外国人の人材派遣会社登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で働きたい外国人の方必見!外国人の派遣登録

国際化が進み、日本でも外国人のさまざまなスキルや語学力は注目されています。そのため最近は、外国人人材サービスを展開する派遣会社も多く登場しています。

一方で、語学力やスキルがあるのに、能力に合った仕事に就くことができないと、もどかしい思いをしている外国人の方も多くいます。

そこで今回は、日本で働きたい外国人の方にオススメしたい「派遣社員」という働き方についてご説明していきたいと思います。

外国人が日本で働くために必要な就労ビザについて

派遣登録のお話の前に、まずは外国人が日本で働くための条件についてご説明しておきましょう。

外国人が日本で働く際には就労ビザが必要です。就労ビザとは、外国人が日本へ入国する際に与えられる、就労を目的とした在留資格のことです。

日本では、この就労ビザに定められた職種の中で、なおかつ決められた期間内でのみ働くことができます。それ以外の職種や業種で働く場合は「資格外活動の許可」または「在留資格変更の許可」が必要になります。

不法就労にならないよう、仕事を始める際はしっかりとビザの内容や所持資格を確認しましょう。

ただし、日本に永住または定住している方、日本人の配偶者がいる方、永住者の配偶者である場合は、日本人と同様にどのような職業につくことも転職することも可能です。

外国人が派遣会社に登録する方法は?

それではいよいよ、派遣会社への登録方法です。外国人の方が派遣会社に登録しようと思ったら、まずはインターネットで「外国人 派遣」と検索してみましょう。

そうすると、外国人専門、外国人歓迎、外国人受け入れなど、さまざまな派遣会社が出てくるので、自分がやりたい仕事に強い派遣会社をピックアップしましょう。

登録したい派遣会社を見つけたら、ウェブの登録フォームからあなたの名前、メールアドレス、国籍、学歴、職歴などを入力します。派遣会社があなたの経歴を確認し、仕事の紹介が可能な場合は、1度派遣会社に出向き担当者と面談をするという形が一般的です。

外国人が派遣登録する際に必要なもの

外国人が派遣登録する場合、通常日本人が提出する履歴書・職務経歴書などのほかに派遣会社によっては、以下のものが手続き上必要な場合があります。

  • 外国人登録証明書
  • 在留カード
  • パスポートの上陸許可証印
  • 資格外活動証明書(留学生や就学生、家族滞在の場合)

外国人向けの派遣登録説明会に参加する際のポイント

「派遣登録説明会」とは、ウェブ登録をしたあと、実際に派遣会社に出向き、派遣会社の担当者との面談と、職種によってはスキルチェックを行うためのものです。

日本企業で仕事をしたいと考えている場合、「日本語が理解できる」「日常会話は問題なくできる」など、日本語力がベースとして求められます。その点だけは、理解しておいてください。

あとは、得意分野、経験、スキル、「仕事をしたい」「日本で活躍したい」という想いを、しっかりと伝えましょう。

派遣登録から仕事を開始するまでの流れ

では、派遣登録した後、どのようなプロセスを経て仕事につくのか見ていきましょう。

面談の際に、あなたの希望条件に合った求人があれば、その場で仕事紹介まで結びつく可能性もあります。また、その場で良い求人が見つからなくても、派遣会社にあなたに合った求人が入れば電話やメールで連絡がもらえます。

さらに、派遣会社のサイトに希望条件を登録しておけば、条件に近い求人をピックアップしたお知らせが随時送られてきます。つまり、

  • ①派遣会社のサイトの求人をチェックし、気になるものがあれば問い合わせる
  • ②派遣会社のサイトに希望条件を登録しておく
  • ③派遣会社の担当者に希望条件をしっかり伝えておく

以上の3つの方法で、仕事を見つけます。あなたの条件に合った仕事と、企業が求めるスキルがマッチすれば、派遣会社の担当者立ち合いのもと、就業先企業と顔合わせをし、仕事がスタートできます。

外国人におすすめの派遣会社の仕事内容

外国人におすすめの仕事内容には、どのようなものがあるのでしょうか。

英語と日本が堪能な方であれば、貿易事務や英会話講師、通訳などに就ける可能性があります。

また、空港職員・ホテルフロント・ブランド店の接客販売など、海外のお客様相手のサービス業なども、語学力やコミュニケーション能力を存分に生かすことができます。

近年は、日本を訪れる中国人観光客が増えたことから、中国語が話せる方も接客・販売・観光業界などにニーズがあります。

元々持っている知識やスキルを活かすIT系企業での仕事や、研究、開発関連業務も、人気ですし、介護職、看護職などの専門職も、仕事をしながらキャリアアップすることができ、長く活躍できる仕事として、注目を集めています。

