派遣登録時に派遣会社へ提出する履歴書の書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣登録の際に、派遣会社に提出する履歴書。就職活動や転職活動とは違い、就業先が決まっていない状態での履歴書作成に、悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、人材派遣会社へ登録する際に持参する履歴書の書き方について、レポートします。

派遣登録にも履歴書は基本的に必要

派遣スタッフとして企業に紹介されるのだから、派遣元である派遣会社に履歴書を提出する必要はあるのかと疑問に感じたことはありませんか?派遣会社にスタッフとして登録する訳ですから、派遣会社は採用するか否かの判断材料のひとつとして、履歴書の提出を求めてきます。その履歴書をベースに面談やスキルチェックをし、信頼できる人材であると判断すれば登録され、スキルに応じて派遣先企業とマッチングされるというのが就業までの流れになります。

逆に、派遣先企業には、履歴書が渡されることはありません。先方から要望があった場合、本人であるスタッフの許可を得て提出されるケースもあるかもしれませんが、履歴書は個人情報ですから厳重に扱われます。安心して提出しましょう。

学歴欄、職歴欄はシンプルに

次に、履歴書の書き方について見ていきましょう。
住所や氏名など基本的な情報の次に、学歴・職歴を時系列で書いていきます。学校名や会社名は、正しい表記で書くように注意が必要です。年月日については、和暦でも西暦でもかまいませんので、表記を統一しましょう。また、それぞれの項目の最後には「以上」と書いておきます。

学歴はどこから書いてもOK

学歴を書くとき、いつから書き始めればいいのか迷うこともあると思います。履歴書には「学歴をどこから書く」という決まりはありません。ですが、履歴書の記入見本などにも多いように、中学卒業から書くのが一般的な書き方とされています。

小学校卒業から全て書くというのも、ひとつの方法。丁寧に履歴書作成に取り組んでいる姿勢が感じられるので、マイナスになることはありません。履歴書では「入学」と「卒業」をセットに書くのが一般的ですが、中学までは「卒業」のみ書いておけば十分です。「入学」と「卒業」両方書いてあると「丁寧に書かれている」という印象を与えるかもしれませんが、中学までは義務教育を修了しているということが分かればいいので「卒業」のみでも大丈夫なのです。

また、最終学歴の一つ前から書くという考え方もあります。これは、職歴が多く、スペースをあまり割きたくない場合に有効です。

職歴には簡単な理由を入れて

職歴欄には、会社に入社した年月、会社名、簡単な業務内容、退職年月と退職理由を書きます。職務経歴書で業務内容や退職理由は詳しく書くことになりますので、履歴書上ではシンプルに、分かりやすくまとめます。ただ、勤めていた会社の羅列になってしまわないように、一言理由を添えておくとより丁寧な印象を与えることができます。

2015年4月 〇〇株式会社入社 営業部にて顧客サポートを担当
2016年12月 一身上の都合により〇〇株式会社退職

※参考⇒ 人材派遣会社へ提出する職務経歴書の書き方

派遣での就業歴も記載

派遣で働いた期間を履歴書に書く時は、どのような点に注意すればいいのでしょうか。その場合は派遣元と派遣先、両方を記載します。契約満了で退職した場合は、退職理由に「契約満了」との一言を入れましょう。きちんと派遣期間をまっとうして退職したという点は、評価につながります。

2015年4月 〇〇株式会社より派遣スタッフとして××株式会社に勤務
2016年12月 ××株式会社 契約満了にて退職

短期間の就業でもキャリアとして評価される

派遣という働き方ならではの悩みとして、短期間で複数の職場に派遣スタッフとして勤務した経験はどのように書けばいいのかというものがあります。契約を満了し、次の職場へと移っただけなのに、経歴として全て書き出すと「一つの職場で長続きできない人物」と判断されてしまうのではないか――そんな不安を感じる方も多いようです。

では、すべての経歴を書かないほうがいいのでしょうか。結論から言うと、そんなことはありません。さまざまな職場で仕事をした経験があるということは、どのような職場でも仕事ができる適応力を持つ、即戦力となる人材であるということ。「契約満了」という一言を添えて、きちんと書くようにしましょう。

志望理由には「派遣スタッフとして仕事をする」理由を

派遣登録説明会に参加する時点では、派遣会社にスタッフとして登録するだけですので、就業先は決まっていません。就業先が見えない状態での自己PRは、難しいもの。一般的に志望理由は「どうしてこの仕事をしたいか」という点について書くものですが、派遣登録の場合は「どうして派遣という働き方を選んだのか」という点について、焦点を当てましょう。

