長期派遣のお仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣には、短期派遣と呼ばれるもの、長期派遣と呼ばれるものの2種類があります。

短期派遣とは、1~2日のいわゆる「単発」や、長くても1~2ヶ月程度の短期間、派遣社員として働くことを言います。

一方、長期派遣とは、その名前のとおり長期間同じ派遣先で勤務するスタイルで、腰を据え落ち着いて働きたい方や、キャリアアップを目指したい方に人気の働き方です。

今回は、長期派遣の仕事について解説していきたいと思います。

長期派遣とはどれぐらいの期間を言うの?

派遣社員における「長期派遣」とは、半年以上継続して同じ派遣先に勤務をすることを言います。

「定置固定型雇用」とも呼ばれることもあり、派遣と言っても、正社員と同等の仕事を任せられるケースも多いようです。

派遣先企業の立場からすると、派遣を依頼するとその案件ごとに費用が発生するため、短期で複数人依頼するよりも、長期で1人頼んだ方がコストを抑えられるというメリットがあります。

このような事情で、賃金的にも短期よりも長期のほうが多少優遇されるというケースがあるようです。

ただし、派遣期間は厚生労働省の派遣法により、最大で3年以内と定められています。ですから、長期派遣というのは半年以上3年までの勤務を指すことになります。

派遣で長期契約をするメリット

では、派遣で長期契約をすることにはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

安定した収入が得られる

例えばコンサートスタッフやイベントスタッフ、交通量調査、試験監督などの短期派遣の場合、人間関係の煩わしさがなく、場合によっては日払いということもあるので、気楽で必要な時にお金が稼げるというメリットはあります。

しかし、1つ仕事が終わればまた次の仕事を紹介してもらう必要がありますし、あなたに合った求人がすぐに見つかるとも限りません。収入の面からすると非常に不安定と言えます。

長期派遣であれば、派遣先企業とあなたの双方の合意があれば、最長3年間同じ職場で働くことができるため、安定した収入を得ることができます。

家庭を持っている方、1人暮らしをしている方などは、短期よりも長期派遣の方が安定した生活を送ることができます。

スキルが身につく

短期の契約は、どうしても仕事に慣れたころに契約満了となるケースが多くなりますが、長期派遣はある程度の期間、同じ部署で仕事をして経験を積むことができます。

仕事内容も正社員と同等の責任あるものを任せられることがあるため、やりがいを感じることができ、努力次第ではしっかりとスキルを身につけることができます。

残業代がしっかりもらえる

正社員にはよくあるサービス残業ですが、派遣社員の場合、残業した分の時給はきっちりと支払われます。

また、法定労働時間の1日8時間を越えた分の残業代に関しては、通常の時給の125%の割増で支払われます。

働いた分だけ確実に収入につながるのが、長期派遣社員の大きなメリットの1つです。

正社員になれる可能性がある

長期派遣の求人のなかには、「紹介予定派遣」というものがあります。

紹介予定派遣とは、派遣先企業で一定期間働いたのち、企業と派遣スタッフ(あなた)双方の合意があれば、そのまま企業と正社員または契約社員として直接契約できるという働き方。

未経験の仕事でも、派遣期間中にスキルアップを行って、実力をアピールできれば、正社員になれる可能性は十分に期待できます。

研修制度を利用できる

大手の派遣会社には、研修制度を設けているところが多くあります。

研修制度には、ビジネス講座のようなものから、パソコン講座、語学講座、専門分野に特化した講座などもあり、派遣登録をしていれば無料または格安で受けることができます。

仕事をしながら研修や講座を積極的に受講すれば、そのスキルはすぐにあなたの履歴に反映され、給与アップや次の仕事へのステップアップにもつながります。

派遣先企業でトラブルが合った際、派遣会社に解決してもらえる

派遣社員のメリットとして、派遣先企業でトラブルがあった際に、派遣会社のコーディネーターに相談し、解決してもらえるというものがあります。

正社員として働いている場合、雇用主は就業先の企業ですから、例えば業務内容に不満がある、サービス残業が多い、上司とソリが合わない…などの問題があっても解決するすべがなく、一人で抱え込んでしまうことも多いようです。

しかし、派遣の場合、派遣会社のコーディネーターが間に入ることで、角が立つことなく、長期的に勤務しやすい環境を整えてもらうことが可能です。

派遣で長期契約するデメリット

メリットの多い長期派遣ですが、一つだけ避けられない大きなデメリットがあります。それは、いずれは契約満了が必ず訪れること。

いくら職場環境が良く、上司や同僚との信頼関係も築き、「これからもずっとここで仕事をしたい」と思っても、派遣社員には最長3年という契約期間があります。契約満了の時期が来てしまえば退職せざるを得ません。

派遣で長期間働くことで直接雇用の正社員になれるのか?

