派遣登録説明会へ参加時の服装と髪型

このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣登録説明会には、どのような服装で行くのがふさわしいのでしょうか。注意をしたいのは「自分がしたい服装をする」「自分が納得できるお洒落を追求する」ことを目的としてはいけないということ。派遣登録説明会は、これから仕事を紹介してくれる派遣会社のコーディネーターと、初めて出会う場となります。相手から見て、どのような印象を受ける服装かということを考えた上での身だしなみが大切です。

「きちんとし過ぎ」で困ることはない

では、派遣登録説明会にはどのような服装で行けばいいのでしょうか。まずは「何をしに行くのか」という目的について、きちんと確認してみましょう。派遣登録説明会は、就職活動や転職活動に準じるものと考えて、準備を進める必要があります。働き方として「派遣」というスタイルを選んだだけであり、仕事をしたいと考えている人が集まる場であることは、変わりありません。社会人経験やキャリアを求められていない第二新卒枠でなければ、アルバイトやパートとは違い、基本的に即戦力を求めているという点も、注意しなくてはいけません。即戦力になるということは、社会人としてのマナーは一通り身に着けているものであることを前提としています。社会人としてのマナーの中には、身だしなみも含まれているのです。

派遣登録説明会は、想像以上にしっかりチェックされる場

「派遣登録しよう」と考えた時、まずはWebで登録をし、派遣登録説明会に参加することになります。仕事をしたい思いが真剣であればあるほど、良い印象を持って欲しいと思うもの。では、派遣登録説明会で好印象を残すには、どのような服装で参加すればいいのでしょうか。

派遣会社のホームページは、カジュアルな雰囲気を感じるやわらかなテイストのものが多くあります。派遣登録説明会に関しても「まずは参加を」「カジュアルOK 」と、気軽さをアピールする言葉が並んでいて、閲覧していると「とりあえず行ってみようかな」という気持ちにさせられることも。ですが、ここで忘れてはいけないのは、派遣登録説明会は、説明会と名前がついていても、面接と変わりないということ。場合によっては、通常の採用面接よりも、長時間に渡るスキルチェックがあったりと大変な印象を受けるかもしれません。派遣会社としては「この人材は即戦力になります」とお墨付きをつけて企業に紹介するという立場がありますから、しっかりとその人物を見極めることが重要なのです。そのような場ですから、いくら「気軽に」と書かれていてもしっかりと準備をしていく必要があります。

派遣登録説明会は、実際に仕事を紹介してくれる派遣コーディネーターとの出会いの場。きちんとした印象を残しておいたほうが今後プラスになることは、想像できると思います。ここでは自分のしたいお洒落をすることではなく、相手に安心感を持ってもらえる服装を心がけましょう。

男性も女性も、迷ったら「スーツ」

では、具体的にはどのような服装で行くのがいいのでしょうか。初対面の印象というのは、服装に大きく左右されます。内面的にどんなに素敵な人でも、内面の素晴らしさが外見ににじみ出るというのは、なかなか難しいもの。そこに期待するよりも、きちんと整った身だしなみをすることで、相手に良い印象を持ってもらう方が簡単です。だらしのない格好は、それだけで信頼に値しない人という印象を抱かれかねません。

服装に迷ったら、とりあえずスーツで行くのがベターでしょう。男性の場合、ネクタイも基本的には着用するようにしましょう。夏場のクールビズ時期には半袖のビジネスシャツ、ノーネクタイというスタイルもよく目にしますが、派遣登録説明会で派遣会社のスタッフがネクタイをされていた場合、登録してもらう側であるこちらがノーネクタイだと失礼にあたります。スーツで行くならば、ネクタイもしていったほうが無難です。

「派遣登録説明会にスーツだなんて、張りきった印象を残さないかな?」と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。でも、派遣登録説明会という限られた時間で、その人となりを判断しなくてはいけない派遣会社側にしてみれば、服装も大きな判断基準のひとつになります。派遣登録説明会にスーツを着ていくのはTPO的にもふさわしいもの。派遣登録説明会の目的は、あなたの経歴や経験、そしてやる気と人となりを確認する場です。「きちんとした格好で派遣登録説明会に挑む」ことは、プラスにこそなれ、マイナスになることはありません。お洒落をしすぎたり、自分のポリシーを通して悪目立ちをする必要はまったくないのです。ここは、無難が一番。服装に迷ったら、とりあえずスーツを着ていきましょう。

ただし、せっかくスーツを着用していても皺だらけだったり、襟が汚れていたりすると、逆に印象が悪くなってしまいます。何を着用するかも大切ですが、清潔感があることも重要です。よれよれのスーツを着るくらいなら、オフィスカジュアルで参加したほうが好ましいでしょう。

第二新卒や、前職がオフィスカジュアルOKのオフィスだった場合「スーツを持っていない」ということもあると思います。そういった場合は、リクルートスーツでも問題ありません。リクルートスーツも持っていない場合は、女性ならブラウスにスカート、カーディガン、もしくはワンピースにジャケットを羽織るのもいいでしょう。男性なら、ワイシャツにチノパン、ジャケットというオフィスカジュアルでも問題ありません。この場合も、スーツ同様にきちんとアイロンがけされているか、スカートやパンツがヨレヨレではないか、カーディガンやベストを着用する場合は毛玉がついていないか、確認しましょう。