派遣という働き方を選んだ理由として「時間に融通が利くから」「短時間勤務が希望だから」「週4日勤務を希望しているから」と条件面ばかり書いてしまうと、あまり良い印象を持たれません。たとえば育児や資格等の通学、介護などが何か理由があって正社員として仕事をできる環境にはないけれど、それまでに培ってきたスキルや経験を活かして仕事をしたい、という書き方をすれば、印象は大きく変わります。また、新卒や中途で入社するのは難しい大手企業にも、派遣スタッフとしてなら就業しやすいというメリットを、理由のひとつとするのもいいでしょう。

志望動機には、派遣スタッフとして働くことに対して、前向きな理由が書くことが大切です。就業先が分からないまま、志望理由を書くのは難しいと思います。ですが、派遣スタッフとして仕事をするためには、まず派遣登録説明会で一定の評価を得ることが必要です。自己PRを空欄で提出するのは、先方にも失礼にあたります。「自分がなぜ、派遣として働きたいか」よく考えてみることは、派遣登録説明会の面談時にも役立つもの。いい機会だと捉えて、自己分析をしてみるのもいいかもしれません。

自己PRには即戦力スキルを

では、自己PRには、どのようなことを書けばいいのでしょうか。就職活動や転職活動の際には、会社研究をし、目指す企業が求める人物像と、自分の経験やスキルを重ねてPRするのが一般的です。派遣登録をする時点では就業先が決まっていませんから、とにかく自分のスキルの中で即戦力となり得るものをアピールしましょう。派遣会社は、即戦力を求める企業に派遣スタッフを紹介するのが仕事です。ですから、一番知りたいのは、その人がどのようなスキルを持っていて、どんな仕事ができるかという点なのです。

自己PR欄では、自分はどんな仕事の即戦力となり得るのかを、しっかりとアピールしましょう。派遣会社は、派遣スタッフを「即戦力になる、信頼できる人材」として派遣先の企業に紹介します。派遣会社も、企業も、欲しいのはあくまで「即戦力」。「できます」と本人が言った仕事しか、紹介されることはありません。自己PRをする際、経験が浅い業務については明記してはいけないのではないかと考える方もいらっしゃいますが、その業務に対して自信があれば、きちんと記載するようにしましょう。対応できる業務が多ければ多いほど、紹介される仕事の幅は広がります。必要以上に謙虚な姿勢をとったことで、選択肢が狭まることがないようにしましょう。

※参考⇒ 派遣登録説明会で行うスキルチェックの内容

履歴書不要と書かれていたら

派遣登録説明会の持ち物リストに「履歴書不要」となっているのを見たことはありませんか?派遣会社のホームページには「まずは登録に来てみませんか」「カジュアルOK」など、気軽に参加したくなるような言葉が並んでします。その上「履歴書不要」という表記があったら「とりあえず行ってみよう」という気持ちになるかもしれません。

では、本当に履歴書は不要なのでしょうか。派遣登録説明会当日にこちらから持参する履歴書は、確かに不要かもしれません。でも、そういった場合は、会場に専用のプロフィールシートが用意されていたり、PCでの登録が求められたりすることが殆どです。派遣会社としても、自分たちが必要な情報だけもらえた方が効率的ですし、派遣登録説明会に参加する応募者側も手間が省けるといった理由から、近年はこういったスタイルの登録方法が増えています。

会場での記入に慌てないために

派遣登録説明会の会場という緊張感ある場で、自分をアピールするための資料を作成するというのは意外と難しい物。志望動機や自己PRなど「どうしよう」と考え込んでしまう方も多いようです。

「履歴書不要」と書かれている派遣登録説明会では、会場で記入する書類があるという心づもりをして、履歴書を持って参加するようにしましょう。そうしておけば、プロフィールシートを作成する際に、履歴書をベースに必要な項目を書き写せばいいだけなのでとても助かります。手帳やノートから写しても問題はありませんが、履歴書のほうがスマートな印象を残すことができるでしょう。志望動機や自己PRは、本来であればじっくりと書きあげたいもの。自宅の落ち着いた環境で、準備してくるようにしましょう。学校の卒入学年月日や、職歴などを記入する際にも、履歴書があれば「いつだったっけ?」と焦らずにすみます。