派遣で勤務をスタートし、現場での活躍が認められた場合、企業側から「正社員になりませんか?」と声がかかるケースがあります。これは、紹介予定派遣制度を利用していなくても、あり得ることです。

紹介予定派遣というシステムがあるので、派遣先企業と派遣スタッフ間でやり取りをし、派遣契約終了後に直接雇用となることに問題はないのかと不安になる方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、その心配は無用です。労働派遣法で、派遣会社と派遣スタッフの雇用契約関係が終了した後、派遣先企業に雇用されることを禁止してはならないと定められています。

つまり、派遣期間を満了した後であれば、派遣先企業に直接雇用されても何ら問題はないのです。

派遣社員は、正社員と比べて評価がフィードバックされにくいのではないかというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。評価は時給にも反映されますし、派遣社員としてキャリアを積み、その働きが認められて契約社員や正社員として登用されることもあります。

長期派遣を短期で辞めるとどうなる?

長期派遣で契約を交わし、仕事をスタートさせたにも関わらず、さまざまな事情があり短期で辞めたいと思った場合は、どうなるのでしょうか。

長期派遣の場合、最初に1ヶ月で契約し、その後3ヶ月~半年ごとに更新を重ねていくスタイルが一般的です。

そして、この最初の1ヶ月は、派遣先企業にとっても派遣スタッフ自身にとっても、試用期間的な意味合いがあります。

1ヶ月の間に、長期に渡り仕事が継続できそうかどうかを判断し、職場環境や仕事内容が合わないと思えば、更新をしなければ良いのです。

「合わない仕事は続けなくても良い」、それが派遣社員の特権です。

しかし、例えば、あなたが試用期間的な1ヶ月を経た上で、さらに6ヶ月契約を結んだとします。にもかかわらず、「やはり続けられない。3ヶ月で辞めたい…」と思った場合は、どうなるのでしょうか。

自分の意志で契約を結んだ以上、自身の病気や家族の介護など、社会通念上やむを得ないと判断されるような理由がない限りは、あなたには契約を全うする義務があります。つまり、基本的には雇用契約書に記載してある契約満了期間までは、勤めあげなければいけません。

一方で、派遣会社の就業規則として、「退職は○日前までに届け出る」といった規定があれば、それに従って退職する、つまり契約の途中で辞めることも事実上可能です。

ですから、何か事情があってどうしても契約期間満了を待たずに辞めたいと思うのであれば、就業規則を確認したのちに、派遣会社の担当者に相談してみましょう。

女性が長期派遣でお仕事するのに人気の職種

では、女性が長期派遣として働く際に人気のある職種には、どのようなものがあるのでしょうか。

オフィスワーク

長期のオフィスワークの場合、基本的に週5日のフルタイム勤務となるため、①日中に規則正しく勤務できる ②アフターファイブや休日のスケジュール管理がしやすい ③安定した収入が望めるなどの理由で人気があります。

オフィスワークと言っても、一般事務・営業事務・経理事務・貿易事務・データ入力など、職種はさまざまです。

長期的にオフィスワークを続けたいと考えているなら、営業事務なら資料や契約書作成に役立つMOSや、顧客情報や販売データを管理分析するアクセスのスキル、経理なら簿記など、仕事に活かせる資格やスキルを身につけると良いでしょう。

医療・福祉・介護関連

看護師や介護福祉士、医療事務など、医療福祉系の仕事も女性には人気となっています。

実務経験が重視される仕事なので、前職は正社員で務めていたけれど、生活環境の変化に伴い、時間に融通が利く派遣に切り替えたという方も非常に重宝されます。

ただし、土日休みではないシフト制の勤務であることも多いので、勤務日や勤務時間の希望は事前にしっかりと話し合っておきましょう。

販売・接客・受付け

高級ブランドや化粧品の販売・接客や、有名企業の受付けなどは、正社員での採用はしていないけれども、派遣の求人は出しているという場合があります。

求人数はそれほど多くはないですが、タイミングが良ければ、自分の好きなブランドや、憧れのエリアで働くことができ、理想通りの仕事につくことが可能です。

また、派遣先によっては、福利厚生の一環として社員割引制度で自分の好きな商品を購入することもできますので、モチベーションアップにもつながるでしょう。

男性が長期派遣でお仕事するのに人気の職種

男性が長期派遣では、どのようなものが人気なのでしょうか。

IT・エンジニア

スキルが求められる仕事であると同時に、高いスキルやIT業界の経験者は非常に歓迎される仕事です。

前職では仕事一色の生活をしていたけれど、それを見直すために転職をしたい、でもスキルを活かしたい…そんな男性が、派遣エンジニアとして多く活躍しています。

また、大学や専門学校で技術を習得はしたものの実務経験がなく、正社員での採用が難しい方にとっても、派遣というスタイルでIT系の仕事に就くというのは魅力的な手段です。

派遣としての勤務実績は、充分キャリアとして評価されます。いずれ「正社員になりたい」と思ったときにも、派遣での勤務実績が活かせます。

派遣として仕事をしている間にも、新しい技術にはしっかりとアンテナを張り、研修にも積極的に参加しましょう。熱心に仕事に取り組む姿勢が評価され、正社員登用されるケースもあります。