足元も重要です。靴がピカピカに磨かれているか、汚れていないかも、意外と見られているもの。「靴は、その人の暮らし方を表す」とも言われています。手入れの行き届いた靴は、きちんとした暮らしを証明するもの。つい見落としがちな部分ですが、出かける前にはきちんとチェックするようにしましょう。

基準は「オフィスカジュアル」

服装に迷ったら「この格好のまま、オフィスで仕事をしても違和感がないか」想像してみましょう。オフィスカジュアルの定義として明確なものはありませんが、一般的にはオフィスで周囲に不快感を与えないもの、シンプルであり、過度に華美ではないもの、清潔感があるもの、業務上支障のないものなどが挙げられます。

派遣登録説明会にふさわしくない服装とは

派遣登録説明会にふさわしくない服装には、どのようなものがあるのかを見ていきます。男性の場合は、デニム素材やスウェット素材の物は避けましょう。部屋着のようで、だらしのない印象を与えてしまいます。Tシャツにジャケットも首元が空いてしまうため、カジュアルな印象になりがち。注意が必要です。首元の詰まったTシャツならいいかもしれませんが、基本的には襟のあるものを着用するようにしましょう。サンダルもNGです。

次に、女性ですが、まず気をつけたいのがスカート丈。膝が隠れるくらいの丈を選びましょう。ストッキングの着用も、社会人としてのマナー。冬場はタイツもOKですが、柄が入っていたり、深緑や紫といった派手なカラータイツは避けます。夏場はサンダルやミュールもNGです。パンツスタイルももちろんOKですが、ワイドパンツなどは形がカジュアルな分、きちんとした素材のものを選ぶようにします。男性同様、デニムやスウェット素材は避けます。ミニスカートやショートパンツ、ハーフパンツなど、肌を露出するものは避けます。トップスも、襟付きの方がきちんとした印象を残すことができます。肌の露出度の高いものを着用していくと、業務に差し支えが出る危険性ありと判断されることもありますので、腕や足が過度に露出していないか、確認しましょう。

男性も女性も派手な色は避け、多くても3色程度でまとめるようにします。使用する色も控えめなものがベター。ベージュや白、グレー、紺、黒などでまとめると、清潔感のあるスタイルになります。派遣登録説明会では「お洒落さ」よりも「安心感」を先方に与えることを目標に、準備をすることが大切です。社会人らしい常識をわきまえた、清潔感ある服装を心がけましょう。

アクセサリーのつけすぎは避ける

女性の場合は指輪やピアス、華奢なネックレス程度であれば、アクセサリーも問題ありません。男性は、基本的にアクセサリーはつけないようにしましょう。結婚指輪くらいなら問題ありませんが、派遣登録説明会にわざわざジャラジャラとアクセサリーをつけて来るのは、場をわきまえない人としてマイナス評価につながってしまいます。派遣登録説明会は、就職活動や転職活動と同等の意味合いを持つ場です。服装や身に着けるものに必要なのは派手さでなく、シンプルかつ好感の持てるものであること。自分のポリシーをひけらかす場ではないのです。

ヘアスタイルも清潔感あるものを

服装と同じくらい、注意が必要なのがヘアスタイルです。洋服のことは気を配っても、ヘアスタイルにまで頭がまわらなかったと後悔しないように、きちんとトータルでコーディネートするようにしましょう。

「オフィスで働いていて、違和感のない髪型」であることが、ひとつの判断基準になります。アフロヘアやドレッドヘアは、オフィスにはふさわしくないので、避けましょう。また、男性や、女性でもショートヘアの方は、伸びているとだらしない印象を与えてしまうことがありますので、注意が必要です。髪は、おじぎをした時に顔を隠してしまわないように短く整えるようにしましょう。ロングヘアの女性も、髪はまとめておいたほうがベターです。次は、男女別注意点について、見ていきましょう。

男性は「清潔感」が要

男性の場合は短髪で、サイドの髪は耳にかからないように、後ろはシャツの襟にかからない程度にカットされていると好印象です。前髪も目にかからないようにカットし、長くても眉毛は見えるようにしておきます。長髪は清潔感に欠けますので、仕事探しをするなら、黒髪短髪が一番無難と言えるでしょう。整髪料を使用してセットをする場合は、つけすぎてベタベタした印象が残らないように注意が必要です。

女性は「聡明さ」を演出して

女性の場合も、派手なパーマや巻き髪よりも、控えめな印象のスタイルのほうが好まれます。エクステンションをつけている場合は、外していきましょう。髪色も重要で、金髪や派手な色、明るすぎる茶髪、メッシュなどが入っている場合は、今後オフィスで仕事をすることを前提に、暗めの茶色か黒に染め直すことをおススメします。ショートヘアでも、ロングヘアでも、サイドの髪は耳にかけ、すっきりさせておきましょう。ロングヘアの場合はひとつにまとめたり、ハーフアップするなどして、顔周りをすっきりとさせると明るい印象になります。ただし、あまり高い位置で結んでしまうと、幼い印象になってしまいます。髪は低い位置でまとめるようにしましょう。