外国人派遣社員の勤務日や時間帯

外国人派遣社員の一般的な勤務日や時間帯は、基本的には月曜から金曜の9時~17時までというフルタイムとなっています。ただし、介護士や看護師などの専門職、工場勤務などの場合は、必ずしもその限りではなく、夜勤や変則的な一週間のシフトで勤務する場合もあります。

外国人の派遣社員の月収や年収はどれぐらい?

外国人派遣社員の給与は、日本人の派遣社員の月収や年収と大きな違いはありません。

ただし、ビジネス英語が堪能などのスキルや、専門的な技術や知識・資格があり、それを活かせる職場で仕事をしている場合は、日本人派遣社員よりも高い時給をもらっているケースもあります。

「外国人だから」「日本人だから」ではなく、その人のスキルに応じて給与は設定されています。派遣という働き方は、実力主義なのです。

外国人が派遣登録をするメリット

外国人が、アルバイトや正社員ではなく、派遣社員として働くメリットは何でしょうか。

派遣会社は研修制度が充実している

派遣会社のなかには、外国人向けのトレーニングセンターが併設されている所や研修制度が充実している所が多くあり、これらは、派遣会社に登録していれば無料で利用することができます。

上手に使えば、仕事をして給料をもらいながらスキルアップ、キャリアアップをすることも可能です。

派遣会社なら仕事に就きやすい

日本人でも就職することが難しい今、外国人が正社員として雇用されるのは簡単なことではありません。しかし有期雇用(雇用契約の期間が決められている)である派遣社員であれば、仕事を得やすいというメリットがあります。

また、正社員やアルバイトと違い、派遣社員は自分で仕事を探す必要がありません。登録を行い仕事をしたい意志を伝えていれば、派遣会社があなたに合った仕事を見つけてくれます。

派遣社員ならしっかり休める

日本で正社員として働く場合、残業や休日出勤が求められることは多々あります。一方、派遣社員は、残業も一定の時間以内と定められており、休日出勤をすることもまずありません。

外国人の働き方として派遣社員はとてもオススメ!

派遣社員は、給与や待遇面において、正社員に劣る面があるのも事実です。しかし、日本での生活を仕事一色にすることなく、研修を受けてスキルアップしたり、自分で勉強したり、暮らし自体を楽しむためには、派遣スタッフという働き方のほうが好都合な面もたくさんあります。

外国人の派遣登録のデメリット

では、外国の方が派遣登録することにより、生じるデメリットは何かあるのでしょうか。

派遣登録すること自体に、デメリットは特にありません。張り切って複数登録し、各社から仕事を紹介された場合、どうしたらいいか悩むようなケースはあるかもしれませんが、派遣コーディネーターにきちんと相談すれば対応してくれるので心配はいりません。

また、登録をしたからと言って、個人情報がオープンになったりすることもありません。登録したままにしておいても、特に問題は生じませんので安心してください。

外国人で派遣社員から脱出して正社員へなるには?

外国人採用に積極的な企業は、高いスキルや国際業務経験を求めてくるため、外国人がいきなり正社員として仕事をしようとしても難しいというのが現実です。

そういった場合、派遣社員を入り口として正社員を目指すというのは、一つの有効な手段と言えるでしょう。

紹介予定派遣を選ぶ

「紹介予定派遣」とは、派遣社員としての契約期間が満了したあと、企業と派遣された労働者(あなた)が合意すれば、正社員または契約社員として企業と直接雇用契約を結ぶことができるというものです。

派遣社員として仕事をしている期間に、その人物のスキルや人となりを判断できるという点では企業においてもメリットが大きく、また仕事をする側としてもその企業のカラーを理解する良いチャンスとなるため、ミスマッチを防ぐことができます。

いずれは正社員になりたいと考えているのであれば、派遣登録の際に「紹介予定派遣」を希望し、仕事を紹介されたら、正社員への試用期間だと思って仕事に取り組みましょう。

派遣会社の信頼を得ることも大切

派遣会社には、企業に対し、自社の社員を人材として紹介する責任があるため、正社員への推薦にはとても慎重です。ですから、あなたが推薦に値する人物かどうかを派遣会社はよく見ています。

