人材派遣会社登録の流れ

「人材派遣」とは、人材派遣会社に登録し、派遣会社を雇用主とした上で、実際に勤務する企業に派遣されて就業するスタイルの働き方を指します。

「派遣ってよく耳にするけれど、システムがよく分からない」「広告に有名企業なんて書いてあるけれど、自分に務まるかしら」「不安定なのでは?」と、不安に感じる方もいらっしゃると思います。

今回の記事では、初めて人材派遣会社に登録する際、そのシステムや採用までの流れ、そして注意しておきたい点について、調査しました。

人材派遣会社への登録とは?

人材派遣会社に登録すると、派遣元の「人材」となります。人材派遣会社が「人材」と「派遣先の企業」をマッチングしてくれるのが、派遣という働き方最大の特徴。自分の希望条件と、派遣先の条件がある程度合致するものを紹介してくれるので、一般的な就職活動よりも自分の希望が通りやすい働き方を実現しやすい働き方と言えるでしょう。

「派遣」という言葉はよく耳にするけれど、実際にはどのようなシステムなのか、今一ひとつピンとこない方も多いと思います。では、実際に人材派遣会社に登録をすると、どのような流れで就労することになるのか見てみましょう。

未経験者にもわかる人材派遣会社への登録条件

人材派遣会社に登録する際、求められる条件とはどのようなものがあるのでしょうか。原則として「18歳以上であること」「実務経験があること」を前提条件としている会社が多いようです。派遣社員には、即戦力を求める企業が多いというのが理由のひとつと言えるでしょう。

新卒、第二新卒などで社会人経験が浅くても、ある程度のパソコンスキルがあり、現場で人材として活躍できると見込まれれば採用されるケースもあります。また、スキルアップ研修などが充実している派遣会社では、講座が開講されていたり、資格取得をサポートしてくれたりするケースもあります。

派遣会社の選び方

派遣会社と言っても、調べてみるとたくさんあることをご存知ですか?テレビCMや、広告をたくさん展開しているような大手人材派遣会社が、全てではありません。小さくても、専門性や独自の強みを持つ中・小規模の人材派遣会社も多く存在します。

派遣登録をする際には「自分の希望する業界、職種の案件を取り扱っているか」「短期希望なのか、長期で腰を据えて働きたいか」など、自分の希望する就労条件とマッチした派遣会社を見つけるようにしましょう。

人材派遣会社登録の仕方

人材派遣会社登録には、就職活動やアルバイト応募と同様に、まずは人材派遣会社への事前登録が必要です。直接訪問でも受付できますが、ネットで行う「Webエントリー」が便利です。氏名、住所、連絡先、簡単な経歴・職歴等を情報入力し、登録すると、派遣会社から連絡が届きます。多くの場合、この段階で登録会の日時のお知らせが届きますので、希望日時を選択し、予約しましょう。

登録会へ当日の流れ

登録会当日は、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。採用面接とは違うようだし、どのような準備をすればいいのか悩みますよね。登録手続きに関しては、派遣会社ごとに内容に違いはありますが、一般的には「基本情報登録」「スキルチェック」をした上で、派遣会社からの「規約の説明」「就労方法についての説明」「面談」などを受けます。

登録には、運転免許証などの本人確認書類や印鑑、給与振り込み先の口座情報等が必要なこともありますので、持ち物は事前にきちんと確認しましょう。履歴書や職務経歴書などの書類は不要である場合も、持参していると登録会でスムーズに記入することができ、おすすめです。スキルチェックでは、漢字や時事などを含む簡単な一般常識問題や、エクセルやワードの基本操作、タイピングスピードについてチェックされます。スキルチェックだけでも所要時間に30分~1時間弱かかるケースもあり「気軽に行ってみたら、想像以上に時間がかかった」という感想を持つ人が多いようです。