派遣登録でも送付状は必要

派遣登録をする際に、履歴書や職務経歴書を事前に派遣会社に送付する場合があります。そのような時には、送付状は必要なのでしょうか。社会人としてのマナーを考えれば分かると思いますが、送付状は必要です。自分の個人情報は重要書類に値しますし、ビジネスマナーとしても書類のみを封筒に入れて送りつけるというのはNG評価となります。送付状自体、シンプルなもので構いませんので、必ずつけるようにしましょう。内容として最低限書くべきものは、日付、宛名、あいさつ文、送付目的、送付物リスト、署名になります。

仕事を見つけるための活動ですから、誠意を持って、丁寧に取り組むようにしましょう。「このくらいで大丈夫かな?」という意識は、先方に伝わります。採用する側も、真剣に採用されたいと思っている人を選びたいもの。丁寧にし過ぎて、マイナスになることはありません。ここは一生懸命に取り組む姿勢を見せるためにも、正式なスタイルをとりましょう。

派遣でもアルバイトでも履歴書は同じ

履歴書を書くとき「派遣登録だから、ちゃんと書かなくちゃ」「アルバイトだから、このくらいで大丈夫」と、応募先の雇用形態で判断していませんか?そういった姿勢は、採用する側に伝わります。派遣でも、アルバイトでも会社から仕事を任されるのは同じです。任される仕事が簡単なものだから、責任が軽いものだから、履歴書が適当なものでいいということはまったくありません。

同様に、転職活動ではないのだから、派遣登録時の履歴書はこのくらいで大丈夫という判断をする方もいるようですが、これも大きな間違いです。派遣会社は「この人物は即戦力となるスキルを持つ、信頼に値する人材」であると評価をつけて、派遣先企業に紹介できる人材を探しています。履歴書をどのくらいしっかりと仕上げてくるかで、仕事に対する姿勢も見えてくるもの。たくさんの登録希望者と接しているコーディネーターであれば、簡単に見抜いてしまいます。

履歴書から人となりが伝わる

履歴書は、自分がどのような人物かを学歴や職歴、志望動機や自己PRなどから分かりやすく伝えるツールです。その情報が丁寧に、分かりやすくまとめられていれば、手書きでもパソコン作成でも問題ありません。派遣スタッフの場合、事務能力は最低限必要なスキルとしてチェックされます。履歴書もだらだらと書き連ねるのではなく、項目ごとにまとめるなどの工夫をして、分かりやすいものを作成するようにしましょう。

履歴書は、パソコンと手書きどちらで作成しても、基本的に問題ありません。ただ、派遣会社の場合はパソコンスキルの高い人材を求めていることが多いので、パソコンできれいに作成されているとスキルのアピールにも繋がります。また、後になって修正したいという時に簡単に書き直すことができるというメリットも。「手書きで」と指定されていない限り、パソコンで作成しましょう。

パソコンで作成するメリット

パソコンで履歴書を作成する最大のメリットは、ひとつベーシックなものを作っておけば、それをベースに履歴書を簡単に作成できるようになるという点が挙げられます。派遣会社に登録する際、同じ時期に複数の会社に登録する方も多いので、そういった場合に効率的に準備を進められるのは、大きな利点と言えるでしょう。

パソコンが今ほど普及していなかった時代は、手書きの履歴書をコピーして使いまわすのはNGとされていました。応募する姿勢に真剣味が足りないと判断されていたからです。その名残として「履歴書を使いまわすのはいけない」という意識が根付いている部分もありますが、近年パソコンでの作成がスキルのひとつとして評価されるようになり、事情が変わってきました。もちろん、志望動機や自己PRをそのまま使いまわすのはいけません。どのような応募先にも使えるような、当たり障りのない志望動機はすぐに見抜かれてしまいます。きちんと一社一社、その会社の特色を踏まえた上で、志望動機は書き換えることが必要です。派遣会社と言っても、IT系、メーカー、医療系とそれぞれに強い分野を持っているもの。そういったことを事前に調べて、志望動機に反映することで、やる気を伝えることができます。会社や住所や氏名、学歴や経歴と言った同じ内容を書く項目に関してはそのまま使用することに関しては、まったく問題ありません。

派遣会社の担当者は、たくさんの応募者の書類に目を通します。手書きのものは、個性が出やすく、それがアピールにつながることもありますが、事務系の仕事を多く取り扱う派遣スタッフとしてアピールすべきは、読みやすい資料作成スキルや、パソコンスキル。応募書類は、パソコンできれいに作成するようにしましょう。

派遣登録への第一歩となる応募書類作成ですから、丁寧に取り組みましょう。作成を始める前には相手がどのような情報を求めているか、どのような人材を探しているかをよく考えて、そのことを踏まえた上で履歴書を作成することが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>