キャリアやスキルはもちろん、ビジネスマナーやコミュニケーション能力なども身につけ、派遣会社からの信頼をしっかり得るようにしましょう。

外国人の派遣社員におすすめの資格や免許

ここでは、外国人が派遣社員として活躍するために、取得しておくといい資格や免許を紹介します。

日本語能力試験(JLPT)

日本語能力試験は、できるだけきめ細かく日本語能力をチェックするために、5段階のレベルが設定されています。日本語能力がどの程度かを客観的に示すことができる資格を取得しているというのは、ひとつの大きな判断材料となるので、おすすめの資格です。

TOEIC

TOEICは、英語力を客観的に評価するための世界共通の基準として用いられているスコアです。年齢や学歴、性別はもちろん、国籍も関係なく誰でも受験できます。日本で英語を活かした仕事をする場合にも有効な資格となりますから、母国語が英語だったとしても、受験しておくと仕事を探す際にとても役立ちます。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格は、エクセルやワード、アクセスなど、オフィス製品をどの程度使いこなせているかというスキルを証明するもので、世界中に認められているものです。

アメリカの大手保険会社でMOSによるスキルアップが顧客満足度向上に貢献したというレポートが出されたり、中国最大級のポータルサイト運営会社の研修評価基準として用いられたリしています。

MOS資格は、仕事を見つける上でのひとつのアピールポイントになります。

普通自動車運転免許

持っていると何かと重宝されるのが、普通自動車運転免許です。すでに母国の運転免許証を持っている場合は、各都道府県警察の運転免許センターで日本の運転免許証に切り替えることができます。

免許切り替えには、外国免許証の有効期限が切れていないこと、外国免許証を取得した日から、通算3ヶ月以上その国に滞在していることが証明できることが条件となります。

免許をまだ取得していない場合は、日本で取得することも可能です。教習所によっては、入所には「日本語が理解できること」などの条件が課される場合もありますので、確認する必要があります。

外国人男性の方におすすめの人材派遣会社の登録先

外国人男性におすすめの人材派遣会社をご紹介します。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは、外国人派遣に強いとされている派遣会社です。現在、中国の経済発展や円安の影響から、旅行に訪れる中国人観光客が急増しており、中国語が話せるスタッフは重宝がられる時代となっています。

家電量販店や百貨店、空港の免税店や観光地などでも、外国人観光客のガイドとして、派遣社員が多く活躍しています。未経験でも可となっているケースが多く、外国人男性にも人気となっています。

スタッフサービス

スタッフサービスでは、外国人男性歓迎の求人を多く取り扱っています。OA事務、営業事務、経理事務、総務事務、銀行事務、英文事務、通訳、翻訳など、語学力や専門知識を活かして活躍できる場はもちろん、ITの仕事や製造業、メディカル系やものづくり系など、男性が多く活躍できる場を用意しています。

外国人女性の方におすすめの人材派遣会社の登録先

続いて、外国人女性におすすめの人材派遣会社をご紹介します。

テンプスタッフ

日本トップクラスの規模と実績を誇る人材派遣会社です。女性に対するサポートが手厚いのが、この会社の特徴。外国人向けの派遣求人情報も充実しており、TOEICのレベル別に求人情報を紹介しているので、自分に適した仕事を見つけやすい面があります。

また、派遣登録完了後は、eラーニングを無料で受講可能。スキルアップにつなげることもできます。

ランスタッド

外資系企業や大手企業の派遣に強く、外国人向けの派遣案件が豊富なランスタッド。派遣登録会に参加する前に、オンラインからWeb登録しておくと、事前にサイト上から求人情報をチェックし、応募することもできます。

女性に人気の事務系、販売系も多く取り扱っており、職種別に派遣求人を検索するスタイルを取っているので検索しやすく、自分の希望に近い仕事を見つけやすいシステムとなっています。

まとめ

外国人採用をしたいけれど、募集や労務管理に不安があるという日本企業は数多くあります。また一方で、日本で活躍したいけれど、正社員雇用はなかなか難しいと悩んでいる外国人の方々も多くいます。

この両者の問題を解決できるのが「派遣」という雇用形態です。

「スキルや経験を活かし正当な評価をされたい」
「給料をしっかりもらいつつ、日本での生活も充実させたい」

と考えている外国人の方は、ぜひこの派遣という働き方について検討してみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>