そして、規約の説明や、就労方法の説明などでは、派遣の仕組みや派遣スタッフとして働く際に注意したいこと、福利厚生や社会保険について説明されます。

※参考⇒ 派遣登録説明会で行うスキルチェックの内容

気軽すぎる参加はNG

「派遣登録会だから」と、気軽に参加するのは避けましょう。派遣会社のホームページを見ていると「普段着でOK 」と書かれていたり、カジュアルな雰囲気を感じる紹介の仕方をしていたりするケースが多くあります。しかし登録会は実際に仕事紹介をしてくれる、派遣コーディネーターとの出会いの場。担当者は、求人先の企業へ人材紹介できるかどうか、ビジネスマナーや常識的なマナーの有無をチェックしています。相手へきちんとした印象を残しておいたほうが、今後プラスになることは想像できると思います。

登録会に参加する時の服装は、男性も女性もスーツが一番無難といえますが、ジャケットにパンツ、スカートにブラウスなどのオフィスカジュアルでも十分でしょう。大切なのは「好感を持たれること」。奇抜なヘアスタイルや派手すぎるアクセサリーなどにはもちろん注意したいところですが、意外と見落としがちなのがネイル。華美なネイルアートは避け、ネイルをどうしてもしたい場合はシンプルな、品のあるものにしましょう。

※参考⇒ 派遣登録説明会へ参加時の服装と髪型

登録後いつから派遣社員としてお仕事できる?

「すぐに仕事をしたい」「とりあえず登録をしておきたい」など、派遣登録をする理由は人それぞれ。でも、気になるのは「すぐにでも働きたい!」という場合、どのくらいの期間で仕事を見つけられるかという点だと思います。

これは、本当にタイミング次第。自分の希望職種や条件と、先方のニーズがマッチさえすれば、登録会後に行われるコーディネーターとの面談で仕事内容や就業条件を確認後にすぐに採用、仕事決定するケースもあります。

そうでない場合は、どのくらいの期間が一番採用されやすいのでしょうか。登録会後は、面談してくれたコーディネーターが担当となり、仕事を紹介してくれるのが基本的な流れとなります。その場合、紹介のピークは登録後1週間から1ヶ月程度と言えるでしょう。派遣会社の多くは「登録会」を月に何度も開催しています。登録会の度に、新規登録会員が増えていき、その中からコーディネーターが仕事とマッチングし、順次紹介していくのです。ですから、やはり登録したばかりの方がコーディネーターの記憶に残っている分、紹介されやすいと言えます。登録から何週間、何ヶ月と日が経ち、コーディネーターからのアプローチがなくなってしまうと、派遣会社のサイトから条件検索で自分の希望に合った求人を探し、こちらから連絡をする必要が出てくるのです。

「とりあえず登録しておこう」と登録してしまうと、せっかくの紹介されやすい時期を逃してしまう可能性があります。現在は仕事をしていて、退職後派遣として働きたいと考えている場合は、退職する半月前を目安に登録することをお勧めします。そうすることで、一番紹介してもらいやすいタイミングを上手く活用することができ、すぐに仕事開始できる確率が高まるのです。

派遣登録するメリット

「派遣社員として働く」という選択肢は、どのような理由から選ばれているのでしょうか。正社員と比較した場合、派遣社員は原則的に残業が少なく、休日も確保されるというのが一番大きいと思います。「プライベートも大切にしたい」という人が、多く希望する働き方と言えます。また、従事する業務内容がある程度事前に決まっているケースが多いので、希望する職種に就きやすいのも利点です。

憧れの有名企業で働けるチャンスも

正社員枠では採用されるのが難しい大手企業や有名企業でも、派遣だからこそ働くことができるというケースもあります。大手企業で仕事をするということは、職場環境も刺激的で、自分自身のスキルアップ・キャリアアップにつながるチャンス。正社員と同様の仕事を任せられることはなくても、間近でそういった人たちの活躍を見ることができるので、学ぶことは多いでしょう。

