アコム、プロミス、モビット、レイク、アイフル5社のキャッシング比較対決

比較する女性

アコム、プロミス、モビット、レイク、アイフルの消費者金融のキャッシングを徹底比較しました!急にお金が必要になったときに、利用したいと思ってもどこを利用すればいいのか迷ってしまいますよね。一番気になる金利、審査内容の他、無利息期間や即日融資の有無、他人・家族に知られないように在籍確認してくれるかどうかなどもすべて調査済み。きちんと返済できるかを考えて、より良い会社を選び利用してくださいね。

続きを読む

フラット35の住宅ローン借り換え

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して行っている長期固定金利住宅ローンのことを言います。ここでは、他の返済方法との違いや、借り換えすることのメリットなど、フラット35について様々な視点から詳しく調べてみました。

フラット35
http://www.flat35.com/

続きを読む

JAバンクの住宅ローンへ借り換え

住宅ローンの借り換えは、大手銀行から地方銀行・ネットバンクなど様々な金融機関で行うことができます。

JAバンクもその一つですが、利用者の多くが農業従事者ということもあり、一般の方にはあまりなじみがないかもしれません。

そこで今回は、JAバンクの住宅ローンへの借り換えにスポットをあて、あまり知られていないJAバンク住宅ローンのメリットや特徴、利用方法などを調査してみました。

JAバンク住宅ローン
http://www.jabank.org/

続きを読む

三井住友銀行住宅ローンへの借り換え

三井住友銀行の住宅ローンへ借り換えをするには3つの金利プランがあります。まずは「最後までずーっと引き下げプラン」。借り入れ中、最後まで選択時点での店頭金利より年▲1.5%~最大で年▲1.7%となります。こちらは変動金利型、固定金利特約型(2・3・5・10年)のいずれにおいても該当します。次に「最初にぐぐっと引き下げプラン」。当初の固定金利特約期間は固定金利特約型(5・10年)の店頭金利より年▲2.2%となります。期間経過後は変動金利型、固定金利特約型(2・3・5・10年)を選択し、借入期間中は選択時の店頭金利から年▲1.4%となります。最後に「超長期固定金利型」。こちらはずっと同じ金利なので将来金利が上昇しても安心です。希望に合わせて固定と変動のミックスもできます。

続きを読む

ARUHIフラット35Sの住宅ローン借り換え

ARUHIフラット35Sへ借り換えは、借り換えの際に発生する事務手数料や登記費用も借り換えの融資額に含めることができる。借入金額が21年以上と20年以下で金利が異なり、20年以下の場合は金利が低くなるため、総返済額を減らしたいという方は返済期間を20年いかに短縮した借り換えがおすすめである。借り換えシミュレーションはもちろん、独自のサービスとして、借り換えるメリットが出たときにメールでお知らせする「レートウォッチャー」がある。申込や相談など来店予約は24時間Webで申込むことができる。

ARUHIフラット35
http://www.sbim.jp/

続きを読む

イオン銀行の住宅ローン借り換え

イオン銀行の住宅ローンへ借り換えは、ローン残高1,000万円以上、残期間10年以上、金利差1%以上の場合、借り換えメリットが期待できる。住宅ローン契約者限定特典としてイオンでの買い物が毎日5%OFFや、8疾病保障付住宅ローンもある。また、保証料・一部繰り上げ返済手数料が0円なので余分な費用を節約することができる。店舗もコールセンターも土日祝日を含めて住宅ローン専門スタッフがサポートしている。さらに各店舗では住宅ローンの無料相談会を実施しているため、対面で質問や相談をしたいという方におすすめである。

イオン銀行の住宅ローン
http://www.aeonbank.co.jp/

続きを読む

ソニー銀行の住宅ローン借り換え

ソニー銀行の住宅ローンへ借り換えは、保証料・団体信用生命保険が0円で、諸費用を含めた借り換え可能なため、借り換えに伴う諸費用を大幅に削減できる。借り換え後に変動金利もしくは固定金利への変更も自在にできるので、翌月の適用金利が発表された際に金利を比較し、変更のタイミングを選択し、インターネットから簡単に変更できる。さらに、借り換え前も借り換えた後もソニー銀行への来店は不要で、専任の担当者が24時間土日祝日も電話相談でサポートしている。繰り上げ返済もインターネットから操作可能で、手数料は無料となっている。

ソニー銀行の住宅ローン
http://moneykit.net/

続きを読む

東京スター銀行の住宅ローン借り換え

東京スター銀行の住宅ローンへ借り換えは、本人もしくは生計を共にする家族の居住用住宅として借り入れ中の住宅ローンが対象となる。原則として現在の借り入れと同じ期間で申込となるが、過去に繰り上げ返済で返済期間を短縮している場合は当初期間相当まで延長できる可能性がある。また、一つの物件に複数の住宅ローンを利用している場合、すべてまとめて一本化し、借り換えとなる。転勤などで一時的に住んでいなくても、将来戻る予定で家族が住んでいる場合や第三者に賃貸している場合は借り換えが可能である。

東京スター銀行の住宅ローン
http://www.tokyostarbank.co.jp/

続きを読む

楽天銀行の住宅ローン借り換え

楽天銀行の住宅ローンへ借り換えをすると楽天市場での買い物の際1年間毎日ポイントが5倍になるなどのキャンペーンを頻繁に行っている。借り換えは、諸費用の一部を借入額に含めることも可能で住宅ローン借り入れ後に固定金利に変更することができる「変動金利」と、全期間金利が変わらず業界最低金利の「長期固定金利」の2種類から選択できる。住宅ローンについての相談はSkype(ビデオ通話)で行っており、年末年始を除く朝9時から夜10時まで相談可能となっているため、自宅で都合の良い時間に相談することができる。また、インターネット上から事前審査の申し込みをした場合、最短翌日に回答してくれるので時間がない方でも相談から申込までスムーズに行うことができる。

楽天銀行の住宅ローン借り換え
http://www.rakuten-bank.co.jp/

続きを読む

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンへ借り換え

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンへ借り換えは現在の借入残高が1,000万円以上ある、返済期間が10年以上ある、現在の借り入れ利率と借り入れ後の利率の差が1.0%以上ある方におすすめである。メリットは来店不要であること、最短2週間程度で借り換えが完了する、手続きで困ることがあれば三菱東京UFJ銀行がサポートしてくれるといった点が挙げられる。さらに「スーパー普通預金」をあわせて利用すると「三菱東京UFJダイレクト」での他行あて振込手数料が一部無料になるなどの優遇も受けられる。また、土日祝日やじ平日夜間も無料相談会を実施しているため、忙しいかたでも借り換えの相談をすることができるのも便利。

三菱東京UFJ銀行の住宅ローン
http://www.bk.mufg.jp/

続きを読む