビニ)
プロミス カードローン 4.5%~17.8% 500万円 口座、窓口、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
アコム カードローン 4.7%~18% 500万円 口座、窓口、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
モビット カードローン 3.0%~18% 800万円 口座、窓口、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)
アイフル キャッシングローン 4.5%~18.0% 500万円 口座、窓口、NET、ATM(自社、提携、コンビニ)

上記のカードローンは即日融資が可能になっていますが、審査に時間がかかってしまうと翌日以降の振り込みになってしまったり、締め切り時間に間に合わないと即日融資できなくなります。

急いでいても、金利の比較と締め切り時間の確認はするようにしてください。

まとめ

お金が必要になった時に、どのようにして工面するかを調査してきました。対処方法には、いろいろな方法がありメリットデメリットもそれぞれあります。

銀行のカードローンが利用できれば、金利も低く安心度も高いと思いますが、消費者金融よりも審査が厳しいというデメリットがあります。
30日間以内に返済できる見込みがあるなら、無利息で融資してもらえる消費者金融の方が利用しやすいかもしれません。

自分に合った融資方法を見つけ、無理のない利用が出来るようにお役にたてれば幸いです。

住宅ローンが払えない場合の対処方法

住宅ローンが払いきれない!どうしよう!となってしまっても悩まないでください。実は対処方法はたくさんあるのです。

こちらでは住宅ローン返済がままならなくなった方たちへの解決方法についていくつかの視点からアドバイスをしていっています。

続きを読む

引越し費用が足りない場合の対処方法

新天地での生活に胸を高鳴らせているのも束の間、引越し費用が足りずに引越しができそうにない。そんな時は一体どうしたらいいのでしょうか。

また、引越し費用が足りないという事態に陥らない為にはどんな点に注意すればいいのでしょうか。

引越し費用が足りない場合の対処法について色々とまとめてみました

続きを読む

家賃が払えない場合の対処方法

人が生活して行く為には、ある程度のまとまった生活費が必要です。なぜなら生きて行く為にはいろいろな費用がかかるからです。

ではどの様な費用があるのかというと「家賃」「食費」「日用品費」「水道光熱費」「通信費」「医療費」「教育費」「交通費」「被服費(履物)」「娯楽費」「ローン代」「雑費」等が一般的にあげられます。

この中で毎月ほぼ一定の金額が決まってかかる費用を「固定費」、毎月決まってはいないが使用した時に使用した分だけかかってくる費用を「変動費」と呼んでいます。

両者のうちの「固定費」にあげられる費用には、上記の中の「家賃」「水道光熱費」「通信費」「教育費(※塾代や習い物等固定したもの)」「ローン代」等が含まれます。

これらの固定費として挙げられる費用には、金額が多少変動するものと、毎月固定した金額がかかるものとがありますが、どちらも毎月一定額以上の金額が決まってかかる費用です。

このように固定費というのはほぼ必ず発生する項目である為、これらを支払う為には毎月これ以上の収益(収入)が必要となるわけです。

では毎月入っていた収入が突然入らなくなったとしたら、もしくは費用である支出の割合があまりに多くなったとしたらどうなるでしょうか?

変動費に関して言えば努力次第で金額を減らしたり、使わないようにする事は可能ですが、固定費に関してはそういうわけにはいきません。

特に「家賃」は貸主と契約を結んでいるものである為、支払いが出来なくなるという事は様々な問題が発生すると考えられます。

続きを読む

一人暮らしの生活費が足りない場合の対処方法

あなたは今一人暮らしですか?もしくは一人暮らしを経験した事はありますか?

「一人暮らし」と一言で言ってみても、住む地域・住む家の形態・年齢・学生か社会人か・仕事の有無・正社員かアルバイト(もしくはパート)か・貯金の有無・頼れる人の有無等、その人を取り巻く環境や生活スタイル等あらゆる状況により、その内容は大きく異なるといえるでしょう。

しかしどんな状況下であっても一つだけ言える事は、生活する為には必ず生活資金が必要であるという事です。たとえ一人暮らしとはいっても、毎日暮して行く為には色々な費用がかかるのです。

無計画にお金を使っていては生活費が足りない!といった事態を招きかねません。ですから日頃から収支のバランスを考え、自分に合った生活資金の使い方をマスターして、より快適なシングルライフをおくれるといいですね。

今回はそんな「一人暮らし」の生活費のピンチに焦点を置き、様々な角度から調査してみたいと思います。

現在一人暮らしで生活資金に困っている方、これから一人暮らしをされる方、将来もしかしたら一人暮らしを経験するかもしれないとお考えの方、この他全然関係ないよという方ももしかしたら老後に一人暮らしを経験するかもしれません。

将来困らない為にも、是非この機会にこの調査結果を読んで、改めて一人暮らしの生活について考えてみてはいかがでしょうか?

続きを読む

結婚式費用が足りない場合の対処方法

結婚式にかかる平均費用はどれぐらい?

招待人数や地域によって平均費用は大きく異なります。2014年のゼクシィの調査によると、全国平均は約333万円、招待人数は平均72人とのことです。結婚費用は約300万円というのはある程度信ぴょう性のある数字のようですね。

そんなお金ないよ~!と思われるかもしれませんが、安心してください。実際の自己負担はここからさらに下がります。結婚式費用にご祝儀が充てられるからです。そのため、333万円もかかるなら結婚式しない!なんて思われないでくださいね。

  • 首都圏は約341万円、約66人
  • 北海道は約198万円、約86人
  • 九州は363万円、約98人

続きを読む

NHK受信料が払えない場合の対処方法

NHKの受信料は払わなくちゃいけない?

意外と家計の負担になるNHKの受信料。月々の支払いは結構な負担になり、家庭によっては支払うのが困難な場合もあるのではないでしょうか?

そもそもNHKの受信料に対して私たちに支払い義務はあるのでしょうか。視聴者としてNHK契約を交わした契約関係にあるのかどうか疑問に思う人も多いと思います。「NHKの受信料をどうしても払えない」そんな時の対処方法について法律や専門家の視点から契約義務などについても紹介します。

続きを読む

電気料金が払えない場合の対処方法

毎日の生活に欠かせない電気ですが、諸事情により電気料金が払えなくなった時、その後一体どんなことが起こるのでしょうか。
電気料金が払えない場合に起こってしまうことや、払えない時の対処方法について紹介します。

続きを読む