充実の福利厚生で安心

派遣期間中は、雇用契約を結んでいる派遣会社から福利厚生を受けることができます。この点が、アルバイトやパートとは大きく異なります。派遣社員として登録することは、安心して働ける環境を確保した上で、より自分の条件や希望に合った求人を閲覧出来、応募しやすい環境を整えるということになります。これが、派遣会社に登録する最大のメリットです。

派遣登録するデメリット

一方、派遣会社に登録することによって生じる不利益とは、どのようなものがあるでしょうか。結論から言うと、登録することでデメリットが生じるということは、まず考えられません。では、複数登録した場合はどうでしょうか。これは、派遣社員として働く人たちの大多数がしていること。ある調査では、求職中の派遣社員の平均登録社数は「3.9社」という結果が出ています。これは、派遣社員として働く人たち全体の平均値ですので、1社しか登録していないという人もいれば、10社登録している人もいるということになります。

信頼関係構築が鍵

複数の派遣会社に登録する際の注意点としては、自分が登録している会社と、担当者を正確に把握しておくことが挙げられます。当たり前のことのようですが、これは大切なポイントです。コーディネーターとの関係を良好に保つことが、より自分にフィットする仕事に就くための第一歩。良好な関係を築き「この人は信頼できる」と記憶してもらえれば、ふとした時に「この案件は、あの人にぴったりかもしれない」と思い出してもらえるのです。

派遣社員だからこそのデメリットも

就労中「派遣社員」であるということを感じる場面も、当然あります。まずは、雇用期間が定められており、必ずしも契約が更新されるとは限らないという点。多くの場合は、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年と契約期間が定められており、契約終了前に更新するか否か、双方の意思確認があります。企業にとっても求める人材であり、働く側にとっても希望する職種、条件であることが契約更新には必要です。「派遣社員だから」ではなく、請け負った仕事をきちんとこなし、会社にとって必要な人材であると認めてもらえるように仕事に取組みましょう。「契約更新」という節目があるからこそ、派遣という形で雇用する側も、される側も、緊張感を持つことが出来るのです。結果としてお互いにとってよい関係構築をすることが可能な面もあるのです。

但し、正社員同様の業務を担当していたとしても、契約更新時の昇給等はあっても、ボーナスとして評価されたり、昇格したりすることはありません。しっかり働いて仕事の成果を上げたいと考えている人には「派遣」という働き方は向いていないと言えるでしょう。時間に融通が利き、休みが確保される代わりに、責任が大きく、かつやりがいのある仕事はなかなかまわってこないというのが、派遣社員の実情。ほどよく仕事も、プライベートも充実させたい人には、理想的な働き方と言えるかもしれません。

派遣登録解除の方法

派遣会社に登録した後、さまざまな事情で登録が不要になるということもあります。その場合は、登録解除をすることも可能です。一般的には、登録している派遣会社に電話をし、登録情報を削除してくださいと依頼するだけでOK。派遣会社によっては、その他にも手続きが必要な場合もありますが、まずは電話をして解除したいという意向を伝えましょう。書面での手続き等が必要な場合は、その電話で手続き方法を教えてもらうことができます。出向くことが難しい場合は、郵送での手続きを依頼し、迅速に対応しましょう。

本当に解除が必要?

例えば、複数の派遣会社に登録をしていて、そのうちの1社からの紹介で仕事を始めたとします。その場合、その他の派遣会社の登録は、解除したほうがいいのでしょうか。派遣登録しておくデメリットは、特別ありませんので「今後もしかしたらお世話になる機会があるかもしれない」という場合は、籍を残しておいてもらいましょう。電話での就労状況の確認や、仕事の紹介が不要であれば、こちらから電話をして現在は就労中であり、紹介は休止して欲しいと伝えればいいのです。「複数登録していることを、派遣会社に知られたらなにかマイナス要因があるかもしれない」と、不安になることはありません。派遣会社は、双方のニーズが合えば仕事を紹介してくれる会社ではありますが、登録した人全員に必ず仕事を与えてくれる訳ではありません。ですから、複数登録していると正直に伝えても、問題はないのです。