清潔感のあるメイクは社会人としての常識

「学生時代はお化粧なんてしたことがなかった」という方もいらっしゃるかもしれませんが、社会人になるとお化粧はマナーのひとつ。かといって、どんなメイクでもしていればいいという訳ではありません。ナチュラルメイクすぎると「ノーメイクなのでは?」と思われてしまいますし、かといってしっかりメイクをしすぎると「派手すぎる」「遊びに行くんじゃないんだから」と感じられてしまいます。

ここからは、最低限押さえておきたいメイクのポイントについてご紹介します。まずは、ファンデーションなどのベースメイク。肌をきれいに見せ、健康的な印象になるように、厚塗りせずしっかりとなじませます。次に眉ですが、整った眉はきちんとした印象を与える武器。ビジネスの場においては、細い眉よりも、太めの眉のほうが安心感を与えるため、好まれる傾向にありますので、細眉が好きな人も派遣登録説明会やオフィスでは意識して少し太めに描くようにしましょう。アイシャドウは、派手な色を避け、使用するとしてもブラウン系で統一。青やピンクを持ってきてしまうと、華やかすぎてしまうので、オフィスには適しません。アイラインも、入れるとしたらあまり太いものは避け、マスカラもつけすぎには注意しましょう。血色をよく見せるチークと口紅は、オフィスメイクの基本。こちらも真っ赤や紅など、濃い色は避ける必要がありますが、ピンクベージュやオレンジベージュなど、肌なじみのいい色を選ぶようにするといいでしょう。顔色の良さは、健康的なイメージで相手に安心感を与え、やる気を演出することにもつながります。派手なメイクは必要ありませんが、健康的で明るい印象を持ってもらえるように、きちんとしたメイクをするように心がけましょう。

最近人気のまつ毛エクステンションは、華美な印象を与え、仕事に対する姿勢を疑われてしまうことも。本気で仕事を紹介して欲しいという気持ちがあるなら、派遣登録説明会に行く時はまつ毛エクステンションを外していくことをおススメします。

男性は髭に注意

男性の場合は、メイクの心配はいりません。その代わり、髭に注意が必要です。伸びかけの髭は、相手にだらしのない印象を与えてしまいますので、しっかりと剃るようにしましょう。ポリシーとして生やしている髭があったとしても、ビジネスの場において、髭はあまりいい印象は持たれません。本気で仕事に就きたいと考えているならば、剃るようにしましょう。男性の場合は、清潔感やさわやかな印象が大切です。

ネイルにも注意が必要

うっかり見落としがちなのが、ネイルです。派遣登録説明会には、ネイルをしていっても大丈夫なのでしょうか。結論から言うと、メイク同様健康的に見えるナチュラルなカラーであり、爪も長すぎなければ問題ありません。何もケアしていない爪よりも、手入れをきちんとしちんとしている印象を与え、上品に見えるという声もあります。ここでも大切なのは、華美すぎないということ。長さを出す着け爪や、デコレーションがあるものは業務に差し支えがあると判断されてしまうので、外していくようにしましょう。カラーも、ピンクやベージュなど、肌なじみのいいものが好まれます。

色味が強いものだったり、グラデーションやマーブルなどデザイン性が高く華やかなもの、ラメ入りなどの派手なネイルアートなどをしていて、派遣登録説明会までにサロンに行く時間が取れず、外せないという場合もあると思います。そんな時は、どうしたらいいのでしょうか。「とりあえず派遣登録説明会だけ何とかしたい!」そんな場合は、ジェルネイルの上から普通のマニキュアを塗ってしまうという方法もあります。どうしても、という時には、上からベージュやピンクなどのネイルを重ねて塗ると、ベースになっている派手なネイルを隠すことができます。

派遣登録会時には間に合わなかったとしても、実際に仕事を紹介されてスタートすることになった場合は、誤魔化して済ませるのではなく、オフィスに適したシンプルなネイルをするようにしましょう。

メイクや服装に「人となり」が現れる

レストランに食事に行く時、アウトドアに出かける時、学校に行く時、アルバイトに行く時…さまざまな場面に合わせた服装やメイクをするように、派遣登録説明会にもその場に適した装いというものがあります。服装やメイクは、社会人としてのマナーのひとつ。どんなに仕事ができる人だったとしても、素晴らしいスキルを持つ人であっても、輝かしい経歴を持っていたとしても、身だしなみがきちんとしていないとそれだけで印象が悪くなってしまいます。

派遣会社は、企業に対して「この人は即戦力として活躍できる、信頼に値する人材です」という評価をつけて紹介する立場ですから、チェックする目は厳しいもの。派遣登録説明会では、いつも以上にそのことを意識して、社会人としての身だしなみ、マナーをアピールする場だと考えて準備を整えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>