工場・製造関連・軽作業

体力に自信がある男性には、自動車部品や電化製品などの製造業、倉庫内の運搬作業や荷物の梱包・仕分け・検品などの軽作業も人気です。

求人数が多く、土日祝日や夜間シフトがあるものは時給が高いため、安定した収入を得られるのも、人気の理由です。

介護関連

最近注目の介護の仕事も人気があります。介護の仕事は、入口となる介護職員初任者研修資格(旧ホームヘルパー2級)の資格取得さえしておけば、経験を積みながらキャリアアップしやすいという特色があります。

将来的に責任ある仕事にも挑戦したいと考えているなら、キャリアパスの分かりやすい介護のお仕事はおすすめです。

派遣の仕事探しでおすすめの人材派遣会社の登録先一覧

できるだけ早く仕事に就きたいからと言って、やみくもに登録することはおすすめできません。

派遣会社には、それぞれ特色や強み、得意分野があります。ですから、自分の希望する業界や業種に強い派遣会社や、挑戦したい職種を多く取り扱う派遣会社を選び、登録することが大切です。

IT業界と言えばパソナテック

人材サービス最大手のパソナグループのIT業界専門のエンジニア専門派遣会社です。

創業以来、IT企業に特化した派遣業務を続けてきた実績と、そこから蓄積してきたノウハウを活用し、数多くのエンジニアの就業をサポートしてきました。

IT業界に関する豊富な知識を誇る専門のカウンセラーが、1対1でキャリアカウンセリングをしますので、今後さらなるキャリアアップを目指す方も安心です。

医療系に強いスタッフサービス・メディカル

日本最大級の派遣会社であるスタッフサービスのグループ会社です。

その名前の通り介護派遣に特化しており、取引先の施設も安心できる優良企業が多いのが特徴です。

また、未経験や資格のない方にも開かれており、研修やサポートを活用してキャリアアップしていく方も多い派遣会社です。

人材派遣・紹介のセンチュリーアンドカンパニー(高島屋グループ)

高島屋グループの人材派遣・紹介会社センチュリーアンドカンパニーは、接客・販売・インフォメーション業務を中心とした人材派遣を展開する総合人材サービス会社です。

ヒアリングから仕事の紹介までを専任のコーディネーターが一貫して担当してくれます。派遣スタッフ、そして勤務先との信頼関係を大切にしているため、ミスマッチのない仕事紹介が可能。長期で勤務する方が多い派遣会社です。

長期派遣の更新に関する更新トラブルについて

ここでは、長期派遣の更新時トラブルについて、考えてみます。

例えば、長期契約を前提で、あなたがある企業で働いていたとします。

派遣先企業はあなたに引き続き長期で働いてほしいと思っている、しかし、あなたは企業に対していろいろと不満があり、更新を見合わせたいと考えている…そんな場合はどうしたら良いのでしょう。

なかには、更新を見合わせたい理由を「直接」派遣先企業の上司に伝え、問題を解決したい、と考える方もいるかもしれませんが、これは最もやってはいけないことです。

なぜなら、あなたが実際に働いているのは、派遣先企業ですが、あなたの雇用主は派遣会社だからです。

何か不満や改善してほしい点があるのなら、派遣会社の担当者に相談しましょう。企業とあなたの間に入ってうまく話をしてくれることで、労働環境が改善され、気持ちよく仕事を続けることができるかもしれません。

しかし、あなたの「更新はしたくない」という意志が固いのであれば、何も言わずに静かに契約満了を待ち、更新を行わないというのも一つの方法です。

些細な問題であれば、派遣先企業に改善してもらうというのも良いですが、あえて派遣という自由な雇用形態を選んでいるのですから、面倒なことは避けたいという思いもあるでしょう。

派遣会社としては、長期前提での契約ですから先方と話し合いの上、トラブルを解決し、仕事を続けて欲しいと希望するかもしれません。

でも、派遣会社と職場の上司の間での話し合いがあっただけでも、居心地が悪くなるのではないかと考えるのは当然のこと。契約満了まできちんと仕事をしたのなら、更新するもしないもあなたの自由です。

また、契約更新を見合わせたいと申し出た際に、派遣会社に渋い顔をされることもあるでしょう。この場合も、あなたがきちんとルールを遵守の上、更新のタイミングで契約更新を見合わせることには何の問題もありません。

長期で仕事をしていると、退職のタイミングが難しい面もありますが、そこは派遣社員の特権でもありますから行使して良い部分です。遠慮なく申し出るようにしましょう。

まとめ

長期派遣は、ある程度の期間同じ企業で仕事をするため、その勤務実績はキャリアとして評価されます。また、勤務期間に研修などを上手に活用し、資格を取得したりスキルを磨くことも可能です。

長期であっても、派遣はあくまで「派遣」。いつか契約終了の時がやってきます。

そうなったときに、慌てることなく次の仕事に挑戦できるよう、しっかりとスキルを身に着けておくことが大切です。

時間に融通が利き、研修制度が充実している派遣会社の福利厚生を活用して、しっかり自分の価値を高めていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>