登録情報が変わったら

他の派遣会社で仕事をスタートしたり、転居や婚姻などさまざまな事情で登録情報が変わったりした場合は、こちらから連絡をして登録情報の変更を依頼します。最近は、Web上のマイページなどでも変更可能ですので、電話の前に確認しましょう。現在の自分の状況を正しく把握してもらうことは、希望する案件を紹介してもらうために重要なポイントとなってきます。変更があっても連絡しない人より、きちんと報告してくれる人のほうが信頼できる人として印象づけられ、派遣会社としても安心して紹介できますし、本来なら不要な確認の電話等の手間も省けます。

登録解除できない場合

当たり前のことですが、現在契約をしている派遣会社の登録は、解除することができません。「どうしても解除したい」という場合は現在の契約を終了させ、その上で登録解除をすることになります。自分を信頼し、派遣してくれた会社に迷惑をかけないためにも、契約満了まではきちんと仕事をまっとうし、その上で解除手続きをするようにしましょう。契約満了後の契約解除は、まったく問題ありません。その場合、後任選びや引継ぎのことも考慮し、少なくともその1か月前には相談し、担当のコーディネーターにその意思を伝えるようにしましょう。今までお世話になった派遣会社にも、就業先企業にも迷惑をかけずに、気持ちよく退職できるようにするのが、社会人としてのマナーです。

現在、就労していない派遣会社は、なんの問題もなく登録解除することが可能です。「張りきって複数登録しすぎた」と、後になって少し整理したくなる場合もあると思います。その場合も、誠意を持って連絡すれば大丈夫です。「どうしようもない理由がないといけないのではないか」と不安に思い、理由を作ろうとする人もいますが、派遣会社の登録解除で理由を聞かれることは一般的にありません。もし、聞かれたとしても、本当の理由を伝えれば、それで大丈夫です。

まとめ

今回は「派遣で働いてみよう」と思っている方に向けて、派遣のシステムや、具体的な登録方法についてご紹介しました。

派遣会社はたくさん存在します。その中から、自分に合った会社を見つけ、登録することがファーストステップ。難しく考える必要はありませんので、まずはWeb登録をしてみてください。そうすると、メールマガジンでの求人情報や、登録会の案内などが届くようになり、きっかけを見つけやすくなると思います。

実際に就労する際には、担当コーディネーターとの関係を深めながら、派遣された勤務先でも専門スキルを磨くようにしましょう。そうすることで、次なるステップへとつながるはずです。

正社員での採用が難しいような有名企業に「派遣社員」でならもぐりこめる可能性が高まるというのも、大きな魅力。自分が望む業界や職種にトライし、実務経験を重ねながらスキルを磨くことができる可能性が高まる働き方なのです。その代わり、直接雇用される正社員と違い、コーディネーター、派遣先と自分の仕事に関わる人が増えてくるのも派遣という働き方ならでは。人と人とのつながりを大切にすることが、派遣社員として求められるスキルの一つといっても過言ではないと思います。

あれこれ思い悩むよりも、一歩踏み出すと事態は動き出すもの。「Webでかんたん登録」という文字もよく目にすると思いますので、迷っている人は、ぜひ一度登録してみてください。

40~50代といった中高年者の人材派遣会社登録

「子育てがひと段落したので仕事を始めたい」「今までの仕事を辞め新しい仕事に取り組みたい」と思っても、40歳を超えると面接を受けても採用に至らない、職種が極端に限られているなど、就職活動や転職活動における年齢の壁を感じる方は多いと思います。

では、派遣という働き方の場合はどうでしょう。やはり正社員同様、年齢による就業のしづらさのようなものはあるのでしょうか。

今回は、40~50代の派遣登録について解説していきたいと思います。

続きを読む

30代の人材派遣会社登録

もしかしたらみなさんも耳にしたことがあるかもしれない派遣社員の「年齢の壁」。派遣では、35歳を超えると紹介してもらえる仕事が減ってしまうという現象のことを言います。

そんな話を聞くと、これから派遣登録しようと思っている30代の方は心配になってしまうかもしれませんが、こういったことは実際にあるのでしょうか。

今回は、そんな30代の派遣登録の現実に迫りたいと思います。

続きを読む

中卒が人材派遣会社登録をして働く方法

さまざまな事情で中学卒業後進学しなかったり、高校を中退した場合、学歴がコンプレックスになって、なかなか積極的に就職活動をすることができないかもしれません。

事実、正社員の求人には「高卒以上、大卒以上」といった条件が書かれていることは多いです。でも、あきらめないでください。

あなたは「派遣」という働き方をご存じでしょうか。派遣なら学歴に自信が持てない方でも仕事に就き、さらにスキルアップやキャリアアップをして、将来正社員として働くことも夢ではありません。

そこで今回は、中卒の方が派遣登録をして働く方法について、詳しくご説明していきたいと思います。

続きを読む

外国人の人材派遣会社登録

日本で働きたい外国人の方必見!外国人の派遣登録

国際化が進み、日本でも外国人のさまざまなスキルや語学力は注目されています。そのため最近は、外国人人材サービスを展開する派遣会社も多く登場しています。

一方で、語学力やスキルがあるのに、能力に合った仕事に就くことができないと、もどかしい思いをしている外国人の方も多くいます。

そこで今回は、日本で働きたい外国人の方にオススメしたい「派遣社員」という働き方についてご説明していきたいと思います。

続きを読む

人材派遣会社の複数登録

実はメリットがいっぱい!人材派遣会社の複数登録のススメ

あなたが派遣社員として働く場合、派遣登録をするのは必ずしも1社でなくても良いことをご存じですか。

派遣情報サイトの「はたらこねっと」の調査によると、1社のみ登録している方はたったの12%。残りの88%は2社以上、多い方では16社以上の派遣会社に登録しているのです。

しかし、複数の会社に登録することで、何か問題が起こることはないのでしょうか。今回は、人材派遣会社への複数登録についてご説明していきたいと思います。

続きを読む

派遣登録の契約解除

派遣社員として働くなら知っておくべき「契約解除」のこと

あなたがこれから派遣の仕事をしたいと思うなら、ぜひ知っておいてほしいことがあります。それは「契約解除」について。まだ契約もしていないのに解除のことなんて…と思うかもしれませんね。でも、派遣社員にとって身近であり、同時にとても重要なことなのです。

契約解除には大きく分けて2つあります。1つは派遣スタッフ(あなた)が自己都合で中途解除する場合、そしてもう1つが、派遣会社や派遣先企業があなたを契約解除(解雇)する場合です。今回はこの2つについて詳しくご説明していきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

続きを読む

学生の人材派遣会社登録

近年、人材派遣会社に一度登録すると、希望条件にあった仕事が定期的にメールマガジンなどで送られてきます。

勉強やサークル活動にと忙しい学生にとって、自分からアクションを起こすことなく送られてきたメールマガジンの中から、希望にあった仕事を見つけて就労できれば理想的ですよね。今回の記事は、学生の人材派遣会社登録について、まとめてみます。

続きを読む

人材派遣会社登録のおすすめポイント

「人材派遣会社」という働き方は知っている、興味もある、でも実際に就業したことはない方も多いと思います。派遣で働くには、まず派遣会社に登録する必要があります。

そこで登録した自分のスキルやキャリアとマッチする派遣先企業を紹介してもらい、顔合わせを経て勤務開始となるのが基本的な流れです。

そしてこの場合、派遣先企業に雇われている社員としてではなく、人材派遣会社のスタッフ「派遣社員」として仕事します。

少し複雑なように見えるこの働き方ですが、派遣ならではのメリットもたくさんあります。今回は、この「派遣」という働き方について、チェックしていきましょう。

続きを読む

主婦の人材派遣会社登録の流れ

主婦にとって「派遣社員」という働き方は、とても魅力的に感じる点が多くあると思います。

今回は、派遣として働くメリットや、実際に就業するまでの流れについてご紹介します。

